Visual Basic 6.0 と Visual C 文字列の safearray 型は、VARIANT * に渡す方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 167668
メモ Microsoft Visual の C++。(2002 年) のサポートは、両方のマネージ コードを NET します。Microsoft から提供されるモデルです。NET Framework とアンマネージ ネイティブMicrosoft Windows コード モデル。この資料の情報にのみ適用されます。Visual C のアンマネージ コードです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

場合、情報を渡すことを確認Visual Basic 6.0 と Visual C の Safearray をほとんどで SafeArray を渡すパラメーターの型 (variant)。MFC では、この変換は、"const バリエーション &変数"パラメーターです。

別の方法として、この記事を紹介する方法渡す、バリアントが、「VARIANT FAR * 変数として"を宣言する MFC で *、パラメーターです。

1 つの方法に使用する理由ですか。ので変更、SafeArray を渡すバリアントでは、ほとんどのアプリケーションを許可するが、すべての.Excel 95 では、safearray 型をバリアント型では、Visual C に渡すことができます。サーバーは、サーバーの値を変更、変更の SafeArray を返し、Excel 95 で変更する必要はありません。この方法を使用する理由の 1 つを使用するです。Visual Basic、事前バインディングを使用すると 6.0 の制限回避。

詳細

この概念を示すために、新しい"MFC を使用を開始します。AppWizard(exe)"StrArray と呼ばれるプロジェクト。「ステップ 3 の 6」を選択します。 オートメーションをクリックして 終了日、し [OK] プロジェクト ファイルを生成します。

メモVisual Studio.NET を使用する場合: 新しい「MFC アプリケーション」を作成します。StrArray と呼ばれるプロジェクトです。で、 高度な機能 タブの選択 オートメーション、し 終了日 プロジェクト ファイルを生成します。

1 つを今すぐ作成します。ClassWizard を使用して、オートメーション メソッドです。ClassWizard では、"CStrArrayDoc"を選択します。"クラス名:"します。クリックして、 オートメーション タブをクリックして メソッドを追加します。.[メソッドの追加] ダイアログ ボックスに次値を入力します。

メモVisual Studio.NET を使用する場合: 1 つの自動化方法を追加します。[クラスの表示]。クラス ビュー ツリーを展開し、VCCOdeIDLLibrary を見てくださいエントリです。ノードの下の IStrArray インターフェイスを検索します。インターフェイスを右クリックし、し、 メソッドを追加します。.[メソッドの追加] ダイアログ ボックスに次値を入力します。
   External Name : Sort
   Internal Name : Sort
   Return Type   : long
   Parameter List:

      Name       : vArray
      Type       : VARIANT*
				


クリックしてください。 [OK]コードを編集します。.

Sort メソッドを実装するには、FastSort メソッドを使用します。下の「参照」セクションで説明した MFCARRAY サンプルの。これは、ことができます。"const としてパラメーターを渡すことの違いを確認します。バリエーション & 変数」とは、「VARIANT * 変数」.として、並べ替えメソッドを変更します。次に示します。

   ...
   #include <afxpriv.h>
   ...
   long CStrArrayDoc::Sort(VARIANT FAR* vArray)
   {

      long i, j, min;
      BSTR bstrTemp;
      SAFEARRAY FAR* psa = NULL;
      BSTR HUGEP *pbstr;
      HRESULT hr;
      DWORD dwTimeStart;
      LONG cElements, lLBound, lUBound;

      USES_CONVERSION;

      // Type check VARIANT parameter. It should contain a BSTR array
      // passed by reference. The array must be passed by reference it is
      // an in-out-parameter.
      if (V_VT(vArray) != (VT_ARRAY | VT_BSTR))
         AfxThrowOleDispatchException(1001,
           "Type Mismatch in Parameter. Pass a string array by reference");
      psa = V_ARRAY(vArray);
      // Check dimensions of the array.
      if (SafeArrayGetDim(psa) != 1)
         AfxThrowOleDispatchException(1002,
           "Type Mismatch in Parameter. Pass a one-dimensional array");

      dwTimeStart = GetTickCount();

      // Get array bounds.
      hr = SafeArrayGetLBound(psa, 1, &lLBound);
      if (FAILED(hr))
          goto error;
      hr = SafeArrayGetUBound(psa, 1, &lUBound);
      if (FAILED(hr))
          goto error;

      // Get a pointer to the elements of the array.
      hr = SafeArrayAccessData(psa, (void HUGEP* FAR*)&pbstr);
      if (FAILED(hr))
         goto error;

      // Bubble sort.
      cElements = lUBound-lLBound+1;
      for (i = 0; i < cElements-1; i++)
      {
         min = i;
         for (j = i+1; j < cElements; j++)
         {
            // NULL is a valid value for a BSTR. This code treats a NULL
            // BSTR as less than other string values.
            if (pbstr[min] == NULL)
               continue;
            else if (pbstr[j] == NULL
               || wcscmp(pbstr[j], pbstr[min]) < 0)
               min = j;
         }

         //Swap array[min] and array[i].
         bstrTemp = pbstr[min];
         pbstr[min] = pbstr[i];
         pbstr[i] = bstrTemp;
      }

      hr = SafeArrayUnaccessData(psa);
      if (FAILED(hr))
         goto error;

      return GetTickCount()-dwTimeStart;

   error:

      AfxThrowOleDispatchException(1003,
        "Unexpected Failure in FastSort method");
      return 0;

   }
				


今すぐビルドし、オートメーション サーバーをテストすることができます。後サーバー構築、実行、スタンドアロンとして登録します。Visual Basic 6.0 を実行します。Visual Basic 6.0 の新しいプロジェクトを作成します。フォーム上にボタンを配置し、次のコードと一致するハンドラーを変更します。

   Private Sub Command1_Click()
      Dim o As Object
      Dim v As Variant
      ReDim v(50) As String
      Dim SortTime As Long

      Set o = CreateObject("StrArray.Document")

      upperbound = 1
      lowerbound = 100
      For n = 0 To 50
          v(n) = "Entry " & Int((upperbound-lowerbound+1)*Rnd+lowerbound)
      Next n

      SortTime = o.Sort(v)
      MsgBox ("Done")
   End Sub
				


Visual Basic 6.0 で動作するのには、次の構文を取得するためのキーです。まず、配列変数を variant としてを暗くして、ReDim、文字列の配列を含むバリアント型になります。テストする準備ができたので、サーバーです。Visual Basic 6.0 のコードで、呼び出しの前後にブレークポイントを設定します。並べ替えをします。Visual Basic 6.0 アプリケーションを実行するには、[Command1] をクリックし、ウォッチを使用v の値を確認するウィンドウです。

関連情報

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
122287Visual Basic 3.0 および Disptest のオートメーション コント ローラーの制限
131046 Binary.exe は OLE オートメーションを使用してバイナリ データを転送します。
131086 オートメーションでのセーフ配列の使用
140202 MFC のオートメーションでのセーフ配列の使用 MFCArray
122289 OLE オートメーションで構造体の受け渡し
154172 ActiveX コントロールと VB の間でバイナリ データを渡す方法
Microsoft システム履歴6 月 1996 年「Q&A OLE」Don Box で。

(c) Microsoft社 1997 年すべての権利予約します。Shawn W. Karr での貢献マイクロソフトでは。

プロパティ

文書番号: 167668 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbautomation kbfaq kbmt KB167668 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:167668
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com