ハウツー解説: Windows NT のデバッグ シンボルのセットアップ方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 148659 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要



Windows NT のデバッグ シンボルを設定、コンピューターをリモートで場合するか、ローカル デバッグする必要がありますはします。 この資料では Windows NT のデバッグ シンボルを設定するについて指示を説明します。

詳細

資料の内容

  • 記号と特殊文字とは
  • カスタム記号と特殊文字、ツリーの設定
  • 1 つのプロセッサとマルチプロセッサ
  • カスタム HAL.DLL
  • [記号と特殊文字ツリーが作成された後

記号と特殊文字とは

デバッグ記号と特殊文字のファイル (シンボル) が必要なカーネルとユーザー モードの両方を行う Windows NT。 シンボルでデバッグするグローバル変数を解決し、読み込まれて実行可能ファイル内の名前の機能方法を提供します。

デバッグ シンボルはプログラムのビルド時にリンカによって生成されます。 正規の製品の除去され別 (.DBG) ファイルに保存します。 これは、ファイルの読み込み時間が減少し、したがってシステム パフォーマンスを向上ファイル サイズがかなり縮小されます。 シンボルは、Function\API 名とグローバル変数を表します。

.DBG ファイルには、各ファイルのシンボリック情報が含まれます。 これらにあります SUPPORT\DEBUG\ <platform> \SYMBOLS ディレクトリの Windows NT のインストール CD-ROM。

サービス パックなどのパッチを適用した管理者インストール ポイントのビルドには、基本のビルドと、パッチを適用した管理者インストール ポイントの記号の組み合わせである記号の特別なセット必要があります。

シンボル ディレクトリは拡張サブディレクトリ (これらのディレクトリ内のシンボル ファイルの多くは、Windows NT のユーザー モード コンポーネントを一致ことに注意) と呼ばれる、7 つのサブディレクトリにまで分かれています。

   COM - symbols for all files ending in .COM go here
   CPL - symbols for all files ending in .CPL go here.
   DLL - symbols for all files ending in .DLL go here
   DRV - symbols for all files ending in .DRV go here
   EXE - symbols for all files ending in .EXE go here
   SCR - symbols for all files ending in .SCR go here
   SYS - symbols for all files ending in .SYS go here.


記号、それぞれのファイルを一致しなければなりません。 誤った情報を別のビルドからシンボルに提供します。 すべてのシンボル ファイルのリンク日付する必要があります、デバッグ中のコンピューター上のと一致。

ユーザー設定記号と特殊文字のツリーをセットアップします。

[記号と特殊文字のツリーは、リモート コンピューターをデバッグ中に一致するシンボル ファイルを含むホスト コンピューターで、サブディレクトリ ツリーです。
  1. ホスト コンピューターで、サブディレクトリを作成します。 たとえば。
    MKDIR C:\SYMBOLS
  2. 常に、基本の Windows NT のバージョン番号から始まります。 次のファイルをで適切なバージョンのインストール CD-ROM からコピーします。
    XCOPY [CD-ROM ドライブ]: \SUPPORT\DEBUG\I386 C:\SYMBOLS/S.
  3. カスタム ツリーには、適切なサービス パックのシンボルをコピーします。 Service Pack の記号は、FTP.MICROSOFT.COM で参照できます。

    たとえば、Windows NT 3. 51 Service Pack 4 のシンボルは次の場所からダウンロードできます。

    \bussys\winnt\winnt-public\fixes\usa\NT351\ussp4\symbols
    X のプラットフォームを表しますを SYM_351 <x>.EXE と呼ばれるファイルをダウンロード (x86、Alpha の A、PPC の P が)。

    シンボル ツリーに、ファイルを展開します。 たとえば。
    .EXE-d C:\SYMBOLS <x> SYM_351
  4. カスタムの記号、ツリー、Compaq SSD 記号などの任意のサード パーティ製パッチは、コピーします。 これらのシンボルは、サード パーティ ベンダーから取得する必要があります。
  5. マイクロソフトでは、インストールに対する一意の修正プログラム提供しています、する場合は、適切なサブディレクトリに修正プログラムに付属 DBG ファイル コピー (例: システム、EXE、DLL)。
  6. コンピューターは、シングル プロセッサの Intel のシステムが場合、シンボル ツリーが完了します。 ください"の後の記号と特殊文字ツリーが作成後述参照してください。

1 つのプロセッサとマルチプロセッサ

Windows NT は、特別なカーネルを採用して SMP システムいます。 インストール中にこのカーネルが変更されます。 DBF ファイルはデバッグ用の名前変更が重要です。

   NTOSKRNL.EXE  NTOSKRNL.DBG  = Single processor
   NTKRNLMP.EXE  NTKRNLMP.DBG  = Multiple processors


システムが、マルチプロセッサで場合は、次の操作行います。
  1. ディレクトリは、DLL のコンポーネント ディレクトリに変更します。 たとえば。
    CHDIR C:\SYMBOLS\DLL
  2. シングル プロセッサ カーネルの名前を別のファイル名に変更します。 たとえば。
    RENAME NTOSKRNL.DBG NTOSKRNL.UNI
  3. シングル プロセッサ カーネルをマルチプロセッサ カーネルをコピーします。 たとえば。
    コピー NTKRNLMP.DBG NTOSKRNL.DBG

カスタム HAL.DLL

一部のハードウェア プラットフォームが特殊なハードウェア アブストラクション レイヤー (HAL) ドライバーを必要です。 カーネル ファイルと同様に、カスタム HAL がインストール プロセス中に変更されます。 一般的な HAL のとおりです。

I386 コンピューターの HAL ファイル:

Filename                   Description
---------------------------------------------------
HAL.DLL                    Standard HAL for Intel systems
HAL486C.DLL                HAL for 486 c step processor
HALAPIC.DLL                Uniprocessor version of HALMPS.DLL
HALAST.DLL                 HAL for AST SMP systems
HALCBUS.DLL                HAL for Cbus systems
HALMCA.DLL                 HAL for MCA-based systems (PS\2 and others)
HALMPS.DLL                 HAL for most Intel multiprocessor systems
HALNCR.DLL                 HAL for NCR SMP computers
HALOLI.DLL                 HAL for Olivetti SMP computers
HALSP.DLL                  HAL for Compaq Systempro
HALWYSE7.DLL               HAL for Wyse7 systems

HAL files for DEC Alpha Computers:

Filename                   Description
---------------------------------------------------
HAL0JENS.DLL               Digital DECpc AXP 150 HAL
HALALCOR.DLL               Digital AlphaStation 600 Family
HALAVANT.DLL               Digital AlphaStation 200\400 Family HAL
HALEB64P.DLL               Digital AlphaPC64 HAL
HALGAMMP.DLL               Digital AlphaServer 2x00 5\xxx Family HAL
HALMIKAS.DLL               Digital AlphaServer 1000 Family Uniprocessor HAL
HALNONME.DLL               Digital AXPpci 33 HAL
HALQS.DLL                  Digital Multia MultiClient Desktop HAL
HALSABMP.DLL               Digital AlphaServer 2x00 4\xxx Family HAL

HAL files for MIPS Computers:

Filename                   Description
---------------------------------------------------
HALACR.DLL                 ACER HAL
HALDTI.DLL                 DESKStation Evolution
HALDUOMP.DLL               Microsoft-designed dual MP HAL
HALFXS.DLL                 MTI with a r4000 or r4400
HALFXSPC.DLL               MTI with a r4600
HALNECMP.DLL               NEC dual MP
HALNTP.DLL                 NeTpower FASTseries
HALR98MP.DLL               NEC 4 processor MP
HALSNI4X.DLL               Siemens Nixdorf UP and MP
HALTYNE.DLL                DESKstation Tyne

HAL files for PPC Computers:

Filename                   Description
---------------------------------------------------
HALCARO.DLL                HAL for IBM-6070
HALEAGLE.DLL               HAL for Motorola PowerStack and Big Bend
HALFIRE.DLL                Hal for Powerized_ES,
                                   Powerized_MX, and
                                   Powerized_MX MP
HALPOLO.DLL                HAL for IBM-6030
HALPPC.DLL                 HAL for IBM-6015
HALWOOD.DLL                HAL for IBM-6020


かする HAL を使用するかを確認する方法

インストール中に、テキスト ログ ファイルが作成します。 このファイルは、行は HAL はセットアップ中にインストールする表示をします。 元のセットアップ後の HAL を変更した場合、SETUP.LOG は、変更を反映しません。 を確認するには、以下行います。
  1. %SystemRoot%\REPAIR サブディレクトリに移動します。
  2. 実行の"attrib"R-H-S SETUP.LOG ファイルが表示されるようにします。
  3. メモ帳を使用して SETUP.LOG および"Hal"の検索を表示します。
注: この同じ技法をかどうか、特別なカーネルが使用も確認すると便利にはことができます。

[記号と特殊文字のツリーに、HAL をコピーします。
  1. ディレクトリを \SYMBOLS\DLL に変更します。
  2. 名前を"HAL.DBG"から"HAL.X86"に変更します。
  3. HAL.DBG の「カスタム HLL.DBG」コピーします。

[記号と特殊文字ツリーが作成された後

シンボル ツリーが完成します。 詳細については、次単語ここで「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) でクエリ。
debugref

プロパティ

文書番号: 148659 - 最終更新日: 2006年11月1日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 3.5
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
キーワード:?
kbmt KB148659 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:148659
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com