3Com Fast EtherLink および 3Com EtherLink III のアダプタ構成

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 154989 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、3 Com 高速 EtherLink と、3 Com EtherLink III バス マスター アダプターの構成と診断プログラムの手順について説明します。

詳細

プログラムの構成部分では、アダプターの構成パラメーターを変更できます。 これにより、アダプターがインストールされている特定の環境に合わせてできます。 診断の構成と診断プログラムの部分は、コンピューターに正しく機能しているいて、アダプターが正しくインストールされているを確認されています。 グループ 1 のテスト物理コンポーネント、コネクタ、およびアダプターの回路を確認し、コンピューターで、アダプターがインストールされるのみが必要があります。 Group 2 テストは、ネットワーク上のデータを伝送し、ループバック プラグまたはネットワーク アダプターは接続されていることを必要とするアダプターの機能をチェックします。 グループ 3 テストは正しく送信しネットワーク経由でデータを受け取るし、アダプター上にエコー サーバーが設定されて、ネットワークに接続を必要とするアダプターの機能を確認します。

実行して、アダプターを構成またはテストを含むコンピューターいる必要があります MS-DOS のみ。

注: は場合、運用サーバーをこのコンピューターには、作業内容を保存して、ネットワークからログオフ サーバーのすべてのユーザー通知します。 構成と診断プログラムが保存されていない作業可能性があります失われるので、サーバーおよびワークステーションの通常の操作を中断します。

サーバーのシャットダウンし、MS-DOS のみディスクで再起動します。 このようにドライバーまたは TSR 実行されますなし、プログラムの起動時。

構成と診断プログラムを起動します。

プログラムを起動する方法を 2 つがあります。
  • Install.exe プログラム、[構成と診断のサブメニューで、オプションを選択から自動的にします。

    - または -
  • 次のコマンドを入力して、EtherDisk ディスクのルート ディレクトリ: から手動で

    3C59XCFG [コマンドのキーワード] [パラメーター ボックスの一覧]

    3C59XCFG は、3 Com の構成と診断プログラム名を表します。 中かっこ ({}) は、コマンドのキーワードとパラメーター リストいる省略可能なことを示します。

    引数なしの 3C59XCFG は、完全な Windows モードでプログラムを呼び出します。 これにはマウス サポートと状況依存のヘルプが含まれます。 F1 キーを押す、いつでもヘルプ。

コマンド ラインのキーワード

ショートカットとして任意のコマンドまたはパラメーターの最初の 2 つの文字を使用できます。 たとえば、3C59XCFG HE RU は 3C59XCFG HELP 実行します。 また、コマンド キーワードとパラメーターはしない大文字と小文字を区別します。 下のコマンド ラインのキーワードとその説明の一覧のクリックしてください。
   Keyword      Description
   ------------------------
   Configure    Configures an adapter in one of three ways:
                1. Automatically with /auto parameter
                2. Using a specified adapter configuration file
                3. Using command-line configuration parameters

   Echoserver   Enables a designated adapter to function within the echo
                server.

   Help         Displays general or command-specific help information. To
                get command-specific help, type:

                   3C59XCFG Help [command keyword]

   Language     Invokes the program in full Windows mode using a specified
                external resource file. This option provides support for
                multiple languages via a different resource file for each
                language supported.

   List         Displays a list of installed adapters recognized by this
                program and their assigned adapter numbers.

   Run          Runs the diagnostic tests (which can also be specified
                from a file) on a selected adapter and writes the results
                to the screen, a file, or a printer.

CONFIGURATION
=============

The adapter can be configured in one of the following four ways, which are
described in greater detail below:

 - Full-Screen Windows Mode
 - Command Line with Auto Configuration
 - Command Line with Explicit Parameters
 - Command Line with Configuration File

   Full Screen Windows Mode
   ------------------------

   To configure the adapter using the full-screen windowing, type

      3C59XCFG

   and press ENTER. Then click Configure Adapter on the Install menu.

   Command Line Options
   --------------------

   Defaults: Configure has /Auto and /Adapternum:1 as defaults. For
   example, if only "3C59XCFG Configure" is used, adapter 1 will be
   automatically configured.

   /Adapternum:<N> specifies the adapter number to be configured for PCI
   and EISA computers. Run the LIST command separately to determine the
   adapter number to use here.

   /Slot:<S> specifies the physical slot number of the adapter to be
   configured in EISA computers.

   NOTE: The /Adapternum:<N> and /Slot:<S> parameters can be used with any
   of the Configure options that follow. They are both intended for use
   whenever multiple adapters are present in the computer and recognized by
   the Configuration and Diagnostic Program.

   Command Line with Auto Configuration
   ------------------------------------

   Command syntax: 3C59XCFG Configure /Auto

   The /Auto parameter configures the adapter to automatically select the
   media type. All other option settings are left unchanged.

   NOTE: To set the media type, the program will attempt to detect what
   media type is being used. Therefore, you should connect to the network
   first, then run /Auto, and it will configure the media type for you.

   Command Line with Explicit Parameters
   -------------------------------------

   Command syntax:  3C59XCFG Configure [/Bsize:<N> /Xcvr:<N> /Tr:<N>
                    /Fullduplex:<N> /Optimize:<N> /Linkbeat:<N>]

   Command-line configuration parameters are used to configure the adapter
   using only the option settings you specify. Some parameters are for all
   adapters, while others are for PCI only. For example, /Bsize:<N> is a
   PCI- only parameter, because with EISA adapters, the computer vendor's
   configuration utility or the option disk handles the setting of the Boot
   PROM size. In most cases, any combination of parameters can be used.
   Therefore, it is possible to modify only a few settings if needed. See
   below for a list of parameters.

      Parameter       Description
      ---------------------------

      /Bsize          Boot PROM Size (PCI only).
                      Possible values - 8, 16, 32, 64, Disabled.

      /Tr (or /Xcvr)  Transceiver (PCI only).
                      Possible values - 100BASE-TX, Tp, 10BASE-T (same as
                      Tp), Coax, Aui, External (same as Aui).

      /Optimize       Network Driver Optimization.
                      Possible values - Normal, Network, Cpu.

      /Linkbeat       Link beat enable/disable (pre-10BASE-T standard
                      only).
                      Possible values - Enabled, Disabled.

                      NOTE: Try this setting ONLY if pre-10BASE-T standard
                      hubs are in use.

      /Fullduplex     Full duplex enable or disable (for 10BASE-T only).
                      Possible values - Enabled, Disabled.

                      NOTE: Enable this setting ONLY when the adapter is
                      connected to a 10BASE-T repeater supporting full
                      duplex.
                      Otherwise, it will bring down the network.

   Command Line with Configuration File
   ------------------------------------

   Command syntax: 3C59XCFG Configure /Configfile:<filename>

   This syntax is used to configure an adapter with the settings specified
   in an ASCII configuration file that can be created and modified by any
   text editor. The file name can be a fully qualified MS-DOS file name
   including a path. A standard format for the file must be used, as
   follows:

    - Variable names and values should match the wording in the full-screen
      configuration window in most cases.

    - Each variable or value line should begin with an "at" symbol (@),
      followed by a variable name, a colon (:), and the value.

      For example: @Media type: 100BASE-TX

    - Any comment lines should start with a semicolon (;).

    - Blank lines and other white space is allowed between variable lines.

    - The variable names allowed are:

         Boot PROM size
         Media type
         Network driver optimization
         Full Duplex
         Link beat

    - The values allowed are the same as those shown in the full-screen
      configuration window.

      Example 1: @Network driver optimization:Normal
      Example 2: @Media type:On-board Coax

DIAGNOSTICS
===========

 - Full screen Windows mode:

   To run the diagnostic tests using full-screen windowing, type
   "3C59XCFG" (without the quotes) and press ENTER. Then click Run Tests on
   the Tests menu.

 - Command-line option:

   Command syntax: 3C59XCFG Run [/Testfile:<filename>]
   [/RESULTS:[<filename> | PRN | PRNHP]] [/ADAPTERNUM:<N> | /SLOT:<S>]

   The Run parameter runs the diagnostic tests on a selected adapter
   and displays the results on the screen. The defaults are Adapter 1 and
   Group 1 tests. The parameters below are all optional.

      /Testfile:<filename> specifies a test file that contains a specific
      test setup description.

      /Results:[<filename> or PRN or PRNHP] specifies an alternative
      location to store the test results. This location can be an MS-DOS
      path and filename, PRN printer port (same as LPT1), or PRNHP, which
      is an HP LaserJet printer connected to LPT1.

      /Adapternum:<N> specifies the adapter number to be tested, in the
      case of multiple adapters installed in the computer and recognized by
      this program. Run the List command separately (see List below) to
      determine the adapter number to use.

      /Slot:<S> specifies the physical slot number of the adapter to be
      tested when multiple adapters are installed in EISA computers.

OTHER COMMAND LINE OPTIONS
==========================

 - Help

   Command syntax: 3C59XCFG Help [Command Keyword]

   Help is an online summary of commands. Without a command keyword, it
   gives a summary of the command keywords. With a command keyword
   specified, it gives the parameter choices for that particular command.
   For example, "3C59XCFG Help Configure" gives details about the parameter
   options for the Configure command.

 - Language

   Command syntax: 3C59XCFG Language /Langfile:<filename>

   Language invokes the program in full Windows mode using a specified
   external resource file. This option provides support for multiple
   languages via a different resource file for each language supported.

   This command requires the /Langfile:<filename> parameter. The
   file name is the name of the resource file that is loaded by the
   program. The file name can be a fully qualified MS-DOS file name.

   NOTE: At this time, there are no alternate resource files included on
   the EtherDisk disk.

 - List

   Command syntax: 3C59XCFG List

   List displays a list of currently installed adapters (and their assigned
   adapter numbers) that are recognized by this program. The adapter number
   is then used as the <N> value for the /Adapternum:<N> parameter when
   multiple adapters are installed. There are no parameters associated with
   the List command keyword.

 - Echoserver

   Command syntax: 3C59XCFG Echoserver [/Adapternum:<N> | /Slot:<S>]

   Echoserver enables an adapter to function within an echo server.
   In the case of multiple adapters, /Adapternum:<N> specifies the adapter
   number to be configured in the echo server. The /Slot:<S> parameter is
   available only on EISA computers, and refers to the physical slot in the
   echo server where the adapter is located.

FURTHER ASSISTANCE
==================

If the adapter fails any of the diagnostic tests, see the Trouble.txt file
in the Diag directory on the EtherDisk disk for troubleshooting
procedures.

The Support.txt file in the Info directory on the EtherDisk disk provides
information about obtaining product support for the adapter.

				
EtherDisk、EtherLink、3 Com は 3 Com 社の登録商標です。 その他のすべての商標は各社のします。

詳細についてで、3com 社のテクニカル サポートに問い合わせてください: (800) 876-3266 です。

ここに含まれる製品はマイクロソフトとは無関係のベンダーによって製造された。 保証、黙示またはそれ以外の場合、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてを行うことがありません。

プロパティ

文書番号: 154989 - 最終更新日: 2014年2月22日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 3.5
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbsetup kb3rdparty kbmt KB154989 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:154989
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com