DHCP (動的ホスト構成プロトコル) の基本事項

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 169289 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

動的ホスト構成プロトコル (DHCP) は、RFC 1541 (現在は RFC 2131 に置き換えられています) で定義されている標準プロトコルです。サーバーは、このプロトコルを使用して、クライアントに IP アドレス情報や構成情報を動的に割り当てることができます。通常、DHCP サーバーにより、クライアントに少なくとも以下の基本情報が付与されます。
  • IP アドレス

  • サブネット マスク

  • デフォルト ゲートウェイ
また、ドメイン ネーム サービス (DNS) サーバーのアドレスや、Windows インターネット ネーム サービス (WINS) サーバーのアドレスなどの情報も提供できます。システム管理者は、クライアントに送信するオプションを指定して DHCP サーバーを構成します。

詳細

以下のマイクロソフト製品は DHCP クライアント機能を備えています。
  • Windows NT Server Version 3.5、3.51、4.0

  • Windows NT Workstation Version 3.5、3.51、4.0

  • Windows 95

  • Microsoft Network Client version 3.0 for MS-DOS

  • Microsoft LAN Manager Client version 2.2c for MS-DOS

  • Microsoft TCP/IP-32 for Windows for Workgroups Version 3.11、3.11a、3.11b
DHCP サーバーから受信できるオプションは、DHCP クライアントごとに異なります。Microsoft DHCP クライアントでサポートされている DHCP オプションについて参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
121005 クライアント側がサポートしている DHCP オプション
以下のマイクロソフト サーバー オペレーティング システムは DHCP サーバー機能を備えています。
  • Windows NT Server Version 3.5

  • Windows NT Server Version 3.51

  • Windows NT Server Version 4.0
クライアントは、DHCP 情報を受信するように構成された後、初めて初期化されたときに、サーバーとの通信を開始します。

以下の表は、クライアントとサーバーとの間の通信の概要です。右端の列は、各処理のパケット レベルの説明です。
   送信元 MAC   送信先 MAC   送信元 IP    送信先 IP         パケット解説
   アドレス      アドレス      アドレス      アドレス
   -----------------------------------------------------------------
   Client     Broadcast   0.0.0.0    255.255.255.255   DHCP Discover
   DHCPsrvr   Broadcast   DHCPsrvr   255.255.255.255   DHCP Offer
   Client     Broadcast   0.0.0.0    255.255.255.255   DHCP Request
   DHCPsrvr   Broadcast   DHCPsrvr   255.255.255.255   DHCP ACK
				

次に、DHCP クライアントと DHCP サーバーとの間の通信の詳細について説明します。

DHCPDISCOVER

クライアントが DHCPDISCOVER パケットを送信します。以下は、ネットワーク モニタでキャプチャした情報の一部で、DHCPDISCOVER パケットの IP と DHCP に関する部分です。IP セクションを見ると、送信先アドレスが 255.255.255.255、送信元アドレスが 0.0.0.0 になっています。DHCP セクションでは、このパケットが Discover パケットとして識別され、ネットワーク カードの物理アドレスを基に 2 つのフィールドでクライアントが識別されています。chaddr フィールドと DHCP: Client-identifier フィールドの値が同じであることに注目してください。
IP: ID = 0x0; Proto = UDP; Len: 328
    IP: Version = 4 (0x4)
    IP: Header Length = 20 (0x14)
    IP: Service Type = 0 (0x0)
        IP: Precedence = Routine
        IP: ...0.... = Normal Delay
        IP: ....0... = Normal Throughput
        IP: .....0.. = Normal Reliability
    IP: Total Length = 328 (0x148)
    IP: Identification = 0 (0x0)
    IP: Flags Summary = 0 (0x0)
        IP: .......0 = Last fragment in datagram
        IP: ......0. = May fragment datagram if necessary
    IP: Fragment Offset = 0 (0x0) bytes
    IP: Time to Live = 128 (0x80)
    IP: Protocol = UDP - User Datagram
    IP: Checksum = 0x39A6
    IP: Source Address = 0.0.0.0
    IP: Destination Address = 255.255.255.255
    IP: Data: Number of data bytes remaining = 308 (0x0134)
DHCP: Discover           (xid=21274A1D)
    DHCP: Op Code           (op)     = 1 (0x1)
    DHCP: Hardware Type     (htype)  = 1 (0x1) 10Mb Ethernet
    DHCP: Hardware Address Length (hlen) = 6 (0x6)
    DHCP: Hops              (hops)   = 0 (0x0)
    DHCP: Transaction ID    (xid)    = 556223005 (0x21274A1D)
    DHCP: Seconds           (secs)   = 0 (0x0)
    DHCP: Flags             (flags)  = 0 (0x0)
        DHCP: 0............... = No Broadcast
    DHCP: Client IP Address (ciaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Your   IP Address (yiaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Server IP Address (siaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Relay  IP Address (giaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Client Ethernet Address (chaddr) = 08002B2ED85E
    DHCP: Server Host Name  (sname)  = <Blank>
    DHCP: Boot File Name    (file)   = <Blank>
    DHCP: Magic Cookie = [OK]
    DHCP: Option Field      (options)
        DHCP: DHCP Message Type      = DHCP Discover
        DHCP: Client-identifier      = (Type: 1) 08 00 2b 2e d8 5e
        DHCP: Host Name              = JUMBO-WS
        DHCP: Parameter Request List = (Length: 7) 01 0f 03 2c 2e 2f 06
        DHCP: End of this option field
				

DHCPOFFER

DHCP サーバーは DHCPOFFER パケットを送信して応答します。以下に示すキャプチャ情報の IP セクションでは、送信元アドレスが DHCP サーバーの IP アドレス、送信先アドレスがブロードキャスト アドレス 255.255.255.255 になっています。DHCP セクションでは、このパケットが Offer として識別されています。yiaddr フィールドには、サーバーがクライアントに割り当てる IP アドレスが設定されています。chaddr フィールドには、要求元クライアントの物理アドレスが設定されたままです。DHCP Option Field セクションには、サーバーから IP アドレスと共に送信される各種オプションがあります。この例では、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイ (Router)、リース時間、WINS サーバー アドレス (NetBIOS Name Service)、および NetBIOS Node Type が送信されています。
IP: ID = 0x3C30; Proto = UDP; Len: 328
    IP: Version = 4 (0x4)
    IP: Header Length = 20 (0x14)
    IP: Service Type = 0 (0x0)
        IP: Precedence = Routine
        IP: ...0.... = Normal Delay
        IP: ....0... = Normal Throughput
        IP: .....0.. = Normal Reliability
    IP: Total Length = 328 (0x148)
    IP: Identification = 15408 (0x3C30)
    IP: Flags Summary = 0 (0x0)
        IP: .......0 = Last fragment in datagram
        IP: ......0. = May fragment datagram if necessary
    IP: Fragment Offset = 0 (0x0) bytes
    IP: Time to Live = 128 (0x80)
    IP: Protocol = UDP - User Datagram
    IP: Checksum = 0x2FA8
    IP: Source Address = 157.54.48.151
    IP: Destination Address = 255.255.255.255
    IP: Data: Number of data bytes remaining = 308 (0x0134)
DHCP: Offer              (xid=21274A1D)
    DHCP: Op Code           (op)     = 2 (0x2)
    DHCP: Hardware Type     (htype)  = 1 (0x1) 10Mb Ethernet
    DHCP: Hardware Address Length (hlen) = 6 (0x6)
    DHCP: Hops              (hops)   = 0 (0x0)
    DHCP: Transaction ID    (xid)    = 556223005 (0x21274A1D)
    DHCP: Seconds           (secs)   = 0 (0x0)
    DHCP: Flags             (flags)  = 0 (0x0)
        DHCP: 0............... = No Broadcast
    DHCP: Client IP Address (ciaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Your   IP Address (yiaddr) = 157.54.50.5
    DHCP: Server IP Address (siaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Relay  IP Address (giaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Client Ethernet Address (chaddr) = 08002B2ED85E
    DHCP: Server Host Name  (sname)  = <Blank>
    DHCP: Boot File Name    (file)   = <Blank>
    DHCP: Magic Cookie = [OK]
    DHCP: Option Field      (options)
        DHCP: DHCP Message Type      = DHCP Offer
        DHCP: Subnet Mask            = 255.255.240.0
        DHCP: Renewal Time Value (T1) = 8 Days,  0:00:00
        DHCP: Rebinding Time Value (T2) = 14 Days,  0:00:00
        DHCP: IP Address Lease Time  = 16 Days,  0:00:00
        DHCP: Server Identifier      = 157.54.48.151
        DHCP: Router                 = 157.54.48.1
        DHCP: NetBIOS Name Service   = 157.54.16.154
        DHCP: NetBIOS Node Type      = (Length: 1) 04
        DHCP: End of this option field
				

DHCPREQUEST

クライアントが DHCPREQUEST を送信して DHCPOFFER に応答します。以下のキャプチャ情報の IP セクションでは、クライアントの送信元アドレスは 0.0.0.0 のまま、パケットの送信先アドレスも 255.255.255.255 のままです。クライアントのアドレスが 0.0.0.0 のままである理由は、用意されたアドレスの使用許可をクライアントがサーバーから受信していないからです。送信先アドレスがブロードキャスト アドレスのままである理由は、複数の DHCP サーバーが応答して、クライアントに対する Offer の割り当てを保持している可能性があるからです。これによって、他の DHCP サーバーは用意したアドレスを解放し、アドレスをプールに返してもよいことを認識できます。DHCP セクションでは、このパケットが Request として識別され、用意されたアドレスが DHCP: Requested Address フィールドを使用して検証されます。DHCP: Server Identifier フィールドには、IP アドレスを割り当てる DHCP サーバーの IP アドレスが示されています。
IP: ID = 0x100; Proto = UDP; Len: 328
    IP: Version = 4 (0x4)
    IP: Header Length = 20 (0x14)
    IP: Service Type = 0 (0x0)
        IP: Precedence = Routine
        IP: ...0.... = Normal Delay
        IP: ....0... = Normal Throughput
        IP: .....0.. = Normal Reliability
    IP: Total Length = 328 (0x148)
    IP: Identification = 256 (0x100)
    IP: Flags Summary = 0 (0x0)
        IP: .......0 = Last fragment in datagram
        IP: ......0. = May fragment datagram if necessary
    IP: Fragment Offset = 0 (0x0) bytes
    IP: Time to Live = 128 (0x80)
    IP: Protocol = UDP - User Datagram
    IP: Checksum = 0x38A6
    IP: Source Address = 0.0.0.0
    IP: Destination Address = 255.255.255.255
    IP: Data: Number of data bytes remaining = 308 (0x0134)
DHCP: Request            (xid=21274A1D)
    DHCP: Op Code           (op)     = 1 (0x1)
    DHCP: Hardware Type     (htype)  = 1 (0x1) 10Mb Ethernet
    DHCP: Hardware Address Length (hlen) = 6 (0x6)
    DHCP: Hops              (hops)   = 0 (0x0)
    DHCP: Transaction ID    (xid)    = 556223005 (0x21274A1D)
    DHCP: Seconds           (secs)   = 0 (0x0)
    DHCP: Flags             (flags)  = 0 (0x0)
        DHCP: 0............... = No Broadcast
    DHCP: Client IP Address (ciaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Your   IP Address (yiaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Server IP Address (siaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Relay  IP Address (giaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Client Ethernet Address (chaddr) = 08002B2ED85E
    DHCP: Server Host Name  (sname)  = <Blank>
    DHCP: Boot File Name    (file)   = <Blank>
    DHCP: Magic Cookie = [OK]
    DHCP: Option Field      (options)
        DHCP: DHCP Message Type      = DHCP Request
        DHCP: Client-identifier      = (Type: 1) 08 00 2b 2e d8 5e
        DHCP: Requested Address      = 157.54.50.5
        DHCP: Server Identifier      = 157.54.48.151
        DHCP: Host Name              = JUMBO-WS
        DHCP: Parameter Request List = (Length: 7) 01 0f 03 2c 2e 2f 06
        DHCP: End of this option field
				

DHCPACK

DHCP サーバーが DHCPREQUEST に対して DHCPACK で応答します。これで初期化の手順は完了です。送信元アドレスは DHCP サーバーの IP アドレス、送信先アドレスは 255.255.255.255 のままです。yiaddr フィールドにはクライアントのアドレスが設定され、chaddr および DHCP: Client-identifier フィールドには要求元クライアントのネットワーク カードの物理アドレスが設定されています。DHCP Option Field では、このパケットが ACK として識別されています。
IP: ID = 0x3D30; Proto = UDP; Len: 328
    IP: Version = 4 (0x4)
    IP: Header Length = 20 (0x14)
    IP: Service Type = 0 (0x0)
        IP: Precedence = Routine
        IP: ...0.... = Normal Delay
        IP: ....0... = Normal Throughput
        IP: .....0.. = Normal Reliability
    IP: Total Length = 328 (0x148)
    IP: Identification = 15664 (0x3D30)
    IP: Flags Summary = 0 (0x0)
        IP: .......0 = Last fragment in datagram
        IP: ......0. = May fragment datagram if necessary
    IP: Fragment Offset = 0 (0x0) bytes
    IP: Time to Live = 128 (0x80)
    IP: Protocol = UDP - User Datagram
    IP: Checksum = 0x2EA8
    IP: Source Address = 157.54.48.151
    IP: Destination Address = 255.255.255.255
    IP: Data: Number of data bytes remaining = 308 (0x0134)
DHCP: ACK                (xid=21274A1D)
    DHCP: Op Code           (op)     = 2 (0x2)
    DHCP: Hardware Type     (htype)  = 1 (0x1) 10Mb Ethernet
    DHCP: Hardware Address Length (hlen) = 6 (0x6)
    DHCP: Hops              (hops)   = 0 (0x0)
    DHCP: Transaction ID    (xid)    = 556223005 (0x21274A1D)
    DHCP: Seconds           (secs)   = 0 (0x0)
    DHCP: Flags             (flags)  = 0 (0x0)
        DHCP: 0............... = No Broadcast
    DHCP: Client IP Address (ciaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Your   IP Address (yiaddr) = 157.54.50.5
    DHCP: Server IP Address (siaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Relay  IP Address (giaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Client Ethernet Address (chaddr) = 08002B2ED85E
    DHCP: Server Host Name  (sname)  = <Blank>
    DHCP: Boot File Name    (file)   = <Blank>
    DHCP: Magic Cookie = [OK]
    DHCP: Option Field      (options)
        DHCP: DHCP Message Type      = DHCP ACK
        DHCP: Renewal Time Value (T1) = 8 Days,  0:00:00
        DHCP: Rebinding Time Value (T2) = 14 Days,  0:00:00
        DHCP: IP Address Lease Time  = 16 Days,  0:00:00
        DHCP: Server Identifier      = 157.54.48.151
        DHCP: Subnet Mask            = 255.255.240.0
        DHCP: Router                 = 157.54.48.1
        DHCP: NetBIOS Name Service   = 157.54.16.154
        DHCP: NetBIOS Node Type      = (Length: 1) 04
        DHCP: End of this option field
				

DHCP から既に IP アドレスを割り当てられているクライアントが再起動した場合、クライアントは前と同じ IP アドレスを特殊な DHCPREQUEST パケットで要求します。送信元アドレスは 0.0.0.0、送信先アドレスはブロードキャスト アドレス 255.255.255.255 です。マイクロソフト準拠のクライアントの場合、以前割り当てられたアドレスが DHCP Option Field の DHCP: Requested Address に設定されます。RFC に厳密に準拠するクライアントの場合、要求するアドレスが ciaddr フィールドに設定されます。マイクロソフトの DHCP サーバーは、いずれの仕様にも対応しています。
IP: ID = 0x0; Proto = UDP; Len: 328
    IP: Version = 4 (0x4)
    IP: Header Length = 20 (0x14)
    IP: Service Type = 0 (0x0)
        IP: Precedence = Routine
        IP: ...0.... = Normal Delay
        IP: ....0... = Normal Throughput
        IP: .....0.. = Normal Reliability
    IP: Total Length = 328 (0x148)
    IP: Identification = 0 (0x0)
    IP: Flags Summary = 0 (0x0)
        IP: .......0 = Last fragment in datagram
        IP: ......0. = May fragment datagram if necessary
    IP: Fragment Offset = 0 (0x0) bytes
    IP: Time to Live = 128 (0x80)
    IP: Protocol = UDP - User Datagram
    IP: Checksum = 0x39A6
    IP: Source Address = 0.0.0.0
    IP: Destination Address = 255.255.255.255
    IP: Data: Number of data bytes remaining = 308 (0x0134)
DHCP: Request            (xid=2757554E)
    DHCP: Op Code           (op)     = 1 (0x1)
    DHCP: Hardware Type     (htype)  = 1 (0x1) 10Mb Ethernet
    DHCP: Hardware Address Length (hlen) = 6 (0x6)
    DHCP: Hops              (hops)   = 0 (0x0)
    DHCP: Transaction ID    (xid)    = 660034894 (0x2757554E)
    DHCP: Seconds           (secs)   = 0 (0x0)
    DHCP: Flags             (flags)  = 0 (0x0)
        DHCP: 0............... = No Broadcast
    DHCP: Client IP Address (ciaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Your   IP Address (yiaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Server IP Address (siaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Relay  IP Address (giaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Client Ethernet Address (chaddr) = 08002B2ED85E
    DHCP: Server Host Name  (sname)  = <Blank>
    DHCP: Boot File Name    (file)   = <Blank>
    DHCP: Magic Cookie = [OK]
    DHCP: Option Field      (options)
        DHCP: DHCP Message Type      = DHCP Request
        DHCP: Client-identifier      = (Type: 1) 08 00 2b 2e d8 5e
        DHCP: Requested Address      = 157.54.50.5
        DHCP: Host Name              = JUMBO-WS
        DHCP: Parameter Request List = (Length: 7) 01 0f 03 2c 2e 2f 06
        DHCP: End of this option field
				

この時点で、サーバーが応答する場合と応答しない場合があります。Windows NT DHCP サーバーの動作は、オペレーティング システムのバージョンや、スーパースコープなどその他の要因に応じて異なります。クライアントに同じアドレスを割り当てることができると判断した場合、サーバーは応答しないか、DHCPREQUEST に対して ACK で応答します。クライアントに同じアドレスを割り当てることができないと判断した場合は、NACK を送信します。
IP: ID = 0x3F1A; Proto = UDP; Len: 328
    IP: Version = 4 (0x4)
    IP: Header Length = 20 (0x14)
    IP: Service Type = 0 (0x0)
        IP: Precedence = Routine
        IP: ...0.... = Normal Delay
        IP: ....0... = Normal Throughput
        IP: .....0.. = Normal Reliability
    IP: Total Length = 328 (0x148)
    IP: Identification = 16154 (0x3F1A)
    IP: Flags Summary = 0 (0x0)
        IP: .......0 = Last fragment in datagram
        IP: ......0. = May fragment datagram if necessary
    IP: Fragment Offset = 0 (0x0) bytes
    IP: Time to Live = 128 (0x80)
    IP: Protocol = UDP - User Datagram
    IP: Checksum = 0x2CBE
    IP: Source Address = 157.54.48.151
    IP: Destination Address = 255.255.255.255
    IP: Data: Number of data bytes remaining = 308 (0x0134)
DHCP: NACK               (xid=74A005CE)
    DHCP: Op Code           (op)     = 2 (0x2)
    DHCP: Hardware Type     (htype)  = 1 (0x1) 10Mb Ethernet
    DHCP: Hardware Address Length (hlen) = 6 (0x6)
    DHCP: Hops              (hops)   = 0 (0x0)
    DHCP: Transaction ID    (xid)    = 1956644302 (0x74A005CE)
    DHCP: Seconds           (secs)   = 0 (0x0)
    DHCP: Flags             (flags)  = 0 (0x0)
        DHCP: 0............... = No Broadcast
    DHCP: Client IP Address (ciaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Your   IP Address (yiaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Server IP Address (siaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Relay  IP Address (giaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Client Ethernet Address (chaddr) = 08002B2ED85E
    DHCP: Server Host Name  (sname)  = <Blank>
    DHCP: Boot File Name    (file)   = <Blank>
    DHCP: Magic Cookie = [OK]
    DHCP: Option Field      (options)
        DHCP: DHCP Message Type      = DHCP NACK
        DHCP: Server Identifier      = 157.54.48.151
        DHCP: End of this option field
				

次に、クライアントは検出処理を開始しますが、DHCPDISCOVER パケットは同じアドレスのリースを要求します。多くの場合、クライアントは同じアドレスを取得しますが、必ず取得できるとは限りません。
IP: ID = 0x100; Proto = UDP; Len: 328
    IP: Version = 4 (0x4)
    IP: Header Length = 20 (0x14)
    IP: Service Type = 0 (0x0)
        IP: Precedence = Routine
        IP: ...0.... = Normal Delay
        IP: ....0... = Normal Throughput
        IP: .....0.. = Normal Reliability
    IP: Total Length = 328 (0x148)
    IP: Identification = 256 (0x100)
    IP: Flags Summary = 0 (0x0)
        IP: .......0 = Last fragment in datagram
        IP: ......0. = May fragment datagram if necessary
    IP: Fragment Offset = 0 (0x0) bytes
    IP: Time to Live = 128 (0x80)
    IP: Protocol = UDP - User Datagram
    IP: Checksum = 0x38A6
    IP: Source Address = 0.0.0.0
    IP: Destination Address = 255.255.255.255
    IP: Data: Number of data bytes remaining = 308 (0x0134)
DHCP: Discover           (xid=3ED14752)
    DHCP: Op Code           (op)     = 1 (0x1)
    DHCP: Hardware Type     (htype)  = 1 (0x1) 10Mb Ethernet
    DHCP: Hardware Address Length (hlen) = 6 (0x6)
    DHCP: Hops              (hops)   = 0 (0x0)
    DHCP: Transaction ID    (xid)    = 1053902674 (0x3ED14752)
    DHCP: Seconds           (secs)   = 0 (0x0)
    DHCP: Flags             (flags)  = 0 (0x0)
        DHCP: 0............... = No Broadcast
    DHCP: Client IP Address (ciaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Your   IP Address (yiaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Server IP Address (siaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Relay  IP Address (giaddr) = 0.0.0.0
    DHCP: Client Ethernet Address (chaddr) = 08002B2ED85E
    DHCP: Server Host Name  (sname)  = <Blank>
    DHCP: Boot File Name    (file)   = <Blank>
    DHCP: Magic Cookie = [OK]
    DHCP: Option Field      (options)
        DHCP: DHCP Message Type      = DHCP Discover
        DHCP: Client-identifier      = (Type: 1) 08 00 2b 2e d8 5e
        DHCP: Requested Address      = 157.54.51.5
        DHCP: Host Name              = JUMBO-WS
        DHCP: Parameter Request List = (Length: 7) 01 0f 03 2c 2e 2f 06
        DHCP: End of this option field
				

クライアントが DHCP サーバーから取得した DHCP 情報には、リース時間が関連付けられています。DHCP から割り当てられた情報の使用期間は、リース時間によって決められています。所定の時間に達すると、クライアントは DHCP 情報の更新を要求します。

Windows または Windows for Workgroups クライアントの IP 情報を参照するには、IPCONFIG ユーティリティを使用します。クライアントが Windows 95 の場合は WINIPCFG を使用します。

関連情報

DHCP の詳細については、RFC1541 および RFC2131 を参照してください。RFC は、インターネット上の多数のサイトで公開されています。以下に例を示します。
http://info.internet.isi.edu/
および
http://www.rfc-editor.org/rfcsearch.html

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 169289 (最終更新日 2003-06-03) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 169289 - 最終更新日: 2004年9月16日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 3.5
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows for Workgroups 3.2
  • Microsoft TCP/IP-32 for Windows for Workgroups 1.0
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbtshoot kbnetwork KB169289
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com