ファイル システムのトラブルシューティングのオプションの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 165503 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Microsoft Windows 98、Windows 98 の標準版、および Windows Me でこの問題の追加についてはをクリックして次「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
247485[ファイル システムのプロパティ] の [トラブルシューティング] の設定について
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

コントロール パネルの [システム] ツールには、ファイル システムのパフォーマンス設定を変更するオプションのセットが含まれます。 ハードウェアまたはソフトウェアの互換性の問題が発生するときこれらのオプションを使用できます。

注: ファイル システムのトラブルシューティングのオプションのいずれかを有効にすることがあります真剣に標高システム。

詳細

トラブルシューティングのオプション、ファイル システムを表示するには、次の手順に従います。
  1. コントロール パネルの [システム] をダブルクリックします。
  2. [パフォーマンス] タブをクリックします。
  3. [ファイル システム] をクリックします。
  4. [トラブルシューティング] タブをクリックします。
次の表 [トラブルシューティング] タブで、設定に示します:
   File system option    Description
   -----------------------------------------------------------------------
   Disable New File      This option alters the internal rules for file
   Sharing And           sharing and locking on hard disks, governing
   Locking Semantics     whether certain processes can have access to
                         open files in certain share modes that guarantee
                         a file will not be modified. This option should
                         be checked only in the rare case that an
                         MS-DOS-based application has problems sharing
                         under Windows 95. This sets SoftCompatMode=0 in
                         the registry.

   Disable Long Name     This option turns off the tunneling feature,
   Preservation For      which preserves long filenames when files are
   Old Programs          opened and saved by applications that do not
                         recognize long filenames. This option should be
                         checked in the rare case that an important legacy
                         application is not compatible with long
                         filenames. This sets PreserveLongNames=0 in the
                         registry.

   Disable Protected-    This option prevents Windows 95 from terminating
   Mode Hard Disk        interrupts from the hard disk controller and
   Interrupt Handling    bypassing the ROM routine that handles these
                         interrupts. Some hard disk drives might require
                         this option to be checked in order for interrupts
                         to be processed correctly. If this option is
                         checked, the ROM routine handles the interrupts,
                         which slows system performance. This sets
                         VirtualHDIRQ=0 in the registry. (This setting is
                         off by default for all computers in Windows 95,
                         which is the reverse of Windows 3.x.)

   Disable All 32-Bit,   This option ensures that no 32-bit disk drivers
   Protected-Mode        are loaded in the system, except the floppy
   Disk Drivers          driver. Typically, you would check this option
                         if the computer does not start due to disk
                         peripheral I/O problems. If this option is
                         enabled, all I/O will go through real-mode
                         drivers or the BIOS. Notice that in this case,
                         all disk drives that are visible only in
                         protected mode will no longer be visible. This
                         sets ForceRMIO=1 in the registry.

   Disable Write-        This option ensures that all data is flushed
   Behind Caching        continually to the hard disk, removing any
   For All Drives        performance benefits gained from disk caching.
                         This option should be checked only in the rare
                         cases where you are performing risky operations
                         and must ensure prevention of data loss. For
                         example, a software developer who is debugging
                         data at Ring 0 while creating a virtual device
                         driver would check this option. This sets
                         DriveWriteBehind=0 in the registry.
				
各オプションは、次のレジストリ キーで値を設定:
   Hkey_Local_Machine\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem
				

プロパティ

文書番号: 165503 - 最終更新日: 2014年2月7日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbenv kbdiskmemory kbmt KB165503 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:165503
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com