情報: ODBC 接続に関するよく寄せられる質問プール

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 169470 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ここではいくつかの最も頻繁に寄せられるについて説明します。ODBC 接続プーリングについての質問します。

詳細

  1. Q. ODBC 接続プールです。

    A.接続プーリング ODBC 3.0 の新機能を紹介です。接続プールのプールからの接続を再利用するのには、ODBC アプリケーションをできます。接続します。接続が作成され、ODBC、プール内に配置アプリケーション、同じドライバーと同じ共有に接続を再利用することができます。完全な接続プロセスを実行する環境 (henv)。ただし、接続は異なる henv または別のドライバーの間でのみ使用できます。
  2. (問) ODBC ドライバー 2.x でのプールの接続を使用ことができます。

    A. 接続プーリング ODBC ドライバ ・ マネージャーに実装されています。バージョン 3.0 またはそれ以降です。ドライバーのバージョンは重要ではありません。
  3. (問) Microsoft に接続プールを有効にすることができます。ドライバーは、ドライバーの接続プールを実装されているためにアクセスします。マネージャーか。

    A. Microsoft Access の接続プールを有効にします。ドライバーです。Microsoft Access Jet を使用してジェットからジェットを起動安全なスレッドです。4.0。 MDAC 2.1 とその後のアクセス ODBC の接続プールを持つことができます。ドライバーです。
  4. (問) ODBC の接続プールを有効にする方法アプリケーションでしょうか。

    A. ODBC アプリケーションを使用していませんを呼び出すことができます、SQL_ATTR_CONNECTION_POOLING 属性を使用して接続プールを有効にします。詳細についてはODBC アプリケーションで接続プールを有効にする方法については、次の資料で、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
    164221ODBC アプリケーションで接続プールを有効にする方法
  5. (問) 場合は、アプリケーションで接続プールを有効にする方法Visual Basic で記述されたか。

    A. A Visual Basic、または ODBC アプリケーションことができます。接続プールを有効にするしていませんします。接続それ以降の接続で行われたプールは、プロセス レベルの属性です。ODBC ドライバー マネージャー、Visual Basic アプリケーションでの接続を使用します。プール。関数の宣言とコードは、Visual Basic アプリケーションを使用することができます。接続プールを有効にするには。
          Declare Function SQLSetEnvAttr Lib "odbc32.dll" (ByVal henv As Long,
          ByVal Attribute As Long, ByVal Value As Long, ByVal StringLength As
          Long) As Integer
    
          ' env attribute
          Public Const SQL_ATTR_CONNECTION_POOLING = 201
          Public Const SQL_ATTR_CP_MATCH = 202
    
          ' values for SQL_ATTR_CONNECTION_POOLING
          Public Const SQL_CP_ONE_PER_DRIVER = 1
          Public Const SQL_IS_UINTEGER = -5
    
          nstatus = SQLSetEnvAttr(0, SQL_ATTR_CONNECTION_POOLING,
          SQL_CP_ONE_PER_DRIVER, SQL_IS_UINTEGER)
          SQLAllocEnv...
          SQLAllocConnect...
          SQLConnect...
          SQLDisConnect...
          SQLFreeConnect...
          SQLFreeEnv...
    					
    詳細については、記事番号をクリックしてください。以下のマイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには。
    237844 [Howto]: ODBC の接続プールの VB の ADO アプリケーションを有効にします。
    228843 [Howto]: セッションの Visual Basic の ADO プログラムからプールを実装します。
  6. (問) OLE DB の接続プールを有効にする方法アプリケーションでしょうか。

    A.、OLE DB アプリケーションしていませんを呼び出すことができます。接続プールを有効にします。

    有効にする方法の詳細についてOLE DB アプリケーションでは、接続プールをご覧ください、次の資料マイクロソフト サポート技術情報で。
    166083OLE DB アプリケーションの接続プールを有効にする方法
  7. (問) アクティブなサーバー接続プールを有効にする方法Pages (ASP) または ActiveX データ オブジェクト (ADO) でしょうか。

    A. マイクロソフトのインターネット情報サービス (IIS) バージョン 3.0 を Active Server Pages の使用します。接続をプールするの。IIS ユーザーによって接続をプールを有効にすることができます。StartConnectionPool の値を 1 に変更します。StartConnectionPool です。HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\W3SVC\ASP の下にあります。\Parameters。
  8. Q. プール内の接続数を制限する方法

    A. プール内の接続の数が ODBC によって制御されています。ドライバー マネージャー。ODBC アプリケーションはその制御できません。
  9. どのように多くの接続を監視する方法 (問) プール内であるか。

    A. 接続での接続を確認することができます。プールです。詳細については、次の資料番号をクリックしてください。マイクロソフトのサポート技術情報の記事を表示するのには
    216950 ODBC の接続プールのパフォーマンス カウンターを有効にする方法
    238442 ODBC 接続オブジェクトをプールからパフォーマンス モニターが表示されなくなります。
    245543 情報: ODBC の接続プールのパフォーマンス モニターのカウンター
  10. (問) 方法は、接続プールをクリアします。

    A. どれくらいの時間接続がプールに残っているに依存します。ODBC ドライバーの CPTimeout のプロパティです。タイムアウト期限が切れると、接続閉じるし、プールから削除します。ODBC アプリケーションを使用することができます。値の CPTimeout をこの値を変更するのには、SQLConfigDriver のすべてに適用されます。指定された ODBC ドライバーを使用している ODBC アプリケーション。既定値CPTimeout 値は 60 秒です。
  11. Q: 私が明示的に場合は接続プールを有効にするのには、Microsoft トランザクション サーバーにアプリケーションを実行しているか。

    A:、ODBC ドライバーを ODBC データ ソースは Microsoft トランザクションになります。サーバーは、接続プールを有効にします。明示的に有効にする必要はありません。接続をプールします。
  12. (問)、プール内の接続が不良ですか。ODBC をしますドライバー マネージャーが検出できるか。

    A. ODBC 3.0 上で不良を手します。接続が正しくないかどうかをチェックすることがなく接続します。サービスでパック 1、ドライバー マネージャーは接続不良を検出します。場合、プールは悪いです、ドライバー マネージャーはそれを検出し、正常な接続を取得します。場合ドライバー マネージャーは、接続を作成することができません、それが返されます、エラー メッセージです。
  13. (問) と ODBC 3.0 Service Pack 1、ODBC ドライバーはマネージャーがサーバーにない場合、データベース サーバーに繰り返し接続しよう使用できるでしょうか。

    A. ODBC 3.0 Service Pack 1 は、新しい API が導入、ODBCSetTryWaitValue は、ODBC ドライバー マネージャーに接続できないようにします。使用できないサーバー繰り返しします。ODBCSetTryWaitValue の DWORD パラメーターを受け取り、情報は、レジストリの次の場所に保存します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Odbc\Odbcinst.ini\ODBC 接続 Pooling\Retry の待機
    ダイバー マネージャーが無効なデータベース ・ サーバを検出すると、それを返しますエラー メッセージをクリックし、[接続時にマークを付けます。その時点までRetryWait 値の期限が切れる、ドライバー マネージャーを返しますなしデータベース サーバーに再接続しようとしています。

    詳細については方法については、ODBCSetTryWaitValue の ODBC API を使用して、次の資料を参照してくださいにマイクロソフトのサポート技術情報:
    168250接続不良での IIS のパフォーマンスが低下します。

関連情報

詳細については接続プールとセッションプールは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms810829.aspx

プロパティ

文書番号: 169470 - 最終更新日: 2013年7月1日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Data Access Components 2.1
  • Microsoft Data Access Components 2.5
  • Microsoft Data Access Components 2.6
  • Microsoft Data Access Components 2.7
キーワード:?
kbdatabase kbgrpdsmdac kbgrpdsvcdb kbinfo kbmdac250 kbmdac260 kbmdac270 kbodbc kboledb kbusage kbvbp kbmt KB169470 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:169470
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com