[OLE] エラー 2147352573 のトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 172108 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP172108
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は OLE オートメーション エラー 2147352573 (0x80020003) のいくつかの一般的な原因、トラブルシューティングのステップを提供します。

このエラーは DISP_E_MEMBERNOTFOUND として表わされています。

詳細

原因 1

wFlags に DISPATCH_METHOD のみを設定してコールし、dispid はプロパティを識別している場合。

回避方法 1

IDispatch::Invoke() の Win32 SDK の文書には dispid がプロパティを示している場合、DISPATCH_PROPERTYGET フラグも設定しなければならないと書いてあります。この問題は一般的に Microsoft Office 95 タイプのライブラリから Microsoft Visual C++を使ってクラス ラッパを生成した場合に発生します。DISPATCH_PROPERTGET フラグを使用するプロパティを取得するいかなる InvokeHelper() コールに対し、生成された .cpp ファイルを明示的に修正しなければなりません。もし Microsoft Office 97 タイプのライブラリを使用している場合は、Microsoft Visual C++クラス ウィザードによって、これは自動的に行われます。

原因 2

誤った IDispatch のポインタを使用している場合。

回避方法 2

これは典型的に Microsoft Office 97 のアプリケーションや階層オブジェクトモデルを持つアプリケーションを使用して OLE オートメーションを使用する場合に発生します。Y オブジェクトの IDispatch ポインタで、X オブジェクトを表わすオブジェクトを COleDispatchDriver クラスで初期化している可能性があります。このエラーは Microsoft Office 95 や 1 つの IDispatch の実装を伴うアプリケーションでは、基本的に発生することはありません。これは X オブジェクトと Y オブジェクトの両方ともが 1 つの IDispatch インターフェイスによって実装されるため、競合は発生しません。

原因 3

無効な dispid を使用している場合。

回避方法 3

サーバーに無効な dispid を指定して IDispatch::Invoke() をコールすることはできません。正しい dispid であるかを確認するために、IDispatch::GetIDsOfNames() を使用することができます。

関連情報

IDispatch や OLE オートメーションの詳細情報を知りたい場合には Tech note TN039"MFC/OLE Automation Implementation" を参照してください。

タイプ ライブラリの情報やマイクロソフト Visual C++ でのタイプ ライブラリの使用方法の詳細情報を知りたい場合には、マイクロソフト Win32 Software Development Kit ヘルプ; "type libraries, importing with ClassWizard" で検索してください。

関連情報を知りたい場合にはマイクロソフト Knowledge Base の以下のアーティクルを参照してください。
Article-ID : 165273
Title : BUG: XL97 Errors Using OLE Automation

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 172108 (最終更新日 1998-01-20) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 172108 - 最終更新日: 2005年7月11日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Platform SDK January 2000 Edition
キーワード:?
kbdsd kbinfo KB172108
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com