[XADM] サイトに最初の Exchange Server を削除する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 152959
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP152959
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、最初のマイクロソフトを削除するための手順を説明します。Exchange Server のコンピューター、Exchange Server サイトにインストールされています。

すべてのメールボックスとパブリック フォルダー以外にも、最初のデフォルトでサイト内のサーバーが含まれているし、サイト フォルダーについての責任です。サイトフォルダーに、オフライン アドレス帳 (OAB) フォルダー、schedule + ので構成されています。空き/予約済み情報フォルダー、および組織フォーム フォルダーを 1 つの場合存在します。サイトにインストールされている他のサーバーは、既定では、最初に依存します。この情報はサーバーです。たとえば、ためには、3 番目のサーバーでOAB を生成するのには、サイトを最初に、接続を確立する必要がありますサーバーです。ここでの手順を実行しないでサイトのファースト サーバーを削除する場合は、これらのサイト フォルダーに含まれるデータにアクセスできませんまたはが失われることがあります。

サイト内の最初のサーバーは既定では、ルーティング計算もサーバーです。ルーティング計算サーバーを更新しますが、サイトの GWART ゲートウェイ アドレス ルーティング テーブル ()。最初のサーバーをサイトから削除する前にこの役割を再割り当てすることもする必要があります。 この方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
162012 [Xadm]: [ルーティング計算サーバーを変更することができません。
これを読む前に、サイト内の最初のサーバーを削除した場合記事、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックします。
152960 XADM: Exchange サイトで最初のサーバーを削除した後のサイトの役割の再割り当てください。
重要です: サイト内の別のサーバーに KM サービスをインストールしようとすると、サイト内の最初のサーバーがキー マネージメント (KM) サーバーは、この資料の手順を実行します場合は、問題を後で必要があります。 詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
196161 XADM: サイトのキー マネージメント サーバーをインストールできません。

詳細

サイトの最初の Exchange Server コンピューターを削除する前に、問題を回避するのには、次の手順に従います。

重要です: ユーザーまたは Exchange Server コンピューター上で (ないサイト) のパブリック フォルダーをホーム場合は、メールボックスを移動する必要があります。サーバーにサイトをし、任意のパブリック フォルダーにレプリケートする必要があります。データが失われないことを確認するのには、サイト内のサーバー。Microsoft Exchange Server 管理者ガイド、章 12、15、詳細についてを参照してください。

オフライン アドレス帳:

  1. OAB を含むサイトで、サーバーを選択します。
  2. クリックして、 パブリック インフォメーション ストア オブジェクトをクリック プロパティ.
  3. クリックして、 インスタンス タブします。
  4. で、 パブリック フォルダー リストを選択する] をクリックします。 オフライン アドレス帳OAB Version 2 (該当する場合)、[ 追加.これは、サーバー上でこれらのフォルダーのレプリカを作成、手順 1 で選択します。
  5. クリックしてください。 [OK].
  6. Exchange Server 管理者プログラムを使用する] をクリックして、 構成 コンテナーのプロパティを開きし、DS サイト構成 オブジェクトです。
  7. で、 オフライン アドレス帳サーバー 一覧で、手順 1 で選択したサーバーをクリックします。

Schedule + 空き/予約済み情報と組織フォーム:

  1. Schedule + 情報と組織フォームを含むサイトで、サーバーを選択します。
  2. Exchange Server 管理者プログラムを使用する] をクリックして、 構成 コンテナーをクリックして、 サーバー コンテナーをクリックし、手順 1 で選択したサーバーをクリックします。
  3. クリックして、 パブリック インフォメーション ストア オブジェクトをクリック プロパティ.
  4. クリックして、 インスタンス タブします。
  5. で、 パブリック フォルダー リストを選択する] をクリックします。 Schedule + 空き/予約済み情報組織フォーム、し 追加.手順 1 で選択したサーバー上でこれらのフォルダーのレプリカを作成されます。
  6. クリックしてください。 [OK].
Schedule + 空き/予約済み情報フォルダーのインスタンスが作成されます。元の schedule + の空き時間情報パブリック フォルダーは、最初のサーバーが削除され、新しいインスタンスがアクティブになったときに削除されます。

ルーティング計算サーバー:

  1. サーバー サイトで、新しいルーティング計算サーバー] を選択します。
  2. Exchange Server 管理者プログラムを使用する] をクリックして、 構成 コンテナー、および、ダブルクリック、 サイト アドレス指定 オブジェクトです。
  3. クリックして、 全般 タブします。
  4. で、 ルーティング計算サーバー 一覧で、手順 1 で選択したサーバーをクリックします。アクティブにするのには、[プロパティ] ページでその他のいくつかの変更を行う必要があります、 適用 ボタン、変更が保持されるようにします。
  5. クリックして、 ルーティング タブをクリックし ルーティングの再計算します。.
  6. クリックしてください。 [OK].
  7. 最後に、次の資料の手順を実行します。
    189286 [XADM] サイトからサーバーを削除する方法
メモ: Microsoft では、サイト内の最初のサーバーが一時的に、この手順を正常に完了したことを確認するのには、上記の手順を実行した後にネットワークから取り外した電源オフとお勧めします。変更が機能することを確認した後 (、Microsoft Exchange クライアントを起動し、他のユーザーの schedule + 空き/予約済み情報にアクセスできるオフライン アドレス帳を生成することができることを確認し、)、ネットワークの最初のサーバーのままにするか、電源オフ、Windows インターネット命名システム (WINS) またはドメイン ネーム システム (DNS) のエントリを削除するサーバーがないことを確認、し、完全にこのサーバーをサイトから削除するのには、次の手順を実行します。
  1. Exchange Server 管理者プログラムを使用する] をクリックして、 構成 コンテナーをクリックし、 サーバー コンテナーです。
  2. サイト内の最初のサーバーをクリックします。
  3. で、 編集 メニューをクリックして 削除、または DEL キーを押します。
メモ: Microsoft Exchange schedule + 空き/予約済み時間コネクタに自動的に移動しないし、最初のサーバーから削除されたときに削除されますサイトです。このような場合は、手順に従ってこのオブジェクトを再作成します。次資料では、マイクロソフト サポート技術。
148199 XCLN、削除された schedule + 空き/予約済みのエージェントを再作成します。

Schedule + 空き/予約済み情報を追加するのには

ユーザーが schedule + の空き時間情報サイト フォルダーを再作成します。schedule + へのログオンし、変更を生成します。この期間中に一部のユーザーの空き/予約済み情報が一時的に利用できません。

ユーザーがログオンする予定 (「忙しい」時間) まではありません解放し、時間情報を表示します。

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには以下の記事番号をクリックしてください。
235898 XADM: オフライン アドレス帳を生成できません。
284148 [XADM] Exchange 2000 管理グループから最後の Exchange Server 5.5 コンピューターを削除する方法
260781 Exchange Server 5.5 Service Pack 3 または Exchange Server 2003年に Exchange 2000 Server にアップグレードした後、モードの変更]、[組織のプロパティ] ダイアログ ボックスでが利用できません。
189286 [XADM] サイトからサーバーを削除する方法
275171 [XADM] Exchange 2000 サーバー上のシステム フォルダーをリセットする方法
822444 Exchange Server 2003年内のシステム フォルダーをリセットする方法

プロパティ

文書番号: 152959 - 最終更新日: 2011年7月4日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbhowto kbusage kbmt KB152959 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:152959
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com