Windiff.exe ユーティリティの使用方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 159214 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP159214
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Windiff.exe ツールの使用方法について説明します。このツールを使用すると、2 つの ASCII ファイルの内容、または ASCII ファイルを含む 2 つのフォルダーの内容を視覚的に比較して、それらが同じかどうかを検証することができます。ファイルのバイト数と作成日は、検証に使用されません。

プログラムの動作が異常となり、ファイルの破損が疑われる場合があります。または、2 つのファイルのバイト数が同じでも、日付が異なっていると考えられる場合があります。こうした場合、この 2 つのファイルが同じであるかどうかの確認が必要になります。ファイルに疑いがある場合、正常であることが確認されているファイルから再コピーするのが一般的な方法です。この解決策により、問題が解決される場合もありますが、元のファイルが壊れていたのかどうかの確認はできません。この確認が重要な場合があります。これは、ファイルの破損が、使用しているネットワークやシステムの問題が原因で発生している可能性があるからです。

詳細

Windiff.exe は、Microsoft Windows 2000 以降のオリジナルの CD-ROM の Support\Tools フォルダーに収められています。サポート ツールをインストールするには、Support\Tools フォルダーの Setup.exe を実行します。Windiff.exe は、Support.cab ファイルにも収められています。Support.cab は、各 Service Pack に含まれています。

Windows 2000 サポート ツールのインストール方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
301423 Windows 2000 サポート ツールを Windows 2000 Server ベースのコンピューターにインストールする方法


Microsoft Windows NT では、Windiff.exe は Windows NT 4.0 リソース キットに含まれています。Windows NT 4.0 リソース キット サポート ツールをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc767868.aspx
Windiff.exe ユーティリティは、指定した ASCII テキスト ファイル間の相違点、または ASCII テキスト ファイルを含むフォルダー間の相違点を視覚的に示します。このユーティリティは、プログラムのソース コードを比較する場合に特に役立ちます。Windiff.exe を使用して、サブフォルダー ツリー全体を比較することができます。結果画面には、ファイル リストの比較状態の概要 (アウトライン モード) またはファイルの行ごとの詳細な比較内容 (拡張モード) のいずれかが表示されます。

Windiff.exe を使用して 2 つのファイルを比較するには、以下の手順を実行します。
  1. Windiff.exe を起動します。
  2. [File] メニューの [Compare Files] をクリックします。
  3. [Select First File] ダイアログ ボックスで、比較対象となる最初のファイルのファイル名を検索してクリックし、[開く] をクリックします。
  4. [Select Second File] ダイアログ ボックスで、比較対象となる 2 番目のファイル名を検索してクリックし、[開く] をクリックします。

    右側のウィンドウに、ファイルに相違点があるかどうかを示す情報が表示されます。
  5. ファイルの実際の相違点を表示するには、Windiff.exe の出力結果の 1 行目をクリックし、[Expand] メニューの [Left File Only]、[Right File Only]、または [Both Files] をクリックします。

    色分けされた結果が表示され、ファイルの相違点が示されます。
Windiff.exe を使用して 2 つのフォルダーを比較するには、以下の手順を実行します。
  1. Windiff.exe を起動します。
  2. [File] メニューの [Compare Directories] をクリックします。
  3. [Select Directories] ダイアログ ボックスの [Dir1] および [Dir2] ボックスに、比較対象となる 2 つのフォルダー名をそれぞれ入力します。サブフォルダーも比較対象とする場合は、[Include subdirectories] チェック ボックスをオンにします。

    右側のウィンドウに、2 つのフォルダーの相違点が表示されます。
  4. ファイルの実際の相違点を表示するには、Windiff.exe の出力結果の任意の行をクリックし、[Expand] メニューの [Left File Only]、[Right File Only]、または [Both Files] をクリックします。

    色分けされた結果が表示され、ファイルの相違点が示されます。
コマンド ラインから Windiff.exe を実行することもできます。実行方法の詳細、または Windiff.exe の使用方法の関連情報については、Windiff.exe のヘルプ ファイル (Windiff.hlp) を参照してください。

Windiff.exe 以外にも、ローカルの ASCII ファイルとバイナリ ファイルの比較や、リモート サイトにある破損の可能性のあるファイルとローカル ファイルの比較に使用できるユーティリティが存在します。

ローカル サイトにある 2 つのファイルまたはファイル グループを比較するには、Fc.exe ファイルと Comp.exe ファイルの比較コマンドを使用します。どちらのコマンドも、コマンド プロンプトから実行します。

Fc.exe を使用すると、2 つの ASCII ファイルまたはバイナリ ファイルを 1 行ずつ比較することができます。この Fc.exe では、いくつかのコマンド ライン オプションを使用できます。たとえば、fc /b を使用して、2 つのバイナリ ファイルを比較することができます。すべてのオプションの一覧を表示するには、コマンド プロンプトで「fc /?」と入力します。

Comp.exe を使用すると、ASCII ファイルとバイナリ ファイルの比較、および 2 つの異なるフォルダーに存在するファイル グループの比較を行うことができます。たとえば、あるフォルダー内のすべての .dll ファイルと、別のコンピューターの同じフォルダーに存在するすべての .dll ファイルを比較するには、コマンド プロンプトに次のように入力します。
comp C:\Winnt\System32\*.dll \\DifferentComputerName\C$\Winnt\System32\*.dll
ローカル ファイルとリモート ファイルを比較する場合、サードパーティの圧縮ユーティリティ Pkzip.exe などのユーティリティを使用できます。この比較を実行するには、Pkzip.exe を使用して、ローカル サイトおよびリモート サイトの両方にあるファイルを圧縮します。大容量のファイルの圧縮には時間がかかる場合があるため、pkzip -e0 (非圧縮) オプションを使用する方が高速に処理できます。ファイルの圧縮が完了したら、pkzip -v コマンドを使用して、この .zip ファイルについて巡回冗長検査 (CRC32) の値を調べます。リモート サイトとローカル サイトの CRC32 の値が同じである場合、ファイルは同一です。

注: ファイルをリモート サイトに送る前に Pkzip.exe を使用してファイルを圧縮した場合、送信中にファイルが破損すると、埋め込まれた CRC32 により、解凍処理中にエラー メッセージが表示されます。エラー メッセージが表示されない場合、ファイルは破損のない状態で送信されています。

Windiff.exe を使用してレジストリ ファイルを比較する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
171780 WinDiff を使用して、レジストリ ファイルを比較する方法

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 159214 - 最終更新日: 2013年7月2日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
キーワード:?
kbhowto KB159214
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com