クラスターの Microsoft Cluster Server でのログ収集を有効にする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 168801 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP168801
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

サーバー クラスターのエラーおよびイベントをシステム イベントにログインします。ログです。また電源を入れます、クラスター サービスの詳細のログ記録を構成します。テキストに"Cluster.log"高度なトラブルシューティングにファイルの名前。

詳細

既定では、Windows 2000 およびそれ以降にログをクラスターします。クラスター上の Windows NT は 4.0 サーバー クラスター ログ機能を有効にするを設定する必要があります、次のシステム環境変数:

システムを設定するのには環境変数は、次の手順を実行します。
  1. で、 システム ツールで コントロールパネルをクリックして、 環境 タブします。
  2. エントリをクリックし、 システム環境変数 ウィンドウです。
  3. オフにし、 変数 および テキスト ボックス。
  4. 種類 ClusterLog 続いて変数 ボックス型パス\cluster.log 続いて [ セット、、パス ドライブと、クラスターを格納するフォルダーサーバーのログ ファイルです。

    : Windows 2000 およびそれ以降の推奨される既定パスです% クラスターします。たとえば、C:\WinNT\Cluster\Cluster.log です。
  5. 種類 ClusterLogLevel 続いて変数 ボックスで、目的の値を入力、 (値のリストに依存して) ボックスをクリックし.セット.

    入力した値が どのようなログは、クラスター機能ボックスを決定します。サービスを実行します。次の値のいずれかを入力します。
    • 0= ログ出力なし
    • 1= エラーのみ。
    • 2= エラーと警告
    • 3すべてに発生します。
    : [CLUSTERLOGLEVEL 変数への出力を定義は、/debugスイッチを使用してクラスター サービスを起動すると画面。Cluster.log の内容には影響しませんファイルです。
  6. クリックしてください。 ].
  7. 読み取りは、クラスター サービスはコンピューターを再起動、変数が正しくします。
入力することができます。 セット コマンド プロンプトで再起動した後、正しく変数を入力ことを確認するにはコンピューターです。

: 入力することもできます ユーザー環境変数続いて環境 ダイアログ ボックスします。

既定では、クラスター ログ最大のサイズの 8 mb (メガバイト) に設定されています。クラスター ログに達するとその最大サイズ、前半のログ ファイルを削除することによって切り捨てられ、ログファイルの最後の半分で、ログの先頭にデータを移動します。ファイルです。ログ ファイルは最大サイズに達するまでに引き続き、もう一度と、もう一度切り捨てます。

: クラスター ログ データが 64 KB のチャンク単位で移動します。最初の 64 KB のかたまりログからを削除、ファイルされ、最初の 64 KB チャンクは後、半分ウェイ ポイントのログ ファイルは、ログの先頭に移動します。そして、2 番目の 64 KB のかたまりがログ ファイルから削除し、2 番目の 64 KB のかたまりです。2 番目の 64 KB にするには、半分の方法ポイントのログ ファイルを移動した後、ログを開始しています。ログは半分になるまでこのプロセスを続ける、最大サイズです。このプロセスでは、クラスター サービスがその他のログをバッファーします。エントリ、し、それをログに記録すると切り捨て完了します。

ログの最大サイズを既定を増やすことができます。8 MB で別のシステム環境変数 CLUSTERLOGSIZE を追加することによって、その値は mb 単位で指定します。値 CLUSTERLOGSIZE を 10 に設定した場合、クラスター ログの最大サイズは 10 MB です。最大ログを変更した後サイズ、のみクラスター サービスに変更を反映を再起動する必要があります。効果です。

CLUSTERLOGOVERWRITE システムの環境変数もことができます。設定 (0 = 無効、1 = 有効)。この設定で定義されて起動すると、クラスター サービスは、既存の Cluster.log ファイルという名前のファイルをコピーします。"Cluster.log.bak"。その後、新しい Cluster.log ファイルが作成されのログを取ります。とこのスイッチをクラスター ログのイベントの長い履歴を保持し、ログのサイズを小さくします。問題の特定が簡単にできます。ただし、注意が必要使用する場合、このオプションは、新規のログであるためするたびに、サービスの作成開始します。場合は、クラスター サービスを開始し、短期間の間にもう一度停止してこの複数の新しいログを作成し、長期間の履歴が失われる可能性があります。

次の表に、クラスター ログ環境変数とその効果には、Windows 2000 Server について説明します。
元に戻す全体を表示する
変数既定値効果
ClusterLog%SystemRoot%\Cluster\Cluster.log定義クラスターのログ ファイルが作成されるパス
ClusterLogSize8ログの最大サイズを定義します。単位は MB です。
ClusterLogOverwrite0場合は、新しいクラスターを定義します。ログ サービスの開始時に作成されます。
ClusterLogLevel2どのように詳細なログ記録を定義します。デバッグ モードでが表示されます。
注: Windows Server 2003 での環境変数を使用する必要はありません。

プロパティ

文書番号: 168801 - 最終更新日: 2012年9月12日 - リビジョン: 0.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbclustering kbhowto kbsetup kbmt KB168801 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:168801
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com