Windows NT、ターミナル サーバー、Microsoft Exchange サービスで使用される TCP/IP ポート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 150543 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP150543
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Microsoft Windows NT Version 4.0 および Microsoft Exchange Server Version 5.0 のサービスで使用される既知の TCP/IP ポート (TCP および UDP) について説明します。TCP/IP ポートの割り当てがすべて記載されているわけではありません。

TCP/IP ポートの割り当ての関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
174904 TCP/IP ポートの割り当てについて
176466 [XGEN] TCP ポートと Microsoft Exchange : 詳細解説

詳細

Windows NT Version 4.0 のサービスで使用されるポートの一覧
機能                            静的ポート

--------                    ------------

Browsing                    UDP:137、138
DHCP Lease                  UDP:67、68
DHCP Manager                TCP:135
Directory Replication       UDP:138 TCP:139
DNS Administration          TCP:135
DNS Resolution              UDP:53
Event Viewer                TCP:139
File Sharing                TCP:139
Logon Sequence              UDP:137、138 TCP:139
NetLogon                    UDP:138
Pass Through Validation     UDP:137、138 TCP:139
Performance Monitor         TCP:139
PPTP                        TCP:1723 IP Protocol:47 (GRE)
Printing                    UDP:137、138 TCP:139
Registry Editor             TCP:139
Server Manager              TCP:139
Trusts                      UDP:137、138 TCP:139
User Manager                TCP:139
WinNT Diagnostics           TCP:139
WinNT Secure Channel        UDP:137、138 TCP:139
WINS Replication            TCP:42
WINS Manager                TCP:135
WINS Registration           TCP:137
				
WLBS および Convoy のクラスタ制御で使用されるポートの一覧
機能                            静的ポート


--------                    ------------
Convoy                      UDP:1717 
WLBS                        UDP:2504
				
Microsoft Exchange Server Version 5.0 で使用されるポートの一覧
機能                            静的ポート


--------                    ------------

Client/Server Comm.         TCP:135
Exchange Administrator      TCP:135
IMAP                        TCP:143
IMAP (SSL)                  TCP:993
LDAP                        TCP:389
LDAP (SSL)                  TCP:636
MTA - X.400 over TCP/IP     TCP:102
POP3                        TCP:110
POP3 (SSL)                  TCP:995
RPC                         TCP:135
SMTP                        TCP:25
NNTP                        TCP:119
NNTP (SSL)                  TCP:563
				
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
176466 [XGEN] TCP ポートと Microsoft Exchange : 詳細解説


ターミナル サーバー クライアントで使用されるポートの一覧
機能                            静的ポート


--------                    ------------

RDP Client (Microsoft)      TCP:3389 (Pre Beta2:1503)
ActiveX Client (TSAC)       TCP:80、3389
ICA Client (Citrix)         TCP:1494
				
: ターミナル サーバーではポート 3389 が使用されます。

Windows 2000 のサービスで使用されるその他のポート
機能                                        静的ポート

--------                              ------------
Direct Hosting of  SMB Over TCP/IP    TCP、UDP: 445

IPSec:                      
   ISAKMP                             UDP: 500
   ESP                                IP Protocol 50	
   AH                                 IP Protocol 51

Kerberos                              TCP、UDP: 88
RSVP                                  IP Protocol 46
				

プロパティ

文書番号: 150543 - 最終更新日: 2007年6月14日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Load Balancing Service
キーワード:?
kbinfo kbnetwork KB150543
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com