情報: Dll が見つかりません Windows NT/2000年/XP 使用 KnownDLLs レジストリ エントリ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 164501
重要です: この資料には、レジストリの変更に関する情報が含まれます。レジストリを変更する前に、必ずバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を理解しているかどうかを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを編集する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明」
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Windows NT の、Windows 2000、および Windows XP. KnownDLLs レジストリ エントリ、DLL の読み込み時の 32 ビットまたは 16 ビットの Dll を検索するのには32 ビット Dll に、KnownDLLs レジストリ エントリに暗黙的に読み込まれた Dll の検索にのみ影響します。16 ビット Dll は、KnownDLLs レジストリ エントリに両方の暗黙的および明示的に読み込まれた Dll の検索に影響します。KnownDLLs レジストリ エントリに誤った DLL の名前を含める場合は、アプリケーションの現在のディレクトリにある DLL を読み込む、Windows NT/2000年/XP の WOW の LoadLibrary が失敗します。

詳細

Windows NT/2000年/XP KnownDLLs レジストリ エントリを使用して、アプリケーションの DLL を使用するかを決定します。2 つの異なる KnownDLLs レジストリ エントリがある: 32 ビット Dll の読み込みに影響を与えると 16 ビット Dll の読み込みに影響を与える。KnownDLLs レジストリ エントリの一覧を表示する dll します。ここで、"KnownDLL"として参照されます。

16 ビットの Dll。

16 ビット Dll については、KnownDLLs レジストリ値以下であります。キー:
   HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\WOW
				
KnownDLLs レジストリ値を REG_SZ 文字列と DLL の名前を 8.3 形式ではスペースで区切られた形式です。KnownDLLs 値両方暗黙的に影響します。明示的に読み込まれた Dll とします。

KnownDLLs レジストリ値なしで Windows NT WOW は次を使用してください。検索順序を使用して、DLL を検索します。
  1. DLL を使用して、タスクの現在のディレクトリ。
  2. \WINNT ディレクトリです。
  3. \WINNT\SYSTEM ディレクトリです。
  4. \WINNT\SYSTEM32 ディレクトリです。
  5. DLL を使用して、タスクの実行可能ファイルのディレクトリ。
  6. PATH 環境変数の一覧に表示されたディレクトリです。
KnownDLLs レジストリ値には、Windows NT の WOW のみ検索は\WINNT\SYSTEM32 ディレクトリを DLL を検索します。KnownDLLs が含まれるかどうかは、エントリには、\WINNT\SYSTEM32 ディレクトリにあるいない DLLLoadLibrary の DLL のいずれかに配置されている場合でも、DLL の読み込みに失敗しました。5 その他の場所上記。

Windows NT/2000年/XP の WOW DLL を見つけるに失敗した場合は、エラー コード 2 (ファイルが見つかりません)、LoadLibrary を取得、または親との暗黙的なリンク読み込みに失敗するには、[モジュール] をクリックします。

方法についての情報を Windows 95 では 16 ビット Dll KnownDLLs として登録します。以下の資料は、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
141969Windows 95 を使用 Known16DLLs レジストリを 16 ビット キーDll

32 ビットの Dll。

32 ビット Dll に KnownDLLs レジストリ キーにあります。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager
				
REG_SZ レジストリ値の名前をしなくても、DLL の名前です、拡張します。レジストリ値のデータを DLL の名前には、拡張します。このエントリに暗黙的に読み込まれた Dll は、読み込まれた Dll いないの影響します。LoadLibrary() API を使用します。

このエントリには、Windows NT 次の検索順序を使用します。DLL を移動します。
  1. DLL の読み込みプロセスの実行可能ファイルのディレクトリ。
  2. 現在のディレクトリに DLL を読み込むプロセスの。
  3. \WINNT\SYSTEM32 ディレクトリです。
  4. \WINNT ディレクトリです。
  5. Path 環境変数の一覧に表示されたディレクトリです。
KnownDLLs レジストリ エントリが、Windows NT 次の検索を使用します。DLL を検索します。
  1. \WINNT\SYSTEM32 ディレクトリです。
  2. DLL の読み込みプロセスの実行可能ファイルのディレクトリ。
  3. 現在のディレクトリに DLL を読み込むプロセスの。
  4. \WINNT ディレクトリです。
  5. PATH 環境変数の一覧に表示されたディレクトリです。
DLL を上記の場所のいずれかに存在しない場合は、暗黙的リンクは、親モジュールの読み込みに失敗するが発生します。

KnownDLL に暗黙的にリンクしている場合、DLL は KnownDLL として扱われます。のたとえば、メイン。DLL 子からの関数を使用します。Dll がメイン。DLL に記載されています。KnownDLLs レジストリ キーは、Windows NT も子を扱います。DLL として、KnownDLL。別のアプリケーションまたは DLL を使用して、子DLL が、DLL を使用します。主にリンクされました。DLL。

Windows NT 32 ビット KnownDLLs ブート時にマップします。名前を変更または、DLL を移動します。DLL は、アプリケーションのロードに影響はありません。これはブート時に、\WINNT\SYSTEM32 に使用されます。

KnownDLLs Windows NT を読み込む方法を変更するのには、ExcludeFromKnownDlls を使用してください。レジストリの値であります。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager
				
注: 使用して RegEdt32 レジストリ値を変更するのには、RegEdit ではなく。

Dll の名前を 8.3 形式の REG_MULTI_SZ レジストリ値を格納する書式設定いずれかDLL の文字列あたり。DLL が ExcludeFromKnownDlls は、Windows NT 内に表示されている場合表示されている場合でも、DLL は KnownDLL として扱いませんがKnownDLLs レジストリ キーです。これは使用される DLL を開発する場合に便利です。その他 KnownDLLs の多くでは交換して新しいテストことが重要です。Windows NT を再起動することがなく作成されます。

上記のレジストリ キーに変更管理が必要ローカル マシンの権限です。KnownDLLs のシステムを保護します。認証されていない DLL を配置することによって一見 Api を置き換える特定の人からで、アプリケーション ディレクトリ。

方法についての情報を Windows 95 32 ビット Dll として KnownDLLs 登録します。以下の資料は、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
151646Windows 95 を使用 KnownDLLs レジストリ 32 ビット Dll を検索するキー
警告: レジストリ エディターを誤って使用する深刻な問題を起こすことオペレーティング システムを再インストールする必要があります。Microsoft ことはできません。保証、レジストリ エディターの誤用により発生した問題解決することができます。お客様の責任においてレジストリ エディターを使用します。

レジストリの編集方法の詳細については、「変更キーとを表示する値"ヘルプ トピックでレジストリ エディター (Regedit.exe) または、[追加と削除レジストリ内の情報」および「レジストリ データを編集」ヘルプ トピックでRegedt32.exe を使用します。 メモは、編集前にレジストリをバックアップする必要があること。Windows NT を実行している場合は、緊急を更新することもする必要があります。修復ディスク (ERD)。

プロパティ

文書番号: 164501 - 最終更新日: 2011年7月4日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbregistry kbdll kbkernbase kbmt KB164501 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:164501
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com