Windows 95/98/98SE インストールを新しいハード ディスクに複製する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 166172 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP166172
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、現在のプライマリ ブート ハード ディスク (通常ドライブ C) を別のハード ディスクに交換し、現在のファイルとシステム構成を維持する方法を説明したものです。この手順には、主に新しいハード ディスクに Windows 95/98 をインストールすることと、新しいハード ディスクが正しく認識されるようにすることが含まれます。この手順では、ファイル、構成情報およびレジストリ設定のバックアップと復元に Microsoft バックアップを使用します。

この資料で説明した手順は、Windows 95/98 インストールを複数のコンピュータにコピーする場合には使用できません。マイクロソフトは、Windows 95/98 がインストールされているコンピュータについて Windows 95/98 製品マニュアルに記載されている通常のセットアップ手順の使用のみをサポートしています。

警告: 手順の実行前に、この資料を熟読してください。多くのステップが含まれているため、必要なすべてのステップを正しく実行するための十分な経験を持っている場合にのみ、この資料を使用してください。十分な経験がない場合、最も安全な方法は、データ ファイルをバックアップし、新しいハード ディスクに Windows 95/98 セットアップし、すべてのプログラムをオリジナルのプログラム CD-ROM またはフロッピー ディスクから再インストールし、その後、データをバックアップから復元する方法です。

この資料を熟読した後、実行することにした場合は、一連のステップを記述されているとおりに注意して実行してください。

重要: この資料はハード ディスクの交換にのみ適用されます。他のハードウェアを変更する場合には、この資料を使用しないでください。この資料を誤って使用すると、ハード ディスク上のすべてのデータを失ってしまう可能性があります。マイクロソフトはこの資料に説明したマイクロソフトのソフトウェア インストールに関する情報にのみ責任を負います。ハードウェアを扱う際の正しい手順と保護については、お使いのハードウェアに付属するマニュアルを参照するか、またはハードウェアの製造元に問い合わせてください。ハードウェアを誤って扱うと、危険であるばかりか、コンピュータに永久的な損傷を与えたりする可能性があります。ハードウェアの扱い方がわからない場合、製造元から認定されたハードウェア技術者にアップグレードを行ってもらうことをお勧めします。

  • 手順に従う上で、ミスを犯すと深刻なデータの損失が発生するおそれがある手順の前に、警告の指示が記載されています。それらのポイントでは、指示に正しく従っていることを確認してください。
  • この資料の情報は、Windows 95/98 が標準 MS-DOS パーティション上のプライマリ オペレーティング システムである場合にのみ適用されます。Windows 95/98 バックアップは MS-DOS 以外のパーティションからファイルを読み取ることができません。Windows NT をデュアル ブートするように構成されているコンピュータでは、Windows 95/98 の新しいインストールによって、Windows NT ブート セクタが上書きされ、Windows NT を起動できなくなります。

詳細

必要なディスクと情報

  • Windows 95/98 の起動ディスク

    起動ディスクを作成するには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] メニューの [設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
    2. [起動ディスク] タブの [ディスクの作成] をクリックします。
  • 前のオペレーティング システムの所有者であることの証明

    前のいずれかのオペレーティング システムの配布ディスク セットのディスク 1 が必要です。
    • Microsoft Windows version 3.x
    • Windows NT Server 3.x 以降
    • OS/2
    : Windows 95、Windows 95 OEM Service Release 2 (OSR2)、または Windows 98 の完全製品版を再インストールする場合、前のオペレーティング システムの所有者であることの証明は、必要ありません。

  • CD-ROM ドライバ インストール ディスク
    このディスクには、ハードウェアの製造元から提供された MS-DOS レベルのドライバが収められている必要があります。これは Windows 95/98 の CD-ROM アップグレード版を所有している場合にのみ適用されます。
  • 完全な Windows 95/98 セットアップ ディスクのセット (フロッピー ディスクから Windows 95/98 を再インストールする場合)

    : コンピュータに Windows 95/98 がプレインストールされている場合で、製造元が提供する Windows 95/98 CD-ROM またはディスクがない場合、ソフトウェアの入手に関する指示について、コンピュータに付属するマニュアルを参照してください。
  • Windows 95/98 が現在インストールされているフォルダの名前 (一般に C:\Windows)

バックアップ方法の選択

この資料に説明した手順には、Windows 95/98 に付属する Microsoft バックアップが必要です。バックアップがインストールされていない場合、この資料の「新しいハード ディスクへの Windows 95/98 のインストール」の指示を参照してください。

以下の方法はそれぞれ異なるハードウェアを使用します。該当する方法を使用します。
  • 方法 1: 互換テープ バックアップ ハードウェア デバイスがコンピュータに接続されている場合の Windows 95/98 のバックアップ。下記の「方法 1」の手順を参照してください。
  • 方法 2: 元のハード ディスクと新しいハード ディスクが同時にコンピュータに接続されている場合の Windows 95/98 のバックアップ。下記の「方法 2」の手順を参照してください。

方法 1 : テープ ドライブによるバックアップの使用方法

この方法には、互換テープ ドライブ ハードウェアが必要です。 Microsoft バックアップと互換性のあるテープ ドライブの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
124730 Tape Backup Units Supported in Windows 95
242864 Tape Backup Units Supported by the Windows 98 Backup Program
警告: 下記のようにバックアップを使用する場合、完全なシステム バックアップ セットを使わずに、手動でドライブ C を選択すると、システムの重要な部分 (レジストリ ファイルなど) がバックアップされません。以下の手順の手順 5 の後に、次のメッセージが表示されない場合、これらの手順を正しく実行していないため、操作をやり直す必要があります。
   システム レジストリ内の設定のコピーを作成します。
   この作業には、数秒かかります。
バックアップを実行する前に、以下の手順を実行してください。
  1. [マイ コンピュータ] アイコンをダブルクリックします。
  2. [表示] メニューの [フォルダ オプション] をクリックします。
  3. [表示] タブの [すべてのファイルを表示] をクリックし、[OK] をクリックします。
  4. 以下のファイルの名前を変更します。
       ファイル名     新しい名前
       ---------------------------
       System.1st     System.1sx
       Suhdlog.dat    Suhdlog.dax
       Setuplog.txt   Setuplog.txx
       Detlog.txt     Detlog.txx
       Bootlog.txt    Bootlog.txx
    
    : これらのファイルはコピーせずに、名前を変更する必要があります。
上記の 1 〜 3 の手順を実行後、次の手順を使用して、ハード ディスクをバックアップします。

Windows 95 の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順にポイントして、[バックアップ] をクリックします。
  2. [OK] をクリックして準備情報ダイアログ ボックスを閉じます。
  3. [バックアップ] タブの [ファイル] メニューの [ファイル セットを開く] をクリックします。
  4. [一括システム バックアップ.Set] をクリックし、[開く] をクリックして、[次へ] をクリックし、テープ ドライブのバックアップ先を選択し、[バックアップの開始] をクリックします。: バックアップで自動的にテープ ドライブが検出されない場合、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
    130946 Troubleshooting Windows 95 Backup
  5. バックアップ セットの名前を入力し、[OK] をクリックします。後で使用するため、名前を書き留めておきます。

Windows 98 の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順にポイントして、[バックアップ] をクリックします。
  2. [新規バックアップ ジョブの作成] をクリックし、[OK] をクリックします。
  3. [ジョブ] メニューの [新規] をクリックします。
  4. [マイ コンピュータ] を展開し、各ドライブの横のチェック ボックスをクリックしてオンにします。
  5. [オプション] をクリックし、[バックアップ ジョブのオプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブをクリックします。
  6. [Windows レジストリもバックアップする] チェック ボックスをクリックしてオンにし、[OK] をクリックして、[開始] をクリックします。
バックアップによるファイルのバックアップが終了したら、[OK] をクリックして、プログラムを閉じ、次の手順を実行します。
  1. Windows 95/98 をシャットダウンしてコンピュータの電源を切ります。
  2. コンピュータから元のハード ディスクを取り外し、その場所に新しいハード ディスクを取り付けます。

    : ハードウェアのセットアップと構成については、ハードウェアに付属するマニュアルを参照するか、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。
  3. 新しいハード ディスクを正しくセットアップしたら、下記の「Fdisk および Format を使用した新しいハード ディスクの準備」に進みます。

方法 2 : 新しいハード ディスクでのバックアップの使用方法

警告: コンピュータでディスク オーバーレイ ソフトウェアを使用して、ハード ディスクにアクセスする必要がある場合、方法 2 は使用しないでください。

バックアップを開始する前に、次のようにして、新しいハード ディスクに必要な推定最小空きディスク容量を計算します。
   (現在のハード ディスクで使用中の総容量) + ((現在のハード ディスクで
   使用中の総容量) * 0.66)
たとえば、現在のハード ディスクで使用中の総容量が 400 MB の場合、新しいディスクに必要な推定最小空きディスク容量は次のようになります。
   400 MB + (400 MB * 0.66) = 664 MB
結果は一括システム バックアップのおよそのサイズに等しくなります。比率 (この場合 3 : 2) は推定にすぎず、バックアップするファイルの種類によって、ドライブごとに異なります。

新しいハード ディスクには少なくとも推定最小ディスク空き容量が必要です。

現在のハード ディスクが圧縮されている場合、計算の 0.66 を 1.0 に置き換えます。この状況では、上記の例で必要な空き容量は 800 MB です。

新しいハード ディスク上に十分な空き容量がなく、削除できるファイルやデータがない場合、方法 1 を使用してください。ただし、インターネット一時ファイル フォルダに格納されているファイルは削除しても安全です。

新しいハード ディスクをセカンダリ ドライブとしてインストールします。

バックアップを実行する前に、新しいハード ディスクをインストールし、構成する必要があります。ハードウェアをインストールし、構成する方法については、ハード ディスクに付属するマニュアルを参照するか、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。

新しいハード ディスクの構成後、次の手順に従います。
  1. 下記の「Fdisk および Format を使用した新しいハード ディスクの準備」の指示に従います。
  2. フォーマットが終了したら、上の「方法 1」のバックアップ手順に従います。手順 6 の指示を新しいハード ディスク (通常ドライブ D) にファイルをバックアップするように変更します。
  3. バックアップが終了したら、Windows 95/98 をシャットダウンし、コンピュータの電源を切って、元のハード ディスクをコンピュータから取り外し、新しいディスクをそのまま残しておきます。
  4. Windows 95/98 の起動ディスクを使用して起動します。
  5. Fdisk を実行して、新しいディスク上のプライマリ パーティションをアクティブ パーティションとして設定します。Fdisk の使用方法については、次のセクションを参照してください。
  6. コンピュータをコマンド プロンプト モードで再起動します。
  7. 下記の「新しいハード ディスクへの Windows 95/98 のインストール」に進みます。

Fdisk および Format を使用した新しいハード ディスクの準備

警告: コンピュータでディスク オーバーレイ ソフトウェアを使用して、ハード ディスクにアクセスする必要がある場合、下記のような Fdisk および Format の実行は、オーバーレイ ソフトウェアの製造元から提供されたマニュアルにその旨の指示がある場合に限られます。オーバーレイ ソフトウェアのインストールは、ここで説明する機能と同等の機能を提供している場合があります。

大多数の新しいハード ディスクはパーティションが作成されておらず、フォーマットされていません。新しいハード ディスクでこの基本構成を行う必要がある場合は、次のツールを使用して、ファイルのインストールに備えます。

Fdisk を使用した新しいハード ディスクのパーティションの作成

警告: 先に進む前に、パーティションを作成しようとしているディスクが新しいハード ディスクであり、重要なデータが収められていないことを確認してください。確信がない場合は、直ちに中止してください。

Fdisk を使用して、ハード ディスクにパーティションを作成する方法については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の次の資料の "Repartitioning Your Hard Disk" を参照してください。
106423 Repartitioning Your Hard Disk to Upgrade to 6.0 or 6.2
:この資料で説明されている MS-DOS 6.x ディスクの代わりに Windows 95/98 起動ディスクを使用できます。

Format を使用したファイル システムの準備

新しいドライブにパーティションを作成後、次のとおり Format ツールを実行します。
  1. Windows 95/98 起動ディスクをドライブ A に挿入し、コンピュータを再起動します。
  2. コマンド プロンプトで、次の行を入力します。 警告: フォーマットするハード ディスクが新しい空のハード ディスクであることを確認してください。
    format c: /s
  3. Y を押して Enter キーを押します。
  4. フォーマットの終了時、ボリューム ラベルを入力するか、空白のままにして、Enter を押します。
  5. ディスクをドライブ A から取り出し、コンピュータを再起動するとコマンド プロンプトが表示されます。
次に、新しいハード ディスクに Windows 95/98 をインストールします。

新しいハード ディスクへの Windows 95/98 のインストール

Windows セットアップについては、Windows 95/98 CD-ROM またはディスクに付属する小冊子の「Windows 95/98 のインストール」を参照してください。コンピュータに Windows 95/98 がプレインストールされていた場合は、製造元提供のマニュアルを参照してください。

Windows 95/98 をインストールする際に、Windows 95/98 をインストールするフォルダが元のフォルダと同じ名前 (一般に C:\Windows) であることを確認します

: インストール手順では、オリジナルの Windows 95/98 ディスクまたは CD-ROM にアクセスするか、Windows 95/98 のサーバー ベースのセットアップ共有インストールにアクセスする必要があります。CD-ROM からインストールする場合は、Autoexec.bat ファイルおよび Config.sys ファイルでリアルモード CD-ROM ドライバを読み込む必要があります。ドライバのインストール手順については、CD-ROM に付属するマニュアルを参照してください。

インストール時にインストール方法をたずねられたら、通常のインストールを選択します。

Windows 95/98 のインストールが終了したら、次のとおり Microsoft バックアップ プログラムをインストールします。
  1. [スタート] メニューの [設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  2. [Windows ファイル] タブの [ディスク管理ツール] をクリックし、次に [詳細] をクリックします。: Windows 98 または Windows 98 Second Edition を使用している場合は、[ディスク ツール] の代わりに [システム ツール] をクリックします。
  3. [バックアップ] チェック ボックスをクリックしてオンにし、[OK] をクリックします。
次にバックアップ ファイル セットからファイルを復元します。

バックアップからのファイルとフォルダの復元

ファイルとフォルダを復元する前に、バックアップの [復元] タブの次のオプションが有効にされていることを確認します。

Windows 95 の場合

  1. [ファイルの復元先] ボックスの [元の場所] をクリックします。
  2. [詳細設定] ボックスの [古いファイルのみ上書きする] をクリックします。

Windows 98 の場合

  1. [復元する場所] ボックスで [元の場所] をクリックします。
  2. [復元方法] セクションの [オプション] をクリックし、[全般] タブの [コンピュータにあるファイルが古い場合のみ置き換える] をクリックします。
ファイルとフォルダを復元するには、該当する方法を使用します。

Windows 95 の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして、[アクセサリ] をポイントし、[システム ツール] をポイントして、[バックアップ] をクリックします。
  2. 初期情報ダイアログ ボックスの [OK] をクリックします。
  3. [復元] タブをクリックします。
  4. 方法 1 の場合、テープ ドライブをクリックします。方法 2 の場合、[復元元] ウィンドウでドライブ C をクリックします。
  5. 正しいバックアップ セットをクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. [バックアップ セットからファイルを選択] ウィンドウから、適切な方法を使用します。
    • 方法 1 の場合、テープ ドライブ アイコンをダブルクリックし、アイコンの前のチェック ボックスをクリックしてオンにします。
    • 方法 2 の場合、バックアップ セット名をダブルクリックし、バックアップ セットの前のチェック ボックスをクリックしてオンにします。[内容] ウィンドウのセカンダリ ハード ディスク (通常ドライブ D) のチェック ボックスをクリックしてオフにします。
  7. [復元の開始] ボタンをクリックします。

Windows 98 の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして、[アクセサリ] をポイントし、[システム ツール] をポイントして、[バックアップ] をクリックします。
  2. [バックアップ ファイルの復元] をクリックします。
  3. [復元項目がある場所] ボックスから、該当するメディア、ファイル、ドライブをクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [バックアップ セットの選択] ダイアログ ボックスから、復元するバックアップ セットをクリックし、[OK] をクリックします。
  5. [復元する項目] ウィンドウから、復元するメディア、ファイル、ドライブをクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. [復元する場所] ボックスの [元の場所] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  7. [既存のファイルを復元する場合] ボックスから、[コンピュータにあるファイルが古い場合のみ置き換える] をクリックし、[開始] をクリックします。
警告: 元のドライブ上で圧縮されていたファイルを圧縮されていないドライブに復元する場合、新しいハード ディスクには元のハード ディスクの少なくとも 2 倍の容量が必要です。正確な比率は、復元するファイルの種類によっても異なることがあります。

バックアップはプログラムの終了時にレジストリ エントリを復元します。その処理の終了前に、ダイアログ ボックスに次のテキストが表示されることがあります。
   システム レジストリ内の設定を復元します。
   この作業には、数分かかります。 レジストリが完全に復元されるまで、コンピュータを
   シャットダウンしないでください。コンピュータが正常に動作しなくなる可能性があります。

新しいハード ディスクでの Windows 95/98 の再起動

バックアップによるファイルの復元が終了したら、すべてのプログラムを閉じ、コンピュータを再起動する必要があります。コンピュータを再起動すると、次のメッセージが表示されることがあります。
Invalid system sisk. Replace the disk, and then press any key
このエラー メッセージが表示された場合、次の手順を実行します。
  1. Windows 95/98 起動ディスクをドライブ A に挿入し、任意のキーを押します。
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。
    a:\sys c:
  3. ディスクをドライブ A から取り出し、コンピュータを再起動します。
これでコンピュータは前のハード ディスクに存在していたものと同一のファイルおよびプログラムを使用する準備が整いました。

ハード ディスク上のバックアップ ファイルの削除 (方法 2 のみ)

すべてのファイルおよびプログラムが適切に復元され、以前どおり動作することが確認できた場合、バックアップによりルート フォルダに作成されたファイルを削除できます。ファイル名は、方法 1 のバックアップ手順の 7 で指定した名前であり、エクスプローラでファイルの拡張子を表示するように設定している場合、.qic 拡張子が付いて表示されます。

その他の情報

この資料の手順を使用して、ファイルを新しいハード ディスクへ復元すると、現在の構成および長いファイル名が保持されます。Windows 95/98 への初期アップグレード時に前のオペレーティング システムをバックアップするように選択していた場合は、Windows 95/98 をアンインストールする機能が保持されます。

この資料で説明した、ドライブ C に Windows 95/98 を格納するハード ディスクを新しいハード ディスクに交換する手順は、マイクロソフトによりサポートされる唯一の手順です。他の方法ではシステムが不安定になったり、データを紛失したりする可能性があります。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 166172 (最終更新日 2002-10-29) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 166172 - 最終更新日: 2004年12月27日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
キーワード:?
kbhowto kbenv KB166172
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com