・ マルチホーム コンピューターからの接続で NetBIOS を遅らせる

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 166159
重要です レジストリを変更する方法についての情報を掲載しています。これを変更する前にレジストリのバックアップを作成することを確認してください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明」
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

・ マルチホーム コンピューターを使用して別のコンピューターに接続する・ マルチホーム コンピューター、「対象」に記載する呼ばれる Microsoft Windows のバージョンのいずれかを実行すると、遅延が生じることは、接続を確立するのにします。

原因

既定では、Windows リダイレクターは次のロジック、NetBIOS セッションを確立するため、この問題が発生します。
  • 送信先名にバインドされているすべてのトランスポート、接続しようとしています、バインドされている順序。
  • IgnoreBindingOrder が 0 に設定されている場合は、終了するプライマリ (最初のバインディング) トランスポートを待ちます。場合は、そのトランスポート上のセッションを設定する、宛先に到達するのには成功します。その他の接続をキャンセルします。
メモ Microsoft Windows 2000 およびそれ以降のバージョンでは、IgnoreBindingOrder レジストリ エントリは存在しません。このレジストリ エントリが存在しない場合は、IgnoreBindingOrder の既定値は 1 (TRUE) です。Windows NT 4.0 では、IgnoreBindingOrder の既定値は 0 (FALSE) です。

・ マルチホーム コンピューターの 2 つのネットワークをルーターによって接続されている場合、接続するコンピューター上で 1 つのネットワークの場合は、ターゲット ・ システムへの 2 つのパスです。両方のパスの接続に成功した場合は、リダイレクター、優先パスとして、プライマリ トランスポートを選択します。たとえば、リダイレクター over TCP/IP (NetBT)、優先パスとして、NetBIOS のバインドに関連付けられている元のローカル IP アドレスを選択できます。リダイレクターは、残りの接続をキャンセルします。このオプションを選択するのための・ マルチホーム コンピューターから送信されるパケットは直接接続されているサブネットには、内部ルーティング可能性があり、ルーターがターゲット ・ システムでの応答を送信するパケットの通過します。このシナリオは、トラブルシューティングを行うには、混乱があります。

解決方法

警告 重大な問題、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用して、または別の方法を使用して変更すると発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリを変更します。

最新の Windows リダイレクターが利用可能です。接続を完成させるし、すぐに、他のトランスポート上の接続をキャンセルするのには、最初のトランスポートを使用する場合は、このリダイレクターを構成できます。NetBT は改善の複数の呼び出しの処理をサポートしているし、キャンセルの新しいバージョンもあります。

この改善を活用するには、レジストリ パラメーターを追加する必要があります。

この記事では、レジストリ エディターを起動するために呼ばれる問題を修正するのには、レジストリのパラメーターを構成するには、以下の情報を使用して、適切なサブキーを検索し、レジストリ値を追加します。

Microsoft Windows NT 4.0

次のレジストリ サブキーと値を使用します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Rdr\Parameters

値の名前: IgnoreBindingOrder
値の種類: REG_DWORD (ブール値)
[値のデータの範囲: 0, 1 (偽または真)
デフォルト値: 0 (False)
値: 1
メモ この値を 1 (1) に設定最初に同意するのには、リダイレクターが原因します。転送が成功または失敗を待機するのではなく、接続を完了するのにはプライマリ トランスポートにします。

Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Windows XP、および Microsoft Windows 2000

次のレジストリ サブキーと値を使用します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MrxSmb\Parameters

値の名前: IgnoreBindingOrder
値の種類: REG_DWORD (ブール値)
[値のデータの範囲: 0, 1 (偽または真)
デフォルト値: 1 (True)
値: 1

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

・ マルチホーム コンピューターの間の TCP 接続

接続、リダイレクターを使用する NetBIOS ベースの接続の場合は、ルーティング情報のほとんどは、アプリケーション レベルで利用できます。NetBIOS インターフェイスはさまざまなプロトコル経由での接続をサポートするされ、IP の知識を持ちません。代わりに、リダイレクターにバインドされているすべてのトランスポートに呼び出しを配置します。コンピューターに 2 つのインターフェイスがあるし、1 つのプロトコルがインストールされている場合は、リダイレクターに使用できる 2 つのトランスポートです。呼び出しは、両方のトランスポートに配置されます。NetBT インターフェイスごとの IP アドレスを使用してスタックへの接続要求を送信します。両方の呼び出しが失敗します。その場合は、リダイレクターはそれらの 1 つをキャンセルします。先の選択をキャンセルするのには、いずれか、リダイレクターに IgnoreBindingOrder レジストリ値によって異なります。レジストリ値が 0 の場合、バインド順によって決定されるプライマリ トランスポートが優先されるものです。セカンダリ トランスポート上の接続を受け入れる前に、リダイレクターをプライマリ トランスポートがタイムアウトするまで待機します。この値が 1 の場合は、バインドの順序は無視されます。リダイレクターは、最初の接続に成功し、他のキャンセルを受け入れます。

メモ Microsoft TechNet ドキュメント間違ったレジストリ サブキー (ObeyBindingOrder) で、次のマイクロソフト Web サイトを参照します。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc780776.aspx
Web ブラウザーを確認するなど、この問題を Windows ソケット ベースの接続には適用されません。この現象、ファイルとプリンターの共有などの TCP/IP セッション経由で NetBIOS にのみ発生します。とき Windows ソケット プログラム接続・ マルチホーム ホストから発行、工順を使用して、最高のローカル発信元アドレスが自動的に選択されます。テーブルです。これが発生するは、ローカルの IP を選択するのには、プログラムが設定されていない場合使用するアドレス、 bind() 呼び出します。

外部ネットワーク アダプターを選択する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
175396・ マルチホーム コンピューターからの Windows ソケットの接続

プロパティ

文書番号: 166159 - 最終更新日: 2011年7月4日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbbug kbnetwork kbmt KB166159 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:166159
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com