インストールされている複数のリダイレクター接続遅延

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 171386
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP171386
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

ネットワーク リソースに接続しようとすると遅延が発生する可能性があります。複数のリダイレクターがインストールされているシステムでします。この遅れはのみ行われます。最初に接続を試みること。

原因

ネットワークにさらに WNET API の初期 UNC 試行が行われる場合リソース複数のリダイレクター、Windows NT システムを搭載から複数 UNC プロバイダー (MUP) を識別するために要求を送信します。リダイレクターに要求を処理する必要があります。

解決方法

Windows NT 4.0

この問題を解決するには、Windows NT 4.0 または Windows NT Server 4.0、Terminal Server Edition の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
152734 Windows NT 4.0 の最新の service pack を入手する方法

Windows 2000 および Windows XP

MUP に変更が加えられたような場合、リダイレクターとともに正常な応答と、最高の優先順位を最初に試み、リダイレクターの優先順位が低いが、省略され、接続されて優先順位が最も高いリダイレクターを介して行われました。

この機能を有効にすると、更新された Mup.sys が必要です。速度の向上DisableDFS のレジストリ エントリを変更することがあります。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

警告 レジストリ エディターを誤って使用する深刻な問題を起こすことオペレーティング システムを再インストールする必要があります。Microsoft ことはできません。保証、レジストリ エディターの誤用により発生した問題解決することができます。お客様の責任においてレジストリ エディターを使用します。

レジストリの編集方法の詳細については、「変更キーとを表示する「値のオンライン ヘルプ トピックでレジストリ エディター (Regedit.exe) または"追加しレジストリ内の情報を削除"やオンライン ヘルプの「レジストリ データを編集」トピック Regedt32.exe では。前にレジストリをバックアップする必要があることに注意してください。それを編集します。
  1. レジストリ エディター (Regedit.exe) を起動します。
  2. 次のサブキーに移動します。
          HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Mup
    						
  3. 次の情報を使用して、新しい値を作成します。
          DisableDFS  REG_DWORD
          Range:  0 or 1
          Default:  0 (Enabled)
    						

    このキーを 1 に設定します。

    1 に DisableDFS キーを設定すると、クライアントは分散ファイル システム名前空間アクセスできなくなります。Active Directory では、SYSVOL の名前空間が含まれます。クライアントを Active Directory のメンバーである場合、このキー 1 を設定しないでください。
メモ Novell IntranetWare クライアントを使用している場合は、必要があります。上記の手順の他に、次の手順に従ってくださいするのには:
  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を実行します。
  2. 次のキーに移動します。
          HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services
          \NetwareWorkstation\NetworkProvider
    						

    メモ 上記のレジストリ キーは 1 つのパスです。それはラップされています。読みやすさ。
  3. デバイス名をクリックして、編集] をクリックし、[文字列] をクリックします。
  4. \Device\NetwareWorkstation を \Device\NetwareRedirector に変更します。
  5. [Ok] をクリックして、レジストリ エディターを終了し、コンピューターを再起動します。

詳細

分散ファイル システム (Dfs) が使用されているかどうか、まずは、MUP を確立します。Dfs に要求を渡します。

次に、MUP 接続があるかどうかを確認するのには、内部キャッシュを確認します。された以前 (MUP キャッシュ内のエントリは 15 分間保持)。MUP はの各要求を処理する各リダイレクターに要求を送信します。同期とは、ネットワーク上のリソースを識別するために要求と一致します。すべてのリダイレクターを取得したら、MUP が (に基づいて選択します。応答] と [優先順位] で) どのリダイレクターが使用します。

遅延は 2 つの場所から取得される: 1 つは、アクセスしようとして、Dfs とは、MUP 秒を介してのリソースを待ってから、すべてに同意する必要があります。要求を完了する前に、すべてのリダイレクターからの応答します。そのため、すぐに利用可能なとアクセス可能な 1 つのリダイレクターがリソースである場合でも、要求がする前に、他のインストールされているリダイレクターを介して行う必要があります。要求を完了します。

リダイレクター、プロトコル、およびタイマーの構成によって異なります数13 秒ごとの最初の接続には、これらの遅延を超えること接続します。

たとえば、NetWare リダイレクターが使用されます。

初期の UNC 接続の試行を次に示します。
  1. アプリケーションが UNC を要求します。
  2. Dfs がチェックされ、Dfs が有効になっている場合は、その要求が処理されます。
  3. MUP は、最近使用した接続の MUP キャッシュをチェックします。
  4. MUP は、クエリで NetWare リダイレクター最初、ようになりますなどと、リダイレクターに応答します。

    メモ NetWare IPX と、呼び出しだけを使用しているため、即座です。高速です。
  5. MUP は、2 番目のリダイレクター、マイクロソフトでは、この要求を送信します。などと、2 番目のリダイレクターの応答します。

    メモ Microsoft リダイレクターの遅延は、プロトコルによって異なりますインストールされています。TCP/IP では、遅延が存在するリソースの名前が照会されるときWINS、ブロードキャスト、LMHOSTS ファイル、DNS、およびいう 〜。たとえば、既定の遅延が h ノード クライアントを 13 秒です。
  6. 優先度が割り当てられている both の場合、各リダイレクターを照会優先順位を指定することは、正常に、リダイレクターを返すどのリダイレクターが要求を受け取ります。
  7. に基づいてアプリケーションのリソースへのハンドルが返されます、MUP の意思決定を支援します。
NetWare リソースをアプリケーションの要求が行われた場合、アプリケーションが Microsoft リダイレクターがタイムアウトまで待機する必要があります。リソースへのハンドルを返す前にします。

優先順位は、リダイレクターを構成するには、以下を使用手順:
  1. コントロール パネルのネットワーク ツールを実行します。
  2. サービスをクリックし、[ネットワーク アクセスの順序] をクリックします。

状況

マイクロソフトでは、この Windows NT 4.0 および Windows NT Server 4.0、Terminal Server Edition の問題として認識しています。 この問題は Windows NT 4.0 サービス Pack 4.0 および Windows NT Server 4.0 は、ターミナル サーバーのエディションの Service Pack 4 で修正されました。

プロパティ

文書番号: 171386 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbnetwork kbhotfixserver kbmt KB171386 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:171386
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com