インターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) の基礎

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 170292
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

インターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) が、エラーを報告し、診断ユーティリティは IP の必須部分と見なされます実装します。ICMP を理解し、どのような可能性があります生成できますを知ること特定の種類の ICMP は、ネットワーク問題の診断に有用です。

詳細

Icmp ルーターや仲介装置は、ホストが通信に使用されます。更新やエラーの情報を他のルーター、仲介装置、またはホストします。

各 ICMP メッセージには目的を定義する 3 つのフィールドが含まれていて、チェックサムを提供します。これらの種類、コード、およびチェックサムのフィールドです。種類フィールド、ICMP メッセージを示し、"コード"フィールドは、説明します。関連付けの種類] フィールド、およびチェックサムについてはメッセージの整合性を判断するメソッドです。

定義されている型は、次のとおりです。
TYPE   Description
----   -----------
0      Echo Reply
3      Destination Unreachable
4      Source Quench
5      Redirect Message
8      Echo Request
11     Time Exceeded
12     Parameter Problem
13     Timestamp Request
14     Timestamp Reply
15     Information Request (No Longer Used)
16     Information Reply (No Longer Used)
17     Address Mask Request
18     Address Mask Reply
				

エコー要求 & エコー応答

これは、最も一般に PING と呼ばれる IP 接続をテストするのには使用される ICMP です。エコーの要求 ICMP に 8 の種類フィールドと 0 のコード フィールド必要があります。エコー応答では、0 の種類フィールドと 0 のコードのフィールドがあります。

到達できない宛先

送信先到達不能、タイプ 3、ICMP パケットを配信できない場合です。生成します。3 の種類の Icmp は、0 〜 15 のコード値を持つことができます。
Type 3
Code
Value   Description
-----   -----------
0       Network Unreachable
1       Host Unreachable
2       Protocol Unreachable
3       Port Unreachable
4       Fragmentation needed and DF (Don't Fragment) set
5       Source route failed
6       Destination Network unknown
7       Destination Host unknown
8       Source Host isolated
9       Communication with Destination Network Administratively Prohibited
10      Communication with Destination Host Administratively Prohibited
11      Network Unreachable for Type Of Service
12      Host Unreachable for Type Of Service
13      Communication Administratively Prohibited by Filtering
14      Host Precedence Violation
15      Precedence Cutoff in Effect
				

発信元の抑制

4、コード 0 の種類フィールド、ICMP 発信元抑制メッセージをしました。ソース元抑制メッセージを送信するターゲットのトラフィックを処理できない場合簡易ソースから送信されます。ソースの抑制 ICMP を示します、バックでは、データを送信して、速度をカットするのには、ソースです。リンク先ソースを送信するまで、ソース抑制の Icmp を生成し続けます許容可能な速度では。

メッセージをリダイレクトします。

中間デバイスは、ICMP リダイレクト メッセージが生成されますと、ルートを要求しているか、ローカルに到達できることを指定しますまたは。〜 より良いパスです。リダイレクト メッセージの Icmp タイプ 5 は、さらに次のコードのフィールドの値が定義されて。
Type 5
Code
Value   Description
-----   -----------
0       Redirect datagrams for the Network
1       Redirect datagrams for the Host
2       Redirect datagrams for the Type of Service and Network
3       Redirect datagrams for the Type of Service and Host
				

時間を超過しました

ルーターまたはホストがタイムアウトのためにパケットを破棄した場合、生成されます。時間の超過 ICMP の 11 を入力します。時間の超過 ICMP コードがあります。0 または 1 のいずれかの値です。0 のコードを生成する場合、ホップ数、データグラムに達するし、パケットは破棄されます。コード 1 が生成されます。ときは、断片化されたパケットの再アセンブリ、タイムアウト値を超えています。

パラメーターの問題

場合は、中間デバイスまたはホストできないのためのデータグラムを破棄処理するのには、ICMP 12 が生成されます。この ICMP の一般的な原因は破損のヘッダー情報またはオプションが存在しません。場合は、ICMP の理由必要な不足しているオプションであり、ICMP コード値が 1 の必要があります。場合は、コードの値は 0 で、ポインターのフィールドは、破棄されたオクテットが含まれますデータグラムのヘッダーがエラーが検出されました。

タイムスタンプ要求 & タイムスタンプ応答

タイムスタンプ要求とタイムスタンプ応答は基本的な方法さまざまなデバイス上で保持する時間を同期します。要求が、13 の応答の種類フィールド種類 14 です。このメソッド同期は、露骨な信頼性の低いです。したがって、負荷がないです。使用します。

情報要求 & 情報の応答

これらの ICMP の種類が最初起動ホストを許可するように設計されてIP アドレスを検出します。このメソッドは廃止されは使用されなくなりました。最も一般的な方法 BOOTP (ブートス トラップの IP アドレスの検出プロトコル) および DHCP (動的ホスト構成プロトコル)。BOOTP を定義します。RFC1542 で、DHCP RFC1541 で定義されています。詳細についてDHCP は、マイクロソフトの実装を参照してください、次のマイクロソフトサポート技術情報の記事:
169289 動的ホスト構成プロトコル (DHCP) の基礎

アドレス マスク要求 & アドレス マスク応答

起動するコンピューターで使用中、ローカルのサブネット マスクを確認するにはネットワークのアドレス マスク要求 ICMP の種類 17 を使用します。中間デバイスまたは仲介装置として動作するコンピューターは、種類 18 を返信します。ICMP アドレス マスク返信 ICMP。

関連情報

ICMP の詳細については、「RFC950、RFC792、および RFC1122」を参照してください。

Rfc は、インターネット経由で次のように取得可能性があります。

すべての Rfc の紙のコピーは、個別に、NIC から利用します。または、サービスごと (詳細については連絡先NIC@NIC。DDN。ミル).オンラインのコピー FTP または Kermit を使用可能します。NICDDN。Rfc と rfc としてミル #### .txt または rfc/rfc ####。PS (#### は RFC 番号です先行ゼロなし)。

プロパティ

文書番号: 170292 - 最終更新日: 2011年7月5日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbnetwork kbmt KB170292 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:170292
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com