自動ネットワークのショートカット解決を無効にします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 150215
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

マップされたネットワーク ドライブには、リソースへのショートカットを作成すると、同じドライブに別のネットワーク リソースを Windows に再マップします。アクセスするときに、元のネットワーク リソースに接続しようとしています、ショートカットです。

別の元の接続を再確立するとさらに、元のリソースにドライブ文字をマップする可能性があります。これが発生する可能性があります。必要なドライブのマッピングが存在しないかが失敗するプログラム。

原因

この現象は Windows しようとメカニズムの一部であります。解決し、ネットワーク リソースへのショートカットを自動的に維持します。

Windows のショートカットの解決の詳細については、してください。次の記事では、Microsoft Knowledge Base を参照してください。
128932 Windows 95 のショートカット リンクを解決する方法

132658 削除済みの NetWare ファイルへのショートカット ファイルを開くことができます。

解決方法

Shortcut.exe ツールを使って個々 のショートカットを変更ことができます。汎用名前付け規則 (UNC) のパス情報を削除、ショートカットです。

正常に Shortcut.exe ツールを使用して、UNC パスを削除するには、注意してください。ショートカットからの情報を次の条件を満たす必要があります。
  • ショートカットには、UNC と静的パス情報の両方を含める必要があります。、ショートカットを右クリックして静的パスを含むを確認することができます、ショートカット、プロパティ] をクリックし、[ショートカット] タブをクリックします。は、パスは、[リンク先] ボックスで、次の形式でになります。
    <drive>: \folder\filename.ext</drive>
    ショートカットに表示して UNC パス情報が含まれていることを確認ことができます。メモ帳のショートカットです。これを行うには、スタート ボタンをクリックして、[実行] をクリックし、入力[名前] ボックスに次の行
    メモ帳<path>\<shortcut.lnk> </shortcut.lnk></path>
    <path>を変更するショートカットへのパスですが、<shortcut.lnk>は、削除するショートカットの名前です。UNC パス情報。</shortcut.lnk></path>

    ショートカットを表示するのには、[編集] メニューの [右端で折り返す] をクリックする必要があります。ファイルです。ショートカット ファイルには、主に読み取り不可能なバイナリが含まれています。についてはただし、UNC を読み取ることができるはず、ドライブをマップします。情報です。変更または、ショートカット ファイルを保存できません。
  • 静的パスで指定されたドライブは、ネットワークにマッピングされています。元のいずれかに、ショートカットで参照を共有してください。
  • マップされたドライブ パスのディレクトリ構造やファイルを含める必要があります。名前のショートカットの静的なパスとが一致します。
Shortcut.exe ツールは次の場所から入手できます。

Windows 95

Shortcut.exe ツールは、Microsoft Windows 95 リソース キットに含まれています。Windows 95 上の Admin\Apptools\Envvars フォルダーでもあるし、CD-ROM。

Windows NT

Shortcut.exe ツール、Microsoft Windows NT Server に含まれています。リソース キット バージョン 4.0 は、付録 1、I386\Desktop フォルダーに、MIPS\Desktop のフォルダーと、Windows NT サーバー上のフォルダーに ALPHA\Desktopリソース キット CD-ROM です。

Windows NT、この問題を解決してくださいする方法の詳細について以下の資料は、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
158682 NT 4.0 で作成されたショートカットを UNC パスに解決
ショートカットから UNC 情報を削除するには、次の手順を実行します。

注: 自動解決のみを無効にして、ユーザーでない場合ショートカットから UNC パス情報の削除についての懸念で手順 1 と 2 だけを実行する必要があります。ショートカットが UNC の両方を含める必要があります。パスと静的パス。
  1. [スタート] メニューのプログラム] をポイントし、コマンド プロンプトまたは MS-DOS] をクリックしてくださいメッセージを表示します。
  2. Shortcut.exe ツールを使用して、自動ネットワークのショートカットを無効にするにはこのショートカットを解決します。これを行うに次の行を入力、コマンド プロンプトを開き、ENTER キーを押します
    shortcut.exe s<path><shortcut.lnk> </shortcut.lnk></path>
    <path>を変更するショートカットへのパスですが、<shortcut.lnk>は、削除するショートカットの名前です。UNC パス情報。</shortcut.lnk></path>
  3. [スタート]、[プログラム] をポイントし、Windows NT のエクスプ ローラーまたは Windowsエクスプ ローラー、し、手順 2 で指定したショートカットを見つけます。
  4. ショートカットの名前を変更します。ショートカットの名前を変更すると、Windows を更新して、自動ネットワークのショートカットを実行しないためのショートカット解像度です。ショートカットの拡張子は変更されません。

    ファイルの名前を変更するには、スタート ボタンをクリックする方法の詳細については、ヘルプをクリックして、[キーワード] タブをクリックして型 名前の変更、し、[名前の変更ファイル」トピックをダブルクリックします。

    注: Windows NT のエクスプ ローラーのショートカット ファイルを変更する必要がありますかWindows エクスプ ローラー。名前を変更すると、ショートカットは更新されません、コマンド プロンプトを開きます。
  5. Shortcut.exe ツールを使用して、静的な場所に、ショートカットを解決するのにはUNC パス情報を削除します。これを行うには、以下を入力します。行には、コマンド プロンプトと ENTER キーを押します
    shortcut.exe r<path>\<shortcut.lnk> </shortcut.lnk></path>
    <path>を変更するショートカットへのパスですが、<shortcut.lnk>は、削除するショートカットの名前です。UNC の情報です。</shortcut.lnk></path>
詳細については、次の資料を参照してください、技術情報:
134401 Windows 95 リソース キットの Readme.txt ファイル

137725 リソース キットのツールを Windows 95 CD-ROM に含まれています。


すべてへのショートカットをインストールすることで同じ結果を全体に適用できます、Windows 95 またはそれ以降のバージョンこのファイルの次のファイルを更新しました。
   SHELL32.DLL  version 4.00.952  dated 11/3/95  817,664 bytes
				

詳細

自動解決がファイルを指す場合は望ましくない場合があります、ショートカットが意図的に移動された別のリソースには、または荷重の場合同じドライブ文字をマップすることができますように分散メカニズムがいくつかのネットワーク リソースと同一の内容のいずれかにします。

ショートカットを右クリックすると、[プロパティ] をクリックしをクリックして、ショートカット] タブの [リンク先] ボックスのファイルへのパスを指定して含めることができます。UNC パス (\\server\share\directory\filename.ext)、または静的なパス(<drive:>\directory\filename.ext)。</drive:>

ネットワーク リソースへのショートカットを対象としてのパスのいずれかの種類があります。作成方法によって異なります。たとえば、ショートカットを作成した場合、ネットワーク ファイルを右クリックし、[ショートカットの作成] をクリックすると、それに含まれる静的なパスと UNC パス。

Shortcut.exe を無効にするのには、-s パラメーターで自動実行ネットワークのショートカットの解像度は、ショートカットの種類に応じて、ネットワーク ドライブの割り当ての状態は、次の結果が発生すると、ショートカットをダブルクリックします。

ショートカットを UNC パスのみが含まれています。

ローカルのショートカット、または 1 つの自動ショートカット解決を無効にします。UNC 情報のみが含まれている、方法には影響しませんショートカットが解決されます。

UNC と静的パスを含むショートカット

UNC と静的パスをショートカットの解像度の両方でのショートカットを含むさらに複雑になります。そのショートカット解決を無効にしていない場合は、元のネットワーク リソースが使用されます。ショートカットをドライブにマップされている場合静的パスで指定された、そのドライブが使用されます。リソースが割り当てられている場合新しいドライブを別のドライブに使用され、ショートカットの静的なパス新しいドライブ情報で更新されます。リソースが現在表示されていない場合マップ ドライブに自動的に割り当てられます、ショートカットを使用新しいドライブ情報で更新します。

ショートカット解決を無効になっている場合は、指定した解決されて静的なパスです。UNC パスの元の情報が含まれていることに注意してください。内のショートカットです。

指定されたドライブが元のネットワーク共有がマップされている場合、静的パスをショートカットが UNC パス情報を解決になりますショートカットからは削除されません。

によって示されたドライブに別のネットワーク共有がマップされているかどうかは、静的パス、およびそのドライブ上の既存ファイルが静的パスを指す、ショートカットから UNC 情報を削除し、ショートカットを使用してローカルのショートカットのように解決します。すべてのショートカットを UNC 情報 Shell32.dll に更新プログラムが「LinkResolveIgnoreLinkInfo」の DWORD 値が存在する場合は無視次のレジストリ キーと、データ値を「1」に設定します。
   HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
				
この更新プログラムはこのレジストリ値が存在しない場合、動作は、この点でリリースされた Windows 95 のバージョンと同じです。このレジストリ値に自動的にこの更新プログラムをインストールする場合は追加されません。


詳細についてはこれを更新することによって解決する問題コンポーネントは、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してくださいベース:
161100 完全なネットワーク ドライブにコピーするとファイルを切り詰め可能性があります。

138014 ファイル 0 バイトをそれ自身にコピーするときに切り詰められます

136834 コアの SMB サーバーへの読み取り専用のファイルのコピー エラー

160807 多くの株式の Windows NT サーバーに接続できません。

Windows 95 更新プログラムの詳細についてを参照してください、以下の資料は、マイクロソフト サポート技術。
161020 Windows 95 更新プログラムを実装します。

プロパティ

文書番号: 150215 - 最終更新日: 2011年7月4日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbqfe kbnetwork kbpolicy kbui kbhotfixserver kbmt KB150215 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:150215
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com