テストの SMTP 通信はポート 25 に Telnet を XFOR

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 153119 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

方法を実行しているコンピューター上のポート 25 に telnet で接続する簡易メール転送プロトコル (SMTP) サービス SMTP 通信の問題のトラブルシューティングについて説明します。この記事では、エラー メッセージを含む情報は、ExchangeServer の Microsoft を実行しているし、一般的なトラブルシューティングのためのものではありませんが、サーバーとの SMTP 通信の問題を解決しようとしているときに発生する可能性のある問題にのみ適用されます。

Thetroubleshooting が発生している問題に該当する手順に従います。たとえば、sendingemail の問題がある場合メッセージ SMTP 経由で runningExchange は、サーバーの 2 つの間で 2000 Server では、SMTP 接続をテストするには、移行先サーバーでポート 25 に接続する、送信側サーバー上の Telnet を使用しています。既定では、SMTP はポート 25 をリッスンします。または、この問題は、インターネットから SMTP メールを受信する場合は、インターネット上に存在してするは、ネットワーク上に存在しないホストから SMTP サーバーへの接続をテストするには、この資料に記載されている手順に従います。

元に戻す画像を拡大する
注:
注:この資料は Exchange Server でメッセージを送信するための [接続のテストの情報のみについて説明します。場合は、Exchange Server に接続できない場合、別の現象やエラー メッセージが発生しているため、マイクロソフト サポート技術情報を検索します。Exchange のトランスポートに関する問題のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
文書番号 257265 一般的なトランスポートの問題をトラブルシューティング Exchange 2000 Server および Exchange Server で 2003

詳細

SMTP では、マイクロソフトの製品ラインのいくつかのバリエーションがあります。Windows の製品ラインは、SMTP サービスはインターネット インフォメーション サービス (IIS) に含まれていると、Option Pack の Windows NT Server 4.0 では、SMTP サービスが含まれています。最近のバージョンの Windows では、IIS がオペレーティング システムに統合されてし、コントロール パネルの [プログラム追加と削除を使用して IIS を追加することができます。さらに、Exchange 2000 Server および Exchange Server 2003年は IIS からの既存の SMTP サービスその他の機能を使用します。Exchange 4.0 サーバー、Exchange 5.0 サーバー、および Exchange 5.5 サーバーは、インターネット メール コネクタ (IMC) またはインターネット メール サービス (IMS) の形式で SMTP の独自のバージョンが含まれます。

元に戻す画像を拡大する
注:
メモ Exchange 5.0 サーバー以降のバージョンでは、インターネット メール コネクタ (IMC) はインターネット メール サービスが呼び出されます。

Telnet セッションを開始する前にこのテスト メッセージを送信する送信先ユーザーの完全な SMTP 電子メール アドレスが必要です。この e メール アドレスは次の形式でする必要があります。
User@Site.Domain.com
また、完全修飾ドメイン名 (FQDN) または (たとえば、10.120.159.1)、SMTP サービスを実行しているサーバーの IP アドレスも必要です。場合は、組織内のサーバーが既にこの情報があります。サーバーは、外付けの場合、この情報を検索する最も簡単な方法は、Nslookup.exe を使用してこの情報を含む DNS レコード (インターネットのメール エクスチェン ジャーのレコードとも呼ばれます) を検索するには。

NSlookup の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
200525 NSlookup.exe を使用します。
インターネットのメール エクスチェン ジャーのレコードを取得する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
203204 XFOR インターネット メール エクスチェン ジャーのレコードを取得する方法

SMTP サービスを実行するサーバーで SMTP が開始されたことを確認します。SMTP が開始されたかどうかをテストするには、リモート サーバーから 220 応答が表示されることを確認し、この資料に記載されている基本的なテストを実行できます。これも、SMTP が実行されていることを確認します。

元に戻す画像を拡大する
注:
注:
  • 一部の Telnet アプリケーションでは入力されるコマンドを表示するローカル エコーを有効にする必要があります。これを行うには Microsoft Telnet セッション中に、次のように入力します。 local_echo のセット コマンド プロンプトにします。
  • Windows XP では、次のように入力します。 セット localecho 代わりに local_echo のセット.

基本的なテスト

ホスト コンピューターとリモート SMTP サーバーが通信できることを確認するには、以下の手順を実行します。場合は、次のエラー メッセージが表示されるは、いずれか、次のコマンドを入力した後、SMTP サーバーは、構文エラーまたは誤ったコマンドが原因入力内容を認識していません。
500 コマンドを認識できません。
チェックのコマンドをもう一度入力やマイクロソフトの SMTP サーバーに直接接続していることを確認します。

元に戻す画像を拡大する
注:
メモ Microsoft Telnet、Backspace キーを使用することはできません。コマンド入力の際、間違えたら Enter キーを押して新しいコマンドを開始する必要があります。

次の手順でコマンドラインから Telnet を実行します。
  1. コマンドラインを開くには、[スタート] ボタンを実行[名前] ボックスにcmdと入力をクリックし [ OK] をクリックします。
  2. Telnet セッションを開始するには、次の形式で、Telnet コマンドを使用しています。

    元に戻す画像を拡大する
    注:
    メモ 各行の入力後に Enter キーを押します。
    telnet サーバー名 ポート番号
    たとえば、次のように入力します。
    telnet mail.contoso.com 25
    元に戻す画像を拡大する
    注:
    メモ 交換することができます。 サーバー名 IP アドレスまたはへの接続に必要な SMTP サーバーの FQDN です。各コマンドの後 ENTER キーを押してしてください。

    コマンドが動作する場合は、次のような SMTP サーバーから応答を受け取ります。
    220 site.contoso.com Microsoft Exchange Internet Mail Connector <version number of the IMC>
    元に戻す画像を拡大する
    注:
    メモ マイクロソフトの SMTP サーバーまたはサード パーティ製の SMTP サーバーの別のバージョンがあるし、受信側のサーバーから別の応答が表示されます。220 応答で、サーバーの FQDN および SMTP のバージョンが表示されるは重要です。さらに、マイクロソフトの SMTP サーバーのすべてのバージョンは、220 応答に"Microsoft"という語を含めます。
  3. 次のコマンドを入力して、通信を開始します。
    EHLO 存在
    元に戻す画像を拡大する
    注:
    注:
    HELO コマンドを使用することができますが、EHLO は、マイクロソフトの SMTP の現在の実装でサポートされている拡張 SMTP 動詞セットに存在する動詞です。拡張 SMTP 動詞に問題があることと思われる場合を除き、EHLO を使用することをお勧めします。

    コマンドが成功すると、次の応答が表示されます。
    250 OK
  4. 人からのメッセージは、受信側の SMTP サーバーに通知するには、次のコマンドを入力します。
    メールの差出人。Admin@test.com
    元に戻す画像を拡大する
    注:
    メモ このアドレスは、必要な任意の SMTP アドレスをすることは、次の点を考慮することをお勧めします。
    • 一部の SMTP のメール システムからのメールに基づいてメッセージをフィルターする: アドレスし特定の IP アドレスに接続することはできませんまたは接続元の IP アドレスが、SMTP メール システムが存在するドメインが一致しない場合、SMTP メール システムにメールを送信するには、IP アドレスを許可しないことがあります。この例では、そのドメインとは 存在.
    • メッセージを送信するときに、有効な電子メール アドレスを使用しない場合は、配信不能レポート (NDR) が無効な IP アドレスに到達できないため、メッセージ配信の問題をしたかどうかを判断できません。有効な電子メール アドレスを使用する場合、SMTP サーバーから次の応答が表示されます。
      250 OK - MAIL FROM Admin@test.com
  5. 受信側の SMTP サーバーに送信される電子メール メッセージのアドレスを確認するには、次のコマンドを入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    注:
    メモ 常にドメインに電子メールを送信するのに有効な受信者 SMTP アドレスを使用することをお勧めします。たとえばを送信します。john@domain.com、ことを確認する必要があります john@domain.com ドメイン内に存在します。それ以外の場合、NDR が表示されます。

    次のコマンドおよび電子メール メッセージを送信する SMTP アドレスを入力します。
    RCPT TO: User@Domain.Com
    以下の応答が表示されます。
    250 OK - Recipient User@ Domain.Com
  6. データ送信の準備ができていることを SMTP サーバーに通知するには、次のコマンドを入力します。
    データ
    以下の応答が表示されます。
    354 Send data. End with CRLF.CRLF
  7. これで、メッセージの 822 または 2822年セクションの入力する準備が整いました。受信トレイでメッセージのこの部分が表示されます。件名の行を追加するには、次のコマンドを入力します。
    件名: テスト メッセージ
    2 回 Enter キーを押します。このコマンドからの応答は表示されません。

    元に戻す画像を拡大する
    注:
    メモ コマンドは要求のコメント (RFC) 822 および 2822年に準拠する必要があります。822 コマンドを空白行に続くことが必要とします。
  8. メッセージ本文のテキストを追加するには、次のコマンドを入力します。
    これは、テスト メッセージがこのコマンドからの応答は表示されません。
  9. 次の空白行にピリオド (.) を入力し、Enter キーを押します。以下の応答が表示されます。
    250 OK
  10. 次のコマンドを入力して、接続を閉じます。
    終了
    以下の応答が表示されます。
    221 closing connection
  11. 送信したメッセージを受信者が受け取ったことを確認します。アプリケーション イベント ログにエラー イベント メッセージが発生した場合、またはメッセージの受信に問題がある場合は、構成またはホストへの通信を確認します。

高度なテスト

この資料に記載されている基本的なテスト手順、に加えて両方向でメールをテストするには、配信済みメッセージを使用できます。このメソッドを使用するには、SMTP サーバーが着信接続を受け付ける SMTP サーバーの送信接続をテストするのには、送信者に、配信済みメッセージを生成することを確認します。

テスト メッセージの配信確認を要求するには、step5 で情報の配信済みメッセージを受け取ることができますが、有効な電子メール アドレスが提供されることになっていることを確認するには、「基本的なテスト」セクションを参照してください。で step6 の「基本的なテスト」のセクションでは、次コマンドを入力、Telnet セッションで。
RCPT TO:User@Site.Domain.Com 通知 = 成功、失敗

プロパティ

文書番号: 153119 - 最終更新日: 2013年12月4日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.0 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Internet Information Services 6.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB153119 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:153119
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com