Word でハイパーリンクに関する一般情報を [WD97]:

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 159940 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、よく寄せられる質問を作成してハイパーリンクを Microsoft Word 97/98年で使用する方法を応答します。

詳細

  1. でスペースを含むファイル アドレスを入力すると、Word のアドレスを置き換えますハイパーリンク、Space キーを押した後。 方法が終了できる、Word のハイパーリンクに変換する前にスペースを含むアドレスを入力しますか?

    解答:
    スペースの含まれるアドレスを単一のアドレスとして Word に認識させるには、アドレスを引用符で囲みます。 アドレスを引用符で囲まない場合、Space キーを押した時点でハイパーリンクが作成されます。
  2. ハイパーリンクの自動設定を無効にする方法?

    解答:
    ハイパーリンクの自動設定を切るするには、以下行います。
    1. [ ツール ] メニューの [ オートコレクト ] をクリックし、[ オートフォーマット ] タブ。
    2. クリックして インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更 チェック ボックスをオフにします。
    3. [ OK] をクリックします。
  3. を変更する方法、表示テキストまたはハイパーリンクの画像が作成された後か

    解答:
    変更できます、表示テキストまたはハイパーリンクの画像、同様の文書のテキストやイメージを編集します。 リンク、ハイパーリンクによって表されるファイルを開いたりを回避するには、キーボードを使用して編集する前に、ハイパーリンクを選択します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. テキストまたはイメージの前にクリックします。
    2. 表示テキストまたはイメージを選択するには、Shift キーを押しながら → キーを押します。

      : コントロール + Shift キーを押しながら → を完全に一致する単語を選択するキーを押します。
    これで、イメージまたは型の新しいテキストを編集できます。

    関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください:
    155773[WD97]: ハイパーテキスト表示テキストを変更する URL を変更しません。
  4. 表示テキストまたはイメージを失わずに、ハイパーリンクを削除する方法?

    解答:
    表示テキストまたはイメージを失わずに、ハイパーリンクを削除するには、次の手順に従います。
    1. ハイパーリンクのテキストまたはイメージを右クリックしてハイパーリンク] をポイントして [ハイパーリンクの編集] をクリックします。
    2. [ハイパーリンクの編集] ダイアログ] リンクの削除を選択します。
  5. 、基になる (URL) のハイパーリンクを変更する方法?

    解答:
    ハイパーリンクのリンク先 URL を変更するには、次の手順を実行します:
    1. ハイパーリンクのテキストまたはイメージを右クリックしてハイパーリンク] をポイントして [ハイパーリンクの編集] をクリックします。
    2. ハイパーリンクの編集 ] ダイアログ ボックスで入力または、 ファイルまたは URL へのリンク リスト ボックスから URL を選択します。

      : 既定では、 ファイルまたは URL へリンク ] ボックスは 248 文字へのハイパーリンクの合計の長さを制限します。
    3. [ OK] をクリックします。
  6. 、同じドキュメント内場所へのハイパーリンクを作成する方法?

    解答:
    同じ文書の特定の場所をリンク先としてハイパーリンクを作成するには、次のいずれかの方法を使用します:
    方法 1 : ドラッグ アンド ドロップ機能を使用します。 ドラッグ アンド ドロップ操作でハイパーリンクを作成するには、次の手順を実行します:

    1. 文書を保存します。
    2. 単語、語句、またはハイパーリンクのリンク先として使用するイメージを選択します。
    3. [マウスの右ボタン、選択範囲を新しい場所にドラッグしますながらし、マウス ボタンを離します。
    4. ハイパーリンクのここに作成] をクリックします。
    方法 2 : ブックマークを作成してから、ブックマークへのリンクを作成します。 この方法で、ハイパーリンクを作成、次の手順に従います。

    1. 文書を保存します。
    2. テキストまたはハイパーリンクのリンク先として使用するイメージを選択します。
    3. [ 挿入 ] の [ ブックマーク ] をクリックします。
    4. [ ブックマーク名 </a0>]、一意の名前のブックマークを入力し、[ 追加 ] をクリックします。
    5. 文書内のハイパーリンクを作成する位置にカーソルを移動します。
    6. [ 挿入 ] の [ ハイパーリンク ] をクリックします。
    7. [ (オプション) ファイル内の名前の位置 ] ボックスに、ブックマーク名を入力します。 または、 参照] をクリックしてを使用して、目的のブックマークを選択して [ OK] をクリックします。
    8. [ OK] をクリックします。
  7. 相対と絶対ハイパーリンクとの差を教えますか

    解答:
    絶対ハイパーリンク ジャンプ先の完全なアドレスを使って文書、相対ハイパーリンクが含まれているドキュメントのアドレスをハイパーリンクの基点とも呼ばれるに対するアドレスを使用します。 たとえば、アドレスが"c:\My Documents\1996 report.doc"文書が持つ完全なアドレス (および絶対ハイパーリンク) は"c:\My Documents\April\Sales.doc:"ドキュメントに絶対と相対ハイパーリンク 相対ハイパーリンクだけは、売上.doc、相対アドレスが"April\Sales.doc"します。 ファイルを Web サーバーなどの別の場所へ移動またはコピーする必要がある場合は、相対リンクを使用します。
  8. Word でハイパーリンクをクリックすると、ファイルを開くプログラムを登録しないことを示すメッセージが表示されます。 ファイルを開くに何を行いますか?

    解答:
    このメッセージ Windows がハイパーリンクのパスで指定された文書の種類に関連付けられたプログラムが見つかりません。 この情報は、ハイパーリンク アドレスの拡張機能にエンコードされます。 ハイパーリンクを表示するには、ポップ ヒント] をオンにし、ハイパーリンクの上マウス ポインターを置きます。 (このオプションをオンにするにはを [ ツール ] メニューを検索するには、[ オプション ] をクリックし、[ 表示 ] タブ。)
    この問題を解決するには、ドキュメントの種類のハイパーリンクで指定されたに関連付けられたプログラム インストールします。

    ファイル拡張子とは、アドレス内の最後のピリオドの後に続く文字列のことです。 次の表に、Office ドキュメントの種類とその拡張子の示しています。
    元に戻す全体を表示する
    文書の種類拡張機能
    Microsoft Access データベース.mdb
    Microsoft Excel ブック.xls
    Microsoft PowerPoint プレゼンテーション.pot
    Microsoft Project のスケジュール.prj
    Microsoft Publisher の標準ドキュメント.pub
    Microsoft Word 文書.doc

プロパティ

文書番号: 159940 - 最終更新日: 2007年1月19日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 97 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbualink97 kbweb kbmt KB159940 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:159940
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com