[INFO] 現在ダウンロード可能な Microsoft VM のビル

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 163637 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

現在のバージョンまたは Microsoft 仮想マシン(Microsoft VM)のビルド番号が 3810 です。 これ以前のバージョンは、重要な更新 816093 をインストールすることでビルド 3810 にアップデートできます。 重要な更新 816093 のダウンロードおよびインストールに関する詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
816093 MS03-011: Microsoft VM の問題によりシステムが侵害されます。
Microsoft 仮想マシンについての詳細は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/mscorp/java/
メモ
  • Microsoft では、 Microsoft VM が既にインストールされないコンピュータに Microsoft VM のダウンロード バージョンを提供しません。 Microsoft VM がインストールされていないコンピュータには、Microsoft VM のアップデートをインストールできません。 Microsoft VM がコンピュータにインストールされない場合、 Windows Update は Microsoft VM に更新を提供しません。
  • Microsoft VM をアップデートするときには、Microsoft VM が停止しているか確認します。 Internet Explorer のセッションで Java アプレットが動作している場合は、Internet Explorer を終了したうえで、Microsoft VM にアップデートをインストールします。 場合によって Microsoft VM をアンロードするために、(Active Desktop からすべての Java コンポーネントを一時的に削除した後に、) Internet Explorer 4. x を使用している場合、または Active Desktop で新しいによって有効に設定される場合、コンピュータを再起動する必要があります。

詳細

Microsoft VM がインストールされているかどうか、または、インストールされているバージョンを確認するには、%Windir%\System フォルダまたは %Windir%\System32 フォルダにある Msjava.dll を検索します。 実行している Microsoft VM のバージョンかどうか調べるために、通常 Microsoft VM コマンドライン インタープリタ(Jview.exe)を使用します。 次の手順を実行します。
  1. 開始をクリックし、 ファイル名を指定して実行を次にクリックします。
  2. ファイルを開くテキスト ボックスでオペレーティング システムのコマンドを入力し、 OK を次にクリックします。
    • command.com Microsoft Windows 98 または Windows Millennium Edition)

      -Or-
    • cmd Windows NT 4.0 と Windows 2000 Windows XP Windows Server 2003)
  3. コマンド プロンプトで、入力します。 jviewEnter キーが次に押す、。

    Microsoft VM のコマンド ライン インタープリタ (Jview.exe) がインストールされていない場合には、以下のいずれかのエラー メッセージが表示されます。
    • Windows 98 または Windows Millennium Edition
      不良コマンドまたはファイル名
    • Windows NT 4.0、Windows 2000、Windows XP または Windows Server 2003 の場
      「jview」は、内部または外部コマンドまたは操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
この場合に Microsoft VM のバージョンを確認するために、エクスプローラで%Windir%\System フォルダを%Windir%\System32 フォルダを開いて Msjava.dll ファイルを探しファイル名を右クリックして、 プロパティを次にクリックします。 バージョン タブで、 ファイル バージョン バージョンを確認します。

メモ
  • Microsoft VM は、 Microsoft Windows 2000 Service Pack 3(SP3)(SP3)と先程保護されたオペレーティング システム コンポーネントです。 このため、Windows 2000 SP3 以前の Microsoft VM は、Windows 2000 Service Pack または Windows 2000 修正プログラムをインストールすることによってのみ更新可能です。 Windows ファイル保護に関する詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    222193 Windows ファイル保護機能につい
  • これらのシステムに Microsoft VM を含んだ以前のバージョンの Windows を介してアップグレードする場合、または Microsoft VM が ある 3 によってインストールされた場合、存在できるのに(Microsoft VM を再配布する独立 ソフトウェア ベンダ(ISV))など当事者 Microsoft VM が Windows XP または Windows XP SP1a 元のバージョンの Windows Server 2003 に included ではあらないでない Windows XP SP1a の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    813926 Windows XP Windows XP SP1a についての S と Windows XP SP1aa についての Windows XP S で違い
注意: Microsoft VM をインストール Windows 2000 Service Pack 4(SP4)が(SP4)更新しない Microsoft VM が Windows 2000 SP4 での保護されたオペレーティング システムもうコンポーネントではありません。 Microsoft VM と Windows 2000 SP4 に関する詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
820101 Microsoft VM および Windows 2000 Service Pack 4 に関するよく寄せられる質

関連情報

ユーザーの入力または通知なしで、コンピュータを再起動せずに Microsoft VM のアップデートをインストールする方法 (サイレント インストール) の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
304930 コンピュータをサイレント再起動するを使わないで、 取り付ける Microsoft マシン更新の方法
Microsoft VM と Microsoft VM 更新の送付車両についての詳細は、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
169803 INFO: Microsoft VM 車両を出荷するの、履歴一覧
特定のオペレーティング システムにインストールされている各 Internet Explorer および各 Microsoft VM と、JDK の互換性に関する詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
214828 INFO: JDK Microsoft VM 互換性
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
299672 Microsoft 仮想マシンの更新は Windows Update からのみ入手可
Visual J++と SDK for Java については、次のマイクロソフト Web サイトをサポート参照してください。
http://www.microsoft.com/java

プロパティ

文書番号: 163637 - 最終更新日: 2007年5月14日 - リビジョン: 9.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual J++ 1.0 Standard Edition
  • Microsoft Visual J++ 1.1 Standard Edition
  • Microsoft Visual J++ 6.0 Standard Edition
  • Microsoft Internet Explorer 3.0
  • Microsoft Internet Explorer 3.01
  • Microsoft Internet Explorer 3.02
  • Microsoft Internet Explorer 4.0 128-Bit Edition
  • Microsoft Internet Explorer 4.01 Service Pack 2
  • Microsoft Internet Explorer 5.0
  • Microsoft Internet Explorer 5.01
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer (Programming) 6.0
  • Microsoft Software Development Kit for Java 1.51
  • Microsoft Software Development Kit for Java 2.01
  • Microsoft Software Development Kit for Java 2.02
  • Microsoft Software Development Kit for Java 3.0
  • Microsoft Software Development Kit for Java 3.1
  • Microsoft Software Development Kit for Java 3.2
  • Microsoft Software Development Kit for Java 4.0
  • Microsoft Java Virtual Machine
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP 64-Bit Edition Version 2003
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional SP1
  • Microsoft Windows XP Service Pack 1a
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition SP1
  • Microsoft Windows XP Service Pack 1a
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows NT 4.0
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
キーワード:?
kbinfo kbbug kbdebug kbcommandline kbfaq KB163637 KbMtja kbmt
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:163637
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com