[OL97]: Outlook に Windows の Cardfile のファイルを変換します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 164994 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトでに Microsoft Windows の Cardfile ファイルを Outlook 97 インポート コンバーターを提供していません。 ここではこれらのファイルのインポートの 2 つの回避策について説明します。

詳細

回避策 1

使用して Schedule + のバージョン 7. 0 用のインポート/エクスポート アドオン パックは、ファイルをインポート、Windows の Cardfile に Schedule + をします。 これを行うには 3 つ手順があります。
  • Schedule + 7. 0 のインポート/エクスポート アドオン パックをインストールします。
  • 展開し、コンバーターを実行します。
  • Outlook に Default.scd ファイルをインポートします。

Schedule + 7. 0 用のインポート/エクスポート アドオン パックをインストールします。

  1. パックのインポート/エクスポートは、マイクロソフトの Web サイトからダウンロードします。
    http://www.microsoft.com/Office/previous/scheduleplus/convert.htm
  2. ファイルは、次の場所に保存します。
    c:\Program files\Microsoft Office\Office

展開し、コンバーターの実行

  1. Sch_suplfilt.exe ファイルをダブルクリックします。
    c:\Program files\Microsoft Office\Office
  2. 実行で Ilxlate.exe、ファイルをダブルクリックして、コンバーターを実行します。
    c:\Program files\Microsoft Office\Office
  3. [転送] メニューの [インポート] をクリックします。
  4. 利用可能なシステムの一覧から [Windows Cardfile と予定表 OK] をクリックします。
  5. [セクションの一覧でクリックして Cardfile を選択します。
  6. 名前を入力または変換するのには Cardfile ファイルへ参照します。
  7. フィールド] タブで、[の Cardfile フィールドを適切な Schedule + 連絡先フィールドにマップし、[インポート] をクリックします。
Schedule + default.scd ファイルを生成このされます。

Default.scd ファイルを Outlook にインポートします。

  1. ファイル] メニューの [インポートとエクスポート] をクリックします。
  2. [Schedule + または別のプログラムまたはファイルからインポート] を選択を [次へ] をクリックします。
  3. Schedule + 7. 0 をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. 名前を入力または Default.scd ファイルを参照し、[次へ] をクリックします。
  5. [選択、「'連絡先' に 'default.scd(Contacts)' をインポートする」ユーザー設定フィールドのマップ] をクリックします。
  6. 適切な Outlook の連絡先に、着信の Schedule + フィールドをマップ フィールド、[OK] をクリックして、および [終了日]。
default.scd ファイルは Outlook にインポートします。

回避策 2

注: この回避策が必要コンピューターへのアクセス Windows 3.x がインストールされているとします。 Microsoft Windows 95 には、Cardfile プログラムは含みません。

Windows Cardfile ファイルを 3 つのステップのプロセスを使用して Outlook にインポートすることができます。
  • テキスト ファイルに、Cardfile レコードを印刷します。
  • Microsoft Word でコンマで区切られたファイルを操作します。
  • タブ区切りファイルを Outlook にインポートします。

テキスト ファイルへの Cardfile レコードを印刷します。

  1. Windows 3.x、[コントロール パネルの [プリンターのアイコンをクリックします。
  2. FILE ポートの Generic/Text Only プリンター ドライバーを構成します。
  3. インポートする.crd ファイルを開きます。
  4. [ファイル] の [プリンターの設定] をクリックします。
  5. [印刷設定、[をその他のプリンターを選択、Generic/Text Only ドライバーをクリックして、[OK] をクリックします。
  6. [ファイル] メニューの [ページ設定] をクリックして、[ヘッダーとフッター] </a0> チェック ボックスをオフ、0、左の余白を設定する [OK] をクリックをします。
  7. [ファイル] の [すべての印刷] をクリックします。
  8. 目的のパスと、.txt という拡張子を含むファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。

Microsoft Word で、コンマ区切りファイルを操作します。

テーブルをテキスト ファイルに変換するには、次の手順に従います。
  1. Word では、上記の手順から.txt ファイルを開きます。
  2. [編集] メニューの [すべて選択] をクリックします。
  3. [テーブル] メニューの [「変換形テーブルのテキスト] をクリックします」] をクリックします。
  4. [列の番号] で 18 の入力「段落では独立したテキスト」をクリックして [OK] をクリックします。
  5. 選択して、完全に空の列を削除する [テーブル] メニューの [列を削除します。
  6. 各レコードのフィールドな適切な列を確認します。 ないものは手動で調整されます。
  7. テーブルに、テーブルの最初の行にカーソル] メニューの [行の挿入) をクリックします。
  8. 新しく挿入された行に、各列のフィールド名前を入力します。
タブ区切りのテキストをテーブルに変換するには、次の手順に従います。
  1. [表] メニューの [表の選択] をクリックします。
  2. [テーブル] メニューの [「変換形テキスト テーブル] をクリックします」] をクリックします。
  3. テーブルに変換] で [「タブ付きの別のテキスト」OK] をクリックします。
フィールドを二重引用符で囲みますをカンマ (,) タブを置き換える以下の手順に従います。
  1. ファイルの先頭文字の前に二重引用符を入力します。
  2. メニューの編集] をクリック置換します。
  3. 検索する文字列を入力 "^ p"、置換後の文字列で、[("^p") を入力 、[すべて置換] をクリックします。
  4. 検索する文字列を入力 "^ t" を置換後の文字列で、[ (「,」) を入力、[すべて置換] をクリックして閉じる] をクリックします。
  5. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  6. ファイルの種類とファイルの名前を入力のみテキストをクリックして [保存] をクリックします。

Outlook のダイアログ ボックスのタブで区切られたファイルをインポートします。

  1. Outlook ファイル] メニューの [インポートとエクスポート] をクリックします。
  2. Schedule + または別のプログラムまたはファイルからインポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. 「テキスト値を (カンマ) する」をクリックして次へをクリックします。
  4. 参照または、カンマ区切りのファイルの名前を入力し、[次へ] をクリックします。
  5. レコードをインポートして [次へ] をクリックするフォルダーをクリックします。
  6. クリックして"Import '<filename.txt>' に '<foldername>:'"の選択
  7. ユーザー設定フィールドの一致と、着信の Cardfile フィールドを適切な Outlook フィールドにマップし、[OK] をクリックして [終了日] します。

関連情報

Schedule + ファイルをインポートの詳細については、次の記事「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
164271[OL97]: Outlook 97 に Schedule + ファイルを変換します。
162990[OL97]: スケジュール Plus インポート問題のトラブルシューティング
タブ区切りテキスト ファイルに Cardfile データベースを変換するには、フリーウェア ユーティリティをいくつかの掲示板では。 このユーティリティを TRANSFIL.EXE、CARDXLT2.ZIP という名前のアーカイブ ファイルが また、作成者から直接利用できますもです。
Peter ホーン
43 Trevor の道
Lansdowne 7764
(南アフリカ) の共和国
tel. とファックス: +27 + 21 696 1983年
電子メール: HORNPETE@UCTVAX.UCT.AC.ZA

プロパティ

文書番号: 164994 - 最終更新日: 2007年1月19日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 97 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbexport kbinterop kbimport kbmigrate kbmt KB164994 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:164994
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com