[XL97]: の説明とデータの入力規則の例

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 159252 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

データの入力規則は、Microsoft Excel 97 で利用可能な新しい機能です。 次の操作を実行できます。

  • セル内で許容される値を制限するエントリの一覧を作成します。
  • セルで使用できるデータの種類を説明するメッセージをプロンプト作成します。
  • メッセージを不正なデータが入力されているときに表示を作成します。
  • [ワークシート分析ツールバーを使用して間違ったエントリを確認します。
  • セルに入力できる数値の範囲を設定します。
  • 他のセル内の計算に基づくエントリが有効かどうかを判断します。

詳細

この資料でこの機能を実装する方法を説明する新しいデータの検証機能の例と同様に Microsoft Excel 97 を使用する方法をいくつかについて説明します。

注: 以下の例には新しい Excel 97 ブックを使用していると始まり、最初の例しまでを記載されている順の例を引き継ぐこと。

有効で、セル内のエントリの一覧を作成します。

ワークシートのセルに承認するエントリのリストを作成できます。 データ検証機能を使用して、リストから取得されたエントリだけを許可するセルを制限できます。

ドロップダウン リストを作成およびこれらのエントリをセルの値を制限する、次の操作を行います。

  1. セル A1 を選択します。
  2. [データ] メニューの [入力規則] をクリックします。
  3. [設定] タブで、リストできるようにするドロップダウン一覧を [します。
  4. 既定では、空白を無視してセルのドロップダウンのチェック ボックスがオンになって。 変更しないでください。
  5. [ソースの編集] ボックスに、 a、b、c を入力します。

    注: する入力も、名前付き範囲やセル参照値のリストが含まれる場合あります。 両方する必要がありますが、等号に付きます。
  6. 別のフロッピー ディスクの挿入を求めるメッセージが表示されます。

    セル A1 に横に、ドロップダウン リストし、このリストを使用して、セルに入力する値を選択することができます。
  7. ドロップダウン リストをクリックし、項目が含まれているを実行します。
この値は、セルに入力されます。

注: することができます手動で b または c セルに入力であるこれらの一覧から選択していない必要がある操作を行います。 手動で入力してその他すべてこれらの値と停止メッセージが表示このセル内の値を保持することはできません。 唯一のオプションは再試行またはキャンセルです。

セルで許可されるデータの種類の説明を [ダイアログを表示メッセージを作成します。

セルに入力できるデータの種類を説明するメッセージを作成できます。 セルを選択すると、メッセージが、セルの近くに表示されます。 必要に応じて、し、その他のセルに移動するときは、Esc キーを押しますまでがままの場合このメッセージを移動できます。 Office アシスタントが表示されて、メッセージが、上、Office アシスタントのバルーンで表示されます。

次の操作行います前の例を続行します。

  1. セル A1 を選択します。
  2. [データ] メニューの [入力規則] をクリックし、入力メッセージ] タブ。

    注: ["セルが選択されているときに入力メッセージを表示する] チェック ボックスがオンを確認します。
  3. エディット ボックスで、[タイトルを セル A1 のリスト を入力します。

    これは、表示されるメッセージ ボックスのタイトルです。 太字のテキストです。
  4. [入力メッセージの編集] ボックスに、入力 か a、b の選択一覧ドロップダウンから c または

    これは、表示されるメッセージの本文です。
  5. 別のフロッピー ディスクの挿入を求めるメッセージが表示されます。

    メッセージは、セル A1 が選択ために表示されます。
  6. セル A10 を選択します。

    セル A1 とセル A1 の両方が表示されないメッセージの横にドロップダウン リスト。
  7. セル A1 を選択します。

    セル A1 の横にドロップダウン リストと、メッセージの両方が表示されます。

    注: Office アシスタントが表示されている場合、プロンプト メッセージが表示されます上、Office アシスタントのバルーンを。
  8. メッセージは、ワークシート内で別の場所に移動します。

    別のセルを選択して再度セル A1 を選択してのメッセージがその新しい場所に表示されます。

    注: このメッセージの書式設定を変更する方法はありません。

表示される無効なデータが入力されているメッセージを作成します。

不正なデータを入力するときに Microsoft Excel を表示エラー メッセージのスタイルは、制限が適用されるかどうか決定します。 指定されている以外のデータ値を入力するを停止するメッセージを表示することができます。 説明を表示することもできます、-範囲外のデータ、または入力するように警告メッセージできますデータに対して制限を設定がすべてのメッセージは表示されません。

次の操作行います前の例を続行します。

  1. セル A1 を選択します。
  2. [データ] メニューの [入力規則] をクリックし、エラーの重要な警告] タブ。

    注: ["無効なデータの入力後は、エラー メッセージを表示する] チェック ボックスがオンを確認します。

    停止通知メッセージを作成します。

    停止通知メッセージを作成して、セルに無効なデータを入力する場合、のみ、オプション再試行またはキャンセルは] セルに無効なデータを入力することができません。


    1. [表示のスタイル] ボックスの一覧停止をします。
    2. タイトルでの編集ボックスを セル A1 の警告 を入力します。 これは、表示されるメッセージ ボックスのタイトルです。
    3. [エラー メッセージの編集] セル A1 ののみ許容の値は、a、b、または c 。 これはされは 225 文字に制限されているメッセージの本体です。
    4. 別のフロッピー ディスクの挿入を求めるメッセージが表示されます。
  3. セル A1 に t を入力して手動で。

    作成した警告の停止メッセージの表示され、唯一のオプションは再試行またはキャンセル。
  4. [キャンセル通知を停止メッセージ ボックスで] をクリックします。
  5. セル A1 を選択します。
  6. [データ] メニューの [入力規則] をクリックし、エラーの重要な警告] タブ。

    注: ["無効なデータの入力後は、エラー メッセージを表示する] チェック ボックスがオンを確認します。

    警告の重要な警告メッセージを作成します。

    警告メッセージを作成して、セルに無効なデータを入力する場合、は、オプションは警告の停止メッセージの少しより柔軟性です。 警告の通知メッセージには次の 3 つのオプションのアイコンが: 無効なデータの入力; いいえ、有効なデータを入力する機会を提供するを許可する] と [キャンセル]、無効なエントリを削除します。


    1. [表示スタイル] ボックスの一覧の警告。
    2. タイトルでの編集ボックスを セル A1 の警告 を入力します。 これは、表示されるメッセージ ボックスのタイトルです。
    3. [エラー メッセージの編集] セル A1 ののみ許容の値は、a、b、または c 。 これはされは 225 文字に制限されているメッセージの本体です。
    4. 別のフロッピー ディスクの挿入を求めるメッセージが表示されます。
  7. セル A1 に j を入力して手動で。

    続行する場合を確認する作成した警告メッセージが表示されます。
  8. [Yes/はい] をクリックします。

    セル A1 に"j"の無効な値が入力されます。
  9. セル A1 を選択します。
  10. [データ] メニューの [入力規則] をクリックし、エラーの重要な警告] タブ。

    注: ["無効なデータの入力後は、エラー メッセージを表示する] チェック ボックスがオンを確認します。

    情報、警告メッセージを作成します。

    情報メッセージを作成し、セルに無効なデータを入力して、オプションは、最も柔軟です。 ときに、情報アラート メッセージが表示されたら、[OK]、無効な値をクリックするか [キャンセル、拒否する] をクリックできます。

    1. [スタイル ボックスの一覧から、情報。
    2. タイトルでの編集ボックスを セル A1 の警告 を入力します。 これは、表示されるメッセージ ボックスのタイトルです。
    3. 「エラー メッセージ」編集ボックスで、入力 セル A1 に対してのみ使用可能な値は a、b、または c 。 これはされは 225 文字に制限されているメッセージの本体です。
    4. 別のフロッピー ディスクの挿入を求めるメッセージが表示されます。
  11. セル A1 に p を入力して手動で。

    同意または入力した値を拒否する場合を確認する作成した情報の通知メッセージが表示されます。
  12. 別のフロッピー ディスクの挿入を求めるメッセージが表示されます。

    "p"の無効な値がセル A1 に入力されます。

監査、ツールバーを使用して不適切なエントリの確認

データの入力後、設定した制限外にあるエントリを探すことができます。 円無効なデータ ワークシート分析] ツールバーをクリックすると間違ったエントリを含むセルの周囲の円表示されます。 無効なエントリを修正する場合は、円が消えます。

次の操作行います前の例を続行します。

  1. [ツール] メニューの [ユーザー設定] をクリックします。
  2. [ツールバー] タブの [ユーザー設定のダイアログ] をクリックします。
  3. ツールバーの一覧で (が選択されていない) 場合、監査チェック ボックスをオンを閉じるをクリックします。
  4. [ワークシート分析] ツールバーで円無効なデータ コントロールをクリックします。 セル A1 が丸します。
  5. セル A1 を選択します。
  6. セル A1 の横のドロップダウン矢印をクリックし、一覧のエントリのいずれ。 円が消えます。

セルに入力することはできる範囲の数値の値を設定します。

セルに入力できるデータに制限を配置できます、最小値と最大値設定するか、別のセルに、効果のエントリのチェックがあります。

  1. セル A5 を選択します。
  2. データ] メニューの [入力規則] をクリックし、[設定] タブ] をクリックします。
  3. [表示できるようにする] ボックスの一覧全体の数。
  4. [データ] ボックスの一覧の間にします。
  5. [最小値] ボックスに 1 を入力します。
  6. [最大] ボックスに 10 を入力します。

    注: 最小値と最大値を含むセルを指定するのに手順 5 と 6 のセル参照を使用できます。
  7. 別のフロッピー ディスクの挿入を求めるメッセージが表示されます。
  8. セル A5 に、値 3 を入力します。 値がエラーなし入力されます。
  9. セル A5 に、値の 33 を 入力します。

    データの検証の設定用に作成したセル A1 のため (、情報アラート) のセル A5 に適用されないと、(これは、既定値) 通知を停止のメッセージが表示され、唯一のオプションが [再試行] または [キャンセル] をクリックします。
  10. [キャンセル] をクリックします。 3 の値は、セルに表示されます。

特定のエントリが有効である別のセル内の計算に基づく

データの検証] ダイアログ ボックスでを使用して、数式、式または計算への参照別のセルにするエントリが有効でかどうかを判断します。

  1. セル B10 に、値 1 を入力します。
  2. セル A10 を選択します。
  3. データ] メニューの [入力規則] をクリックし、[設定] タブ] をクリックします。
  4. [許可するボックスの一覧から、ユーザー設定をします。
  5. [数式] ボックスに、次の数式を入力:
          =IF(A10>B10,TRUE,FALSE)
    						
    注: 等号 (=) で始まる必要があるした数式あり、その True または False のいずれかに評価する必要があります。 IF 関数に制限はありません。
  6. 別のフロッピー ディスクの挿入を求めるメッセージが表示されます。
  7. セル A10 に値 -1 を入力します。

    メッセージ、警告を停止という値が無効です。
  8. [再試行] をクリックします。
  9. セル A10 に値 3 を入力します。

    この値はセル B10 に入力した値より大きいので、エラー メッセージは表示されません。

関連情報

データの入力規則の詳細については、[キーワード] タブで Microsoft Excel 97 のヘルプをクリックし、次のテキストを入力します
データの検証、間違ったエントリを禁止します。
[選択した文字列「なセルに不正なデータをできないようにする入力」トピック」に進んでください] をダブルクリックします。

プロパティ

文書番号: 159252 - 最終更新日: 2014年2月11日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbualink97 kbfaq kbmt KB159252 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:159252
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com