ActiveX コントロールでは、Internet Explorer を使用する方法をライセンス供与

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 159923
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

A ライセンス コントロールが正常にロードはない ActiveX、コンピューター コントロールを使用するライセンスがない場合は、Internet Explorer の HTML ページ。たとえば、Microsoft Visual C を使用して、HTML コントロールをビルドするにはコントロールは、作成されたが、されていないコンピューター上でページをロードします。別のコンピューターに読み込みます。

ライセンス コントロールに HTML を使用するにはページ、ライセンスされていないコンピューターでは、ライセンス パッケージ (.lpk) を生成する必要がありますファイルです。.Lpk ファイルにはライセンス コントロール用のランタイム ライセンスが含まれています、HTML ページです。ライセンス パッケージ オーサリング ツール (Lpk_tool.exe) を使用してするのにはこのファイルを生成します。ライセンス パッケージ オーサリング ツールを入手するを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
ドキュメントですか。FamilyID = の d2728e89 ・ 575e ・ 42e9 ・ a6ff ・ 07d0021e68cc

HTML ページにコントロールを追加する手順

HTML ページにライセンス コントロールを埋め込むには、次の手順を実行します。
  1. Lpk_tool.exe を使用ライセンスがコンピューターで実行、コントロールです。
  2. 各ライセンスの ActiveX コントロールを選択します。HTML ページでは、使用し、 追加.
  3. クリックしてください。 Save & Exitをクリックして、LPK ファイルの名前を入力します。
  4. HTML ページでは、<object>タグを挿入する、他のタグの<object>ライセンス マネージャー オブジェクト。ライセンスマネージャーは、Internet Explorer がインストールされている、ActiveX コントロールです。</object></object>

    メモ この"5220cb21-c88d-11cf-b347-00aa00a28331"、CLASSID は、ライセンス マネージャーと ActiveX コントロールがありません。同じを使用する必要があります。LPK ファイルには、参照のたびに CLASSID。さらに、注意してください、 名前 プロパティを<param>タグ"LPKPath"として、設定は、 プロパティは、<param>、ライセンス マネージャー オブジェクトのタグファイル名およびパスを LPK をします。このパスは、相対パスですが使うことはできません。UNC 共有または別のドメイン上の URL を参照してください。

    行うことができますのでだけ各 HTML ページ LPK ファイルを 1 つのすべてが含まれているかどうかを確認LPK ファイルを作成する場合は、ページのライセンスの ActiveX コントロール。の例:
    <OBJECT CLASSID = "clsid:5220cb21-c88d-11cf-b347-00aa00a28331" VIEWASTEXT>
       <PARAM NAME="LPKPath" VALUE="relative URL to .LPK file">
    </OBJECT>
    					
  5. <object>タグは、ライセンスされたコントロールを挿入します。その後で。Microsoft マスク エディットを表示する HTML ページなどコントロールを表示すると次のように:<b00></b00></object>
    <OBJECT CLASSID="clsid:5220cb21-c88d-11cf-b347-00aa00a28331" VIEWASTEXT>
    <PARAM NAME="LPKPath" VALUE="maskedit.lpk">
    </OBJECT>
    
    <OBJECT CLASSID="clsid:C932BA85-4374-101B-A56C-00AA003668DC"
    WIDTH=100 HEIGHT=25 VIEWASTEXT>
    </OBJECT>
    					

トラブルシューティング

Web ページで、ライセンスされたコントロールを使用する前に、確認してください、次の項目:
  1. 再配布ライセンスがあることを確認、コントロールです。
  2. ライセンスは、インターネット上で使用を許可されていることを確認します。
  3. コードベース パラメーターは、<object>を指定した場合タグの ActiveX コントロールを使用、ライセンスによって許可されていることを確認してください。契約。ほとんどのサード パーティの企業、.cab のテスト バージョンを提供します。独自のコントロール用のファイルです。作成ソフトウェアのドキュメントを参照してください。命令をダウンロードします。<b00></b00></object>
この情報を確認するのには、使用許諾契約書を参照してください。対象となるコントロール。「転載」という用語は、意味とはどのように明示的に指定されてする権限があります。されていないアクティビティ許可 (またはあいまいです)、ライセンスで契約できるライセンス違反となります。

メモ ActiveX は、Microsoft Visual C を使うを制御し、Visual Basic はまたマイクロソフトのライセンス コントロールです。上記の手順を実行します。HTML ページを使用します。これらの .cab の署名付きバージョンがマイクロソフトを提供します。ファイルです。詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。


関連情報

CAB ファイルの配布の詳細については、Microsoft では、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
172991Visual Basic 5.0 で配布する CAB ファイル
のインターネット コンポーネントのダウンロード処理の詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の記事を参照します。
264570ウェブ キャスト: インターネット コンポーネント ダウンロードしくみ
252937 コードのダウンロードが失敗した理由の詳細についてを検索する方法
271594 インターネット コンポーネント ダウンロード オンライン トラブルシューティング ツールが利用可能です。
271273 ActiveX の 2 番目のライセンス付きコントロールが読み込まれない

プロパティ

文書番号: 159923 - 最終更新日: 2011年7月4日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbdownload kbctrl kbfaq kbcode kbmt KB159923 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:159923
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com