モデムを使用してリモート デバッグ セッションを設定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 148954 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では X86 Intel - プロセッサを準備する手順について説明します-リモート デバッグ セッションの Windows NT ワークステーションまたはサーバーを実行するベースおよび RISC プロセッサ ベースのコンピューター。

詳細

-とは、カーネル デバッガーの必要性
リモート デバッグをプロセス - とは
-リモート デバッグ用のシステムの構成
-デバッガー オプション
-Intel x86 コンピューターに対する BOOT.INI ファイルの編集
-RISC コンピューターのファームウェア ブート オプションを変更します。
-モデムを準備します。

カーネル デバッガーの必要性とは

Windows NT に付属するカーネル デバッガーがせず、デバッガーの使用可能な通常のないシステムに関する情報となります。 [スタートアップ メニューの [Windows NT カーネル デバッガーができます。 カーネル デバッガーを有効にデバッグ情報を分析するリモート ユーザーのリモート デバッガーに出力する Windows NT デバッガーによりがあります。 これは通常、または、Memory.dmp ファイルが検出されたしないとき、Memory.dmp ファイルから診断することはできませんが、Windows NT で致命的なエラーの分析に本格的な Microsoft カスタマー サポートの要求で行われます。

リモート デバッグのプロセスとは

2 台のコンピューターを介して接続されているまとめてモデム経由で電話回線のリモート デバッグ プロセスが発生します。 ターゲット コンピューターとホスト コンピューターを実行、特殊なデバッグ API とプロトコルを使用して通信する Windows NT カーネル デバッガーしています。

リモート デバッグ用のシステムの構成

リモート デバッグ用システムの設定、カーネル デバッガーの読み込みに Windows NT を確認するには、ブート オプションを変更が含まれます。 Intel x86 ベースのプラットフォームでこれは、Boot.ini ファイルを編集して行われます。 (Alpha、MIPS PPC ベース プロセッサ)、RISC ベースのシステム上ではのこれのファームウェア メニューで、ブート オプションを変更します。 モデムがあると、ターゲット コンピューター上で、適切な COM ポートに接続し、モデムに、受信の電話回線を接続することもさせます。

デバッガー オプション

デバッグについてはシステムの設定に使用できるいくつかのブート オプションがあります。 ときにこれらのオプションは Intel x86 および RISC プラットフォームでは、同じ、RISC プラットフォームで使用されるは必要はありません。

/DEBUG      - When this option is used, the kernel debugger will be loaded
              during boot and kept in memory at all times. This means that
              a support professional can dial into the system being debugged
              and break into the debugger, even when the system is not
              suspended at a Kernel STOP screen.

/DEBUGPORT  - Specifies the serial port to be used by the kernel
              debugger. If no serial port is specified the debugger will
              default to COM2 on Intel x86 based computers and to
              COM1 on RISC computers.

/CRASHDEBUG - This option will cause the kernel debugger to be loaded
              during boot but swapped out to the pagefile after boot.
              As a result, a support professional will not be able to
              break into the debugger unless Windows NT is suspended
              at a Kernel STOP screen.

/BAUDRATE   - Sets the Baud rate that the kernel debugger will use.
              The default baud rate is 19200. A baud of 9600 is the
              normal rate for remote debugging over a modem.
				


DEBUGPORT またはボーレートが使用されるたびに必要のない、デバッグを使用する Windows NT コンピューターをデバッグ モードで読み込またいと仮定するとします。 それ以外の場合は Windows NT は読み込まれません、デバッガーでは、リモート デバッグ用コンピューターを構成使用は、上記のスイッチの少なくとも 1 つする必要があります。

Intel x86 コンピューターの Boot.ini ファイルの編集

Intel x86 ベースのコンピューターで、ターゲット コンピューターを設定するには、ブート パーティションで Boot.ini ファイルを編集し、適切なデバッガー オプションを追加だけします。 Boot.ini ファイルを標準の ASCII テキスト エディターを使用して編集します。 Boot.ini ファイルが、システム パーティション (通常は C ドライブ) のルートにあるファイルでありされますが、非表示、システム、および読み取り専用の属性設定します。 変更これらの属性する必要があります。

Boot.ini ファイルの属性を変更するには

変更する、Boot.ini ファイルの属性には、次実行します II またはプロシージャします。

手順 I:
  1. コマンド プロンプトには、次を入力します。
    attrib-s-h-r c:\boot.ini
  2. BOOT.INI を編集します。

    ファイルの編集を終了したらを読み取り専用、隠し文字、およびシステムの属性を復元するには、コマンド プロンプトで、次を入力します。
    の"attrib"h + r ながら s c:\boot.ini \
手順 II:
  1. ファイル マネージャーで表示] メニューの [ファイルの種類を選択し選択隠しファイル/システム ファイルの表示] ボックスでファイルの種類] ダイアログし [OK] をクリックします。
  2. [ファイル マネージャー] ウィンドウを Boot.ini ファイルを選択し、[ファイル] メニューの [のプロパティを [します。
  3. [プロパティ] ダイアログ ボックスで読み取り専用の [非表示]、およびシステム属性ボックスをオフにし、[OK] ボタンをクリックします。
  4. メモ帳または別のテキスト エディターを使用して、Boot.ini を編集し、次のように、デバッグ オプションを追加します。

Boot.ini ファイルで、ブート オプションを構成します。

構成する、コンピューターをデバッグする必要があります追加前オプションのいずれか、Boot.ini をします。 一般に、/DEBUG と/BAUDRATE に 9600 ボー レートを下げるし、コンピューターをデバッグ モードに追加したいは。 /DEBUGPORT を使用する = COMX デバッグは、既定の COM ポート (COM2) は使用できません。 これらのオプションを追加する例を次に示します。

通常、Boot.ini ファイルの例を次に示します。 [オペレーティング システム] セクションの各エントリは、通常のシステム起動時に、ブート メニューに記載オプションに対応する必要があります。

[ブート ローダー]
タイムアウト = 30
既定 = (0) を複数ディスク (0) rdisk (0) パーティション (1) \WINDOWS
[オペレーティング システム]
(0) を複数ディスク (0) rdisk (0) パーティション (1) \WINDOWS="Windows NT バージョン 3. 5"
(0) を複数ディスク (0) rdisk (0) パーティション (1) \WINDOWS="Windows NT バージョン 3. 5"
[VGA モード]/BASEVIDEO
C:\="MS-DOS"

COM1 を使用して 9600 ボーで通信するには、デバッガーを有効を追加、またはステップ バイ ステップの手順を次の例を参照します。
  1. スタートアップ オプションを通常使用し、/DEBUG スイッチの行の末尾に追加を選択します。
  2. 通信ポートを指定するスイッチを追加/DEBUGPORT = COM1。
  3. ボー レートを指定するスイッチを追加/BAUDRATE = 9600 です。
次の上記の Boot.ini ファイルが次で変更された後 1-3 の上記の手順が表示されます (注: 行 6 は行 5 がここで同じ行に収まらない部分)。

[ブート ローダー]
タイムアウト = 30
既定 = (0) を複数ディスク (0) rdisk (0) パーティション (1) \WINDOWS
[オペレーティング システム]
(0) を複数ディスク (0) rdisk (0) パーティション (1) \WINDOWS="Windows NT バージョン 3. 5"
/debugport のデバッグ/com1/baudrate = = 9600
(0) を複数ディスク (0) rdisk (0) パーティション (1) \WINDOWS="Windows NT バージョン 3. 5"
[VGA モード]/BASEVIDEO
C:\="MS-DOS"

RISC コンピューターのファームウェア ブート オプションを変更します。

Boot.ini ファイルを使用して、Intel x86 コンピューターとは異なり RISC コンピューター上のブート オプションは、ファームウェアで構成します。 次の手順に従って MIPS-、PPC と Alpha ベースのコンピューター上のブート オプションの構成します。 必ず、サポート担当者にダイヤルし、システムをデバッグする前にすべての Alpha コンピューターに対して、手順 10 を実行してください。
  1. コンピュータを再起動してください。 ARC システム画面が表示されます、アクションを選択できますが、メイン メニューを表示します。
  2. MIPS 上と PPC RISC ベースのシステム、セットアップ メニューを表示すると、ブート オプションのメニューを表示する [スタートアップの管理の選択の設定の実行] をクリックします。
    デジタル Alpha AXP RISC ベースのシステム、付属のメニューの設定をシステム、およびブート選択メニューの管理ブート オプションのメニューを表示するを選択します。
  3. このコンピューターにインストールされているオペレーティング システムの一覧を表示するブート選択範囲を変更します。
  4. Windows NT オペレーティング システムを選択します。 複数のバージョンの Windows NT のインストールを持っている場合選択をデバッグします。 2 つの部分から成る画面が、RISC ベースのコンピューターの起動に使用する環境変数の現在の設定を変更する表示されます。 かどうか、RISC ベース コンピューターの起動時デバッグ モードを制御する、環境変数は、OSLOADOPTIONS 変数です。
  5. OSLOADOPTIONS 変数の値を編集するには、方向キーを使用して、変数の一覧から選択します。 選択すると、画面の上部に、名前ボックスに表示します。
  6. Enter キーを押して、[値のボックスが表示をします。
  7. 必要なオプションをスペースで区切られた値 </a0>] を追加して Enter キーを押して保存を入力します。 たとえば、デバッグ モードをオンし、COM2 に、COM ポートを設定する場合は、する、次に入力します。
    OSLOADOPTIONS debugport のデバッグ com2 =
    デバッグ ポートを指定しない場合、既定のデバッグ ポートは COM1 に設定されます。

    RISC ベースのコンピューターのみをデフォルトのボー レート 19200、許可するため、ボー レートを指定する必要はありません。
  8. 編集を停止する Esc キーを押します。
  9. コンピューターがある、次のいずれかの操作を行いますの種類に基づいてください。

    MIPS PPC RISC ベースのシステムではメイン メニューに戻るを選び、ARC システム画面に戻るには終了しまたは。

    - または -

    -デジタル Alpha AXP RISC ベース、システムに付属のメニュー オプションを選択、[変更を保存し、[ブート メニュー ARC システム画面に戻るにします。
  10. このシステムの追加の構成手順を実行する必要がありますをデバッグする場合は、初めて。 これらの手順を参照して、Windows NT リソース キット バージョン 3. 51 の更新プログラムまたは更新 2、「付録 A」を参照してください。
  11. Windows NT の下で実行するには再起動します。

モデムを準備します。

リモート デバッガーに正常に接続するには、自動回答機能、目的の COM ポートを外付けモデム関連付ける必要があります。 ほとんどのモデム、この機能が通常は無効であります。 モデムを設定して 9600 ボーする必要があります。 必要、適切な接続、カーネル デバッガーですがハードウェア圧縮エラーの検出とフロー制御を無効にすると同様。 確認のモデム正常に動作進行してさらに、前にします。 ほとんどの場合は、モデムをオフにしなくても、対象のコンピューターまたは TERMINAL.EXE またはいくつかその他の通信プログラムを使用して、モデムに構成文字列を送信するし、ターゲット コンピューターにモデムを移動、別のコンピューター上の予備の COM ポートと COM ポートに接続して、モデムを構成する必要があります。 内蔵モデムが動作しません理由は、再起動として、システムは通常、リセットのモデムの設定に対して行った変更。

モデムを構成します。

: ターゲット コンピューター上で以下の手順すべてを実行することができます、デバッグ ポートの提供を実行する、チェックアウト、ターゲット システム上で、デバッガーを構成する前に構成する COM ポートを使用しています。
  1. 自動応答機能をターゲット コンピューターまたは別のコンピューターで利用可能な COM ポートにモデムを接続します。

    注: モデムから電源を削除せず、対象の COM ポートにモデムを移動できますを必ず。
  2. Terminal.exe または他の通信プログラムを実行し、モデムへの書き込み構成します。
  3. 9600 ボー レートに、モデムを設定します。 これを行うには適切な方法のモデムのマニュアルを参照してください。
  4. すべてのハードウェア圧縮、フロー制御とエラー検出を切ります。 US Robotics と 3 Com のモデムはほとんど、デバッグ セッション用のモデムを準備する次のコマンドに入力します。 別の製造元からモデムを使用している場合は、モデムのマニュアルのモデムに終了する正しい文字列を参照してください。

    AT&F    Set Back to Factory Defaults
    AT&H0   Disable Transmit Data Flow Control
    AT&I0   Disable Receive Data Flow Control
    AT&K0   Disable Data Compression
    AT&M0   Disable Error Control
    ATS0=1  Auto Answer On
    AT&D0   Disable Reset Modem on Loss of DTR
    AT&W    Write to NVRAM
    						
  5. モデムの自動の応答を有効にします。 これは ATS0 の文字列を送信して、通常は実行できます (「0」は番号 0、O 文字いない) 1 =。 ただし、これを確認するモデムのマニュアルに問い合わせてください。
  6. モデムから電源を削除する、ことがなく、ターゲット システム上適切な COM ポートに移動します。

追加情報

詳細については参照してください。

-Windows NT リソース キットです。

-Microsoft ドライバー開発キットです。

プロパティ

文書番号: 148954 - 最終更新日: 2007年2月22日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 3.5
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
キーワード:?
kbmt KB148954 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:148954
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com