[ACC] グループ クエリごとの上位 N 値を作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 153747
警告: は、基本的なマクロ、コーディング、および相互運用性のスキルが必要です。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料に示すを作成することができる 2 つの方法は、クエリを実行グループごとの上位の N アイテムのみを一覧表示します。これらのメソッドのいずれかを使用すると、クエリを作成することができますなどは、各地域のトップ 5 営業担当者だけが表示されます。

この資料に記載されている 2 番目のメソッドに精通しているユーザーを想定しています。Visual Basic アプリケーションと Microsoft Access を作成します。アプリケーションが Microsoft Access に付属のプログラミング ツールを使用します。Visual Basic for Applications の詳細についてを参照してください。"建物のアプリケーションで Microsoft Access"のマニュアルのバージョン。

詳細

クエリでグループ内上位 N アイテムのみを表示するには、[使用する必要があります。動的に、クエリ内のグループ化列を読み取り、抽出条件を指定します。各グループ内でアイテムの列に、上位 N 値を制限します。方法 1SQL サブクエリを使用して、最上位の n 個のアイテムの一覧を動的に生成するのには各グループを使用して、このリスト条件として項目の列をIN 演算子を使用します。方法 2 はユーザー定義関数を使用して内の n 番目の項目を取得するのには使用して特定のグループ、> =、n 番目戻ります演算子大きいアイテム。

方法 1

次の使用例は Northwind でクエリを作成する方法を示しています上の 3 つ在庫区分ごとに表示するサンプル データベース。SQL サブクエリは、上の 3 つの在庫を返すクエリを使用してください。特定の区分コード、および指定されている、演算子の使用に制限するには、レコードをメイン クエリがあります。

注: でステップ 5 の最後のアンダー スコア (_) で条件の例、行は、行連結文字として使用されます。アンダー スコアを削除します。抽出条件を使用する際の行の末尾から。

  1. サンプル データベース Northwind.mdb を開きます。
  2. [クエリ] タブをクリックし、[新規作成] をクリックします。
  3. デザイン ビューをクリックし、[OK] をクリックします。
  4. [テーブルの表示] ダイアログ ボックスで、カテゴリと商品を追加します。テーブル、および [閉じる] をクリックします。
  5. 以下のフィールドをクエリ グリッドに追加します。
    フィールド: 区分名
    並べ替え: 昇順

    フィールド: [商品名]

    フィールド: 在庫
    並べ替え: 降順
    検索条件: の (上位 3 在庫を製品から選択、_
    [区分コード] = [商品区分]。[区分コード]Order By Desc の在庫は)
  6. クエリを実行します。クエリは上位 3 在庫が返されることに注意してください。それぞれのカテゴリに対してします。

方法 2

次の使用例、Northwind 内のクエリを作成する方法を示しています。顧客ごとの最後の 5 受注を表示するサンプル データベースを配置しました。クエリを返す NthInGroup() という条件関数を使用して、固有の得意先コードを与え 5 最新受注。使用して、> =この関数と演算子を注文したすべての注文を返します各顧客の最新 5 番目に"受注日"以降。

  1. サンプル データベース Northwind.mdb を開きます。
  2. 新しいモジュールを作成し、宣言に次の行を追加セクションがない場合にします。
    明示的なオプション
  3. 次のプロシージャを作成します。
          Function NthInGroup(GroupID, N)
          ' Returns the Nth Item in GroupID for use as a Top N per group
          ' query criteria.
          Static LastGroupId, LastNthInGroup
          Dim ItemName, GroupIDName, GDC, SearchTable
          Dim SQL As String, rs As Recordset, db As DATABASE
    
          If (LastGroupId = GroupID) Then
             ' Returned saved result if function is called with the
             ' same GroupID more than once in a row.
             NthInGroup = LastNthInGroup
          Else
             ' Set the SQL statement parameters. These are the only items
             ' that need to be customized in this function.
             ' Set to Item field name.
             ItemName = "OrderDate"
             ' Set to Group ID field name.
             GroupIDName = "CustomerID"
             ' GroupID Delimiter Character:
             ' For Text use "'" (Note that this is a quotation mark, a space,
             ' an apostrophe, a space, and then a quotation mark. The spaces
             ' are necessary for SQL statements), Date "#", Numeric ""
             GDC = "'"
             ' Set to search table.
             SearchTable = "Orders"
             ' Build a Top N SQL statement dynamically given N and
             ' GroupID as parameters. Note that the sort is by the
             ' item in descending order, in order to get the Top N
             ' largest items.
             SQL = "Select Top " & N & " [" & ItemName & "] "
             SQL = SQL & "From [" & SearchTable & "] "
             SQL = SQL & "Where [" & GroupIDName & "]=" & GDC & GroupID & GDC _
                & " "
             SQL = SQL & "Order By [" & ItemName & "] Desc"
             ' Open up recordset on Top N SQL statement and read the
             ' last record to get the smallest item in the Top N.
             Set db = CurrentDb()
             Set rs = db.OpenRecordset(SQL)
             If (rs.BOF And rs.EOF) Then
                ' No matches found, return a null.
                LastNthInGroup = Null
                LastGroupId = GroupID
                NthInGroup = LastNthInGroup
                Else
                   ' Return the smallest Top N item in the group.
                   rs.MoveLast
                   LastNthInGroup = rs(ItemName)
                   LastGroupId = GroupID
                   NthInGroup = LastNthInGroup
                 End If
              End If
    
           End Function
    						
  4. この章では、コンパイルし、閉じて basTopN としてモジュールを保存します。、
  5. [クエリ] タブをクリックし、[新規作成] をクリックします。
  6. デザイン ビューをクリックし、[OK] をクリックします。
  7. [テーブルの表示] ダイアログ ボックスで、顧客および受注テーブルを追加します。[閉じる] をクリックします。
  8. 以下のフィールドをクエリ グリッドに追加します。
    フィールド: 得意先コード
    並べ替え: 昇順


    フィールド: 受注コード

    フィールド: 受注日
    並べ替え: 降順
    検索条件: > NthInGroup = ([得意先]. [[得意先コード]、5)
  9. クエリを実行します。すべてのユーザーに対して、少なくとも 5 必要注文、5 最新受注クエリが返されます。お客様には5 未満の注文をクエリのすべての注文を返します。

関連情報

サブクエリの詳細については、の検索します。 サブクエリ、し、SQL のサブクエリ Microsoft Access 97 のヘルプを使用します。

プロパティ

文書番号: 153747 - 最終更新日: 2011年7月4日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbprogramming kbmt KB153747 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:153747
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com