ACC: QueryTimeout 値を ODBC 接続を設定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 153756
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

重要: この資料にはレジストリの編集に関する情報が含まれます。レジストリを編集する前に、最初のバックアップ コピーをする必要があります、レジストリ ファイル (System.dat および User.dat)どちらも隠しファイルでは、Windows のフォルダーです。

詳細: するには、詳しい知識のあるコーディング、相互運用性、およびマルチ ユーザーのスキルが必要です。

この資料でクエリの QueryTimeout プロパティを設定する方法を示しています。ODBC データ ソースに対して実行します。

詳細

Microsoft SQL Server などの ODBC データベースを使用している場合があります。遅延は、ネットワーク トラフィックやサーバーの使用を ODBC のために。無限に待機せず、どのように前に待ち時間を指定できます。Microsoft Jet データベース エンジンはエラーを生成します。既定値QueryTimeout プロパティの設定値は 60 秒です。この設定は、長いことがあります。ODBC データ ソースに対して実行するのには、いくつかのクエリを許可するように十分な。は、次の 2 つの方法、QueryTimeout プロパティを変更する方法を示します。

注: 方法 1 を使用して QueryTimeout プロパティ値を変更する場合特定の QueryDef オブジェクトに格納されています。新しいクエリを作成すると、ユーザー インターフェイスを通じて Microsoft Access 97 は、QueryTimeout 内プロパティには既定の 60 になります。

注: 場合、手順使用に含まれる 2 を設定するメソッド内で、レジストリ内の新規または既存のクエリの QueryTimeout の値Microsoft Access は、60 の値を表示する続行、QueryTimeout プロパティです。内の値を設定すると、レジストリが大きい個々 のクエリ内で定義されている値よりも、Microsoft Access になります前に待機する期間を決定するのには、レジストリ内の値を使用します。QueryTimeout 発生します。

方法 1

このプロパティを設定するのには、サブルーチンを作成します。

作成し、データベースを開くと、次のサブルーチンを実行します。
   Sub SetTimeout()
      Dim Mydb as Database
      Set Mydb=CurrentDB
      MYdb.QueryTimeout=120
  End Sub
				

このプロパティを設定すると、Windows レジストリの設定をオーバーライドまたは既定値です。

注: QueryTimeout プロパティに問題がある場合は、Microsoft Jet の最新のバージョンにアップグレードする必要があります。データベース エンジンのバージョンの Access。次に、するまで、CurrentDB.QueryTimeout に問題があるでもみることができます。DBEngine (0)(0)。ただし、現在あるお勧めMicrosoft Jet データベース エンジンのバージョン。

Microsoft Jet 3.51 の入手方法の詳細についてを参照してください、以下の資料は、マイクロソフト サポート技術。

172733 [Acc97]: Microsoft Jet 3.5 の更新をダウンロード

DBEngine の使用例


  Sub mytest()
     Dim mydb As Database
     Set mydb = DBEngine(0)(0)
     mydb.QueryTimeout = 120
     MsgBox mydb.QueryTimeout
  End Sub
				

方法 2

レジストリで、プロパティを設定します。

警告: レジストリ エディターを誤って使用する深刻な問題を起こすことWindows を再インストールする必要があります。マイクロソフトは、レジストリ エディターの誤用により発生した問題を解決できます。お客様の責任においてレジストリ エディターを使用します。

レジストリの編集方法の詳細についてを変更するキーと表示します。値オンライン ヘルプ トピックでレジストリ エディター (Regedit.exe)。メモは、レジストリ ファイル (System.dat および User.dat) のバックアップ コピーを作成する必要があります。レジストリを編集する前にします。

Microsoft Access 97 を使用します。


  1. 次のレジストリ キーに移動します。
         HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Jet\3.5\Engines\ODBC
    						
  2. QueryTimeout を選択、[編集] をクリックし、変更します。DWORD を変更します。必要な設定値です。値の数を表す秒単位のタイムアウト。

Microsoft Access のバージョン 7.0 を使用してください。


  1. 次のレジストリ キーを作成します。
        HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Access\7.0\Jet\3.0\Engines\ODBC
    						
  2. [変更] をクリックし、[DWORD 値] を選択します。QueryTimeout の追加し、設定タイムアウト値には整数値。この値は、番号を表す秒単位のタイムアウト。
注: これを変更すると Access の間レジストリしました実行している場合は、まず閉じる、して変更する前に Microsoft Access をいったん認識されます。

関連情報

システム レジストリのバックアップ方法の詳細についてを参照してください、以下の資料は、マイクロソフト サポート技術。

135120 レジストリのバックアップの構成のバックアップ ツール

プロパティ

文書番号: 153756 - 最終更新日: 2011年7月4日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbusage kbmt KB153756 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:153756
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com