ユーザー設定フォームおよび Outlook 97 でのプログラミングに関するリソース

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 166368 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では 97 のフォームを customizeOutlook する方法についての情報を検索する場所」および「outlook ソリューションを作成する方法について説明します。

トピックは、次の分野に分類されます。

詳細

カスタム Outlook フォームまたは Outlook を使用してプログラムを開発する方法については、多くのリソースがあります。

重要この資料では、リソースの多くは Microsoft Outlook 98、および Outlook 97 に当てはまらない場合もあります Microsoft Outlook 2000 に関する情報を含めます。Outlook 2000 および COM の Visual Basic for Applications のサポート、アドインはアプリケーション レベルのプログラミング環境を提供します。この種のプログラミングはできません Outlook 97 です。Outlook 97 で、アプリケーション レベルのコードを作成する C または C++ プログラミング言語で、Exchange クライアント拡張機能を作成する必要があります。ただし、カスタム Outlook フォームについては、Outlook 2000 のドキュメントの大半は適用 Outlook 97 をほとんど Outlook ユーザー設定フォームが変更されたため Outlook 97 およびそれ以降のバージョンの Outlook との間で。

よく寄せられる質問

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
170783 カスタマイズや Outlook のプログラミングに関する質問

Outlook のフォームと Visual Basic のヘルプ ファイル

Outlook のヘルプでアドインを使用して、Outlook 97 フォームを作成する方法についての detailedinformation で、Olfrmhlp.exe ファイルが含まれます。 これを取得する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックして、ヘルプ ファイル。
161082 Microsoft Outlook フォームのヘルプ
Visual Basic のヘルプ ファイルの Outlook では、Microsoft Office または Outlook の CD-ROM、ValuPack 既存であります。このヘルプ ファイルをインストール: する

メモ 企業ネットワークから Office または Outlook をインストールした場合、ValuPack ファイルがある場所をネットワーク管理者に問い合わせてください。3.5 インチのディスクからプログラムを設置、ValuPack は含まれていません。これらのファイルが、次のマイクロソフト Web サイトを検索できます。これには、[ヘルプ] メニューのWeb 上で Microsoftをポイントし、[オンライン サポート] をクリックします。
  1. 開いているヘルプ ファイルを閉じます。
  2. Microsoft Office の CD-ROM またはスタンドアロン Outlook の CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。
  3. [ValuPack] フォルダーで、[MoreHelp] フォルダーをダブルクリックします。
  4. Vbaoutl.hlp ファイルをクリックして、キーを押して、CTRL キーを押しし、両方のファイルが選択されるように Vbaoutl.cnt ファイルをクリックし。
  5. これら 2 つのファイルはプログラム ファイル Office\Office フォルダーにコピーします。選択したファイルのいずれかを右クリックし、[コピー] をクリックします。Office フォルダーに空白領域を右クリックし、[貼り付け] をクリックします。
  6. これらのファイルの既存のバージョンを置換するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  7. 更新する内容と、インデックスのテーブルにコピーしたファイルのトピックが含まれます、[スタート] メニューの [検索] をクリックし、[ファイルやフォルダー] をクリックします。
  8. [名前] ボックスに次のように入力します。 *.gid.
  9. [探す場所] ボックスで、次のように入力します。 c:\program ファイル office\office、[検索開始] をクリックするとします。
  10. ダイアログ ボックスで、ファイル名が表示されたら、(CTRL + A) は、すべてのファイル名を選択し、[ファイル] メニューの [削除] をクリックします。

Microsoft Developer Network オンライン

Microsoft Developer Network オンライン (MSDN) では、さまざまな outlook ソリューションの開発に関連するドキュメントを提供します。Outlook は Microsoft Exchange Server のクライアントと Office の一部の両方がため、ドキュメントは MSDN でこれらの領域の両方で提供されます。プライマリの Office ドキュメントは、Office 開発者向けドキュメントの最上位のフォルダーで提供されます。メッセージングおよびコラボレーション サービスの下では、プラットフォーム SDK フォルダーを Exchange Server の主な情報が表示されます。技術文書および背景のフォルダーなどの他の最上位のフォルダーを参照をしてください。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照します。
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp
次の MSDN の Office 開発者向けの Web サイトは、さまざまな Office を基にしたソリューションを構築する方法に関する情報を提供します。
http://msdn.microsoft.com/office
次の Microsoft Exchange Server デベロッパー センターの Web サイトはさまざまな Exchange プラットフォームでソリューションを構築する方法に関する情報を提供します。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/exchange/default.aspx
質問、サンプル コード、ドキュメントの言語、および VBScript を使用する人をダウンロードする無料のファイル、次 Microsoft スクリプト Web サイトでは、頻繁に寄せられます。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms950396.aspx

マイクロソフト サポート技術情報

Outlook ソリューションの作成に関連する aboutissues の最新情報は、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。作業方法に関する資料の多くは、サポート技術情報も含まれます。記事の検索をより簡単に、ほとんど資料カスタム Outlook ソリューションに関連付けられているには、クエリ用語"OutSol97"(引用符を除く) が含まれます。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照します。
http://support.microsoft.com/search/

サード パーティの Web サイト

Outlook ソリューションを作成する方法についての情報を次のサードパーティの Web サイトに提供します。
Outlook と Exchange の開発者リソース センター
http://www.OutlookExchange.com
Outlook と Exchange のソリューション センター (Slipstick システム)
http://www.slipstick.com

書籍

Microsoft Outlook 2002 でアプリケーションの構築
古井 Byrne、マイクロソフト プレス (0-7356-1273年-0) で
マイクロソフトプレス オンライン

Microsoft Outlook と Microsoft Exchange 2003、第 3 版のプログラミング
Thomas Rizzo マイクロソフト プレス (0-7356-1464年-4)
マイクロソフトプレス オンライン

24 時間以内に Outlook 2000 のプログラミングを学ぶ
Sam (ISBN 0-31651-672-X) を押して、Sue Mosher によって

Outlook 2000、CDO、Exchange、および Visual Basic を使用してアプリケーションを開発します。
Raffaele Piemonte スコット Jamison、◆ セグ アスキー Pub 会社を (ISBN: 0-201-61575-4)

Microsoft Outlook 2000 のプログラミング
Sam キーを押して Gordon Padwick とケンのスロバキア語、(ISBN: 0-672-31549-1)

Outlook 2000 の VBA プログラマ リファレンス
Dwayne Gifford Worx プレス (ISBN: 1-861-00253-X)

Outlook 2000 の専門家のプログラミング
ケン Slovack、Chris Burnham、Dwayne Gifford、Worx プレスによって (ISBN: 1-861-00331-5)

メッセージング関連ソリューションの開発に関するその他の書籍、次の SlipStick システム Web サイトを参照してください。
http://www.slipstick.com/books/dev.htm
メモ マイクロソフト プレスから製品に関する一般的な情報は、マイクロソフト プレス (800) マイクロソフトプレスは、電話または、次のマイクロソフト プレスの Web サイトを表示します。
http://mspress.microsoft.com

雑誌

Microsoft Outlook & 交換
アドバイザー メディア, Inc. によって
http://exchangeadvisor.com

マイクロソフト製品サポート サービス

マイクロソフト製品サポート サービス (PSS) が提供するサポートの種類の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
234322 Microsoft Office ソリューションのサポートを取得します。

ソリューション ・ プロバイダー

お住まい地域でのソリューション プロバイダーについては、(800) 765-7768、米国内または (800) 563-9048 カナダでは、マイクロソフト ソリューション プロバイダーの販売および情報行に問い合わせてください。サポートについては、その他の場所で、各国のマイクロソフト社に問い合わせてください。

Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

プロパティ

文書番号: 166368 - 最終更新日: 2014年2月3日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 97 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbprogramming kbmt KB166368 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:166368
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com