別のコンピューターのイベント ビューアーで保存されたファイルの読み取り

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 165959
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

イベント ビューアーをバイナリ ファイルには、イベント ログを保存することができます。EVT 拡張子が。このようなファイルは、イベント ビューアーでを開くことができます。Windows NT の同じバージョンを実行している他のコンピューター。

イベント ビューアーはこのようなファイルを読み込むことですが、その必要があります、メッセージ、イベントのソースで記載されている各コンポーネントの Dll です。

たとえば、A Windows NT 4.0 と、サービスが実行されているコンピューターを想定します。呼ばれる"aservice"。このコンピューターでは、システム イベント ログでの保存、ファイル System_A.evt です。今すぐ B も Windows NT を実行しているコンピューターを想定します。4.0、サービス"aservice"B. をコンピューターにインストールされていません

コンピューター B では、イベント ビューアーでは、ファイル System_A.evt を開きます。場合は、ソース メッセージをダブルクリックして"aservice"に設定すると、取得、次のエラー:
イベント ID (xxx) ソース (aservice) 内の説明ができませんでした。見つかりません。これは、次の挿入文字列が含まれています.。
コンピューター A のイベント ログを参照するのには、次のセクションの手順を実行します。ときにコンピューター B にコンピューター A のコンポーネントをインストールすることなくがコンピューター B 上に

詳細

それらが格納されている、イベント ログ メッセージ EVT ファイルを含める、システムです。各メッセージの ID (つまり、メッセージ) で構成されていて、挿入文字列の数です。Id の文字列を変換します。メッセージ Dll を使用します。

Dll で定義されているメッセージは、アプリケーションのすべてのイベントをログに記録、次のレジストリ キー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\EventLog\ アプリケーション


すべてのシステム イベント ログ メッセージ Dll は次の下で定義されています。レジストリ キー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\EventLog\ システム


[DLL が定義されている、TCP/IP サービスのメッセージなど、次のレジストリ エントリ。
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\EventLog\ = System\TcpIp値 %SystemRoot%\System32\ netevent.d の EventMessageFile REG_EXPAND_SZ =


ため、すべての TCP/IP イベント ログ メッセージ DLL 内で定義します。netevent.dll。

イベントのメッセージ DLL ではありません、ユーザーをダブルクリックレジストリで定義されているのメッセージ文字列を表示できませんし、次のメッセージが表示されます。
イベント ID (51) ソース (aservice) 内の説明ができませんでした。見つかりません。これは、次の挿入文字列が含まれています.。
コンピューターのシステム イベント ログを読み取る方法の説明を次に示しますWINS を使用しないコンピューターの WINS では。このサンプルを適合させることができます。アプリケーションまたはシステム コンポーネントです。

警告: レジストリ エディターを誤ってを使用可能性があります、重大なシステム全体にわたる問題を修正するのには、Windows NT を再インストールする必要があります。マイクロソフトは、使用によって発生した問題を保証できません。レジストリ エディターを解決できます。独自の責任においてこのツールを使用します。

次の操作が必要です。
  1. コンピューターで WINS で、REGEDIT を実行し、次のレジストリを選択キー:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\EventLog\ System\Wi
  2. [レジストリ] メニューの [レジストリ ファイルの書き出し] をクリックしてファイルを選択します。名前 (たとえば、Winsreg.reg) です。
  3. WINS を使用しないコンピューター上 (読み取りに使用されるものなど、システム イベント ログに WINS コンピューターの)、REGEDIT を実行します。で、レジストリ] メニューの [レジストリ ファイルのインポート] をクリックし、ファイルを選択します。Winsreg.reg の前に、他のコンピューターに保存します。
  4. 次のレジストリ エントリは、ターゲット コンピューター上が(つまり、せず勝ち)。
    キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ = EventLog\System\Wins値 %SystemRoot%\System32\ winsevnt.d の EventMessageFile REG_EXPAND_SZ =


    今すぐ、EventMessageFile レジストリで定義されているファイルをコピーする必要があります。値が System32 ディレクトリにします。X: にマップされている場合\\wins_server\admins$、次のコマンドを実行することができます。
    x:\System32\winsevnt.dll %SystemRoot%\System32\winsevnt.dll をコピーします。
    もちろん、ファイルをどこかそれ以外の場合はコピーできますが、この場合EventMessageFile] レジストリ値を手動で、編集する必要があること同じディレクトリに、DLL へのポインター。
  5. イベント ・ ビューアーのインスタンスをすべて閉じるし、イベント ビューアーを再実行してください。WINS のすべてのイベントをダンプできるようになりました。

プロパティ

文書番号: 165959 - 最終更新日: 2011年7月4日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbnetwork kbmt KB165959 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:165959
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com