Access のアプリケーションとしては、分割データベース アプリケーションを再配布するときの問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 162522
詳細: エキスパート コーディング、相互運用性、およびマルチ ユーザーを必要します。スキル。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

説明と対処すべき問題Microsoft Office の開発者を使用して、Microsoft Access のアプリケーションとしては、分割データベース アプリケーションを再配布します。Edition ツール (持つ) や Microsoft Access の開発者の Toolkit (ADT) version 7.0ツールです。この資料で、次のトピックを説明します。
  • 分割データベース アプリケーションを教えてください。
  • セットアップ ファイルを作成します。
  • リンク テーブルを更新します。

詳細

分割データベース アプリケーションを教えてください。

データベースの分割には、2 つのデータベース ファイルで構成されます。1 つのデータベース(バック エンド データベースと呼ばれます) は、テーブルとリレーションシップだけが含まれているとネットワーク ファイル サーバー上に存在します。その他のデータベース (と呼ばれる、フロント エンド データベース) には、他のすべてのデータベース オブジェクトが含まれていますクエリ、フォーム、。各ユーザーのコンピューターに、レポート、マクロ、およびモジュール。

A分割データベースの設計をシステムは、マルチ ユーザー環境で良好に動作し、これらを提供しています場合の利点:
  • パフォーマンスが向上アプリケーションの部分データベースは、ユーザー インターフェイスをユーザーのローカル ハード ディスク上です。
  • データのみを転送するためにネットワーク トラフィックが削減されます。ネットワーク上でです。データベース内の他のすべてのオブジェクトはローカルです。
  • アプリケーションを更新する方が簡単です。デザインを変更することができます。フロント エンド データベースに変更し、変更をユーザーに配布バックエンド データベース内のデータを変更せずします。
  • 非ランタイム環境では、ユーザー自身作成できます。クエリ、フォーム、またはレポートをその他に影響を及ぼすことがなくなどのカスタム オブジェクトユーザーできます。
アプリケーションを開発すると、手動で作成できます、バック エンド データベースは、テーブルをエクスポートし、それらをリンクする、フロント エンド データベースは、データベース分割ツールのウィザード使用できます。作業を自動的に実行するには、[アクセス] をクリックします。

セットアップ ファイルを作成します。

分割データベース アプリケーションを配布する場合は、左右対称をガイドします。セットアップ ファイルの集合の分割: 1 つのセットアップは、フロント エンド データベースとすべてのサポート ファイル、および 1 のセットアップを含むバックエンド データベースそのファイルのみと、必要に応じて、readme。

セットアップは、バック エンド データベースはする必要はありませんが、ショートカット、レジストリ値、またはコンポーネントを追加します。ただし、セットアップ ウィザードが自動的に含まれますMicrosoft Access のセットアップ ファイルとファイル サーバーとバック エンドにそれらのファイルをインストールします。データベースです。

アプリケーションを配布する場合は、ネットワークを指示します。または、バック エンド データベースのセットアップ プログラムを実行するシステム管理者ネットワーク ファイル サーバー最初します。また指示を提供、適切なアクセス許可が、読み取り、書き込みなど、あるフォルダーには、作成、および削除します。リリース ノートおよびその他の命令を含めることができます。ファイルし、設定に、バック エンドの一部として、Readme ファイルを含めるデータベースです。

セットアップ後に、適切なファイル、ファイルをインストールします。サーバーは、フロント エンドのセットアップ プログラムを実行するのには、すべてのユーザーを指示します。データベースです。このセットアップ プログラムは、メインのアプリケーションとのすべての設定は、Microsoft Access ランタイム ファイルを各ユーザーのコンピューターにします。

リンク テーブルを更新します。

ネットワーク ファイル サーバー上のバックエンド データベースをセットアップした後、フロント エンド データベースを更新するメカニズムを用意する必要があります、リンク テーブルの接続します。実際には、これは Visual Basic を実行することをお勧めです。各プロシージャにいることを確認するのには、フロント エンド データベースは開きますテーブルへのリンク有効であるとそうでない場合は、それらを更新します。これは、可能性を防ぐことができます。問題、バック エンド データベースを別の場所にユーザーを移動すると、または場合は、ユーザーのローカル コンピューターは、ネットワーク サーバーに誤ってマップされます。

含まれているソリューションの開発サンプル アプリケーション (Solutions.mdb)Microsoft Access には、modRefreshTableLinks と呼ばれるモジュールが含まれている (またはRefreshTableLinks バージョン 7.0 で) を基準として執筆を使用すると、テーブルのリンクを更新するのには、Visual Basic プロシージャを所有します。実行できます、スタートアップ フォームの OnLoad イベントで、または、AutoExec マクロ内での手順そのテーブルへのリンクを確認かするたびに更新するため、アプリケーションで、アプリケーションが起動します。

独自のアプリケーションで使用する modRefreshTableLinks をカスタマイズする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
154397Solutions.mdb で RefreshTableLinks のモジュールを変更する方法
メモ ネットワーク トポロジをエミュレートできる場合は、アプリケーションのユーザーが、テーブルのリンクを更新する必要はありません。アプリケーション (フロント エンド) データベースです。たとえば、データがわかっている場合g: が割り当て済みのネットワークが G:\MyAppFolder には、(バック エンド) データベースが存在します。ドライブをことができます、ドライブの割り当てと同様、開発環境とG:\MyAppFolder では、バックエンド データベースを配置します。次に、公開する場合、お客様アプリケーションは、各テーブルの接続プロパティが、正しい入りますバックエンド データベースへのパス。ただし、管理できないためかどうかユーザー別の場所または各ユーザーをマップする方法をバック エンド データベースを移動します。ネットワーク ドライブ、テーブルへのリンクを更新する手順を追加する必要がありますすべて分割データベース アプリケーション。

関連情報

データベース分割ツールのウィザードを使用する方法の詳細については、[データベース分割"、ヘルプを検索します。

プロパティ

文書番号: 162522 - 最終更新日: 2011年9月17日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbfaq kbusage kbmt KB162522 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:162522
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com