情報: Visual Basic バージョン 4.0 の一覧のカスタム コントロール Visual Basic、バージョン 5.0 で廃止

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 172193
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Visual Basic 4.0 に同梱されているユーザーは、次の設定 (ActiveX) を制御します。Visual Basic 5.0 にはインストールされていません。
   AniBtn32.OCX   Gauge32.OCX    Graph32.OCX    Grid32.OCX     KeySta32.OCX
   MSOutl32.OCX   MSRDC32.OCX    Spin32.OCX     ThreeD32.OCX
				

(ActiveX) のカスタム コントロールにさまざまなコントロールが置き換えられています。または組み込みのコントロールを拡張します。マイクロソフトは、これらの使用をサポートしていませんVisual Basic 5.0 を制御します。この資料でこれらのビジュアルの各について説明します。4.0 の基本的なコントロールされ、視覚で同じ機能を実現する方法基本的な 5.0。

詳細

"生産中止"の Visual Basic 4.0 のユーザー設定のそれぞれの簡単な説明(ActiveX) を制御し、Visual Basic 5.0 の交換に依存します。

AniBtn32.OCX

アニメーション ボタン コントロールができる柔軟な button コントロールです。ボタン コントロールを定義するのには、アイコン、ビットマップ、またはメタファイルを使用します。そのまた、アニメーションを作成するか、複数の状態ボタンをことができます。

組み込みのコマンド ボタン コントロール Visual Basic 5.0 サポートでは、[ピクチャ] プロパティ。次のグラフィック、[ピクチャ] プロパティをサポートしています。種類: ビットマップ、アイコン、メタファイル、GIF、JPEG。

表示するボタンを作成するのには、アニメーション コントロールを使用できます。アニメーション。このコントロールは、Windows コモン コントロール-2 が、ComCt232.OCX。

Gauge32.OCX

線形の選択肢をユーザー定義ゲージ、ゲージ コントロールを作成します。(塗りつぶし) または指針のスタイル。このコントロールは温度計、燃料に便利です。ゲージ、達成マーク、またはその他の種類アナログ計の。

Visual Basic 5.0 では、Windows であるプログレス バー コントロールを使用します。コモン コントロールで、ComCtl32.OCX。

Graph32.OCX

グラフ コントロールをグラフのグラフをプログラムで作成をできます。Visual Basic オブジェクト。

Visual Basic 5.0 では、MSChart.OCX、グラフ (mschart) コントロールを同様に提供します。機能します。

Grid32.OCX

一連の行と列のグリッド コントロールを表示します。

Visual Basic 5.0 では、MSFlxGrd.OCX フレキシブル グリッド コントロールを使用します。

KeySta32.OCX

キーの状態コントロールを使用して表示または CAPSLOCK、NUM を変更するにはロック、アドイン、および SCROLLLOCK のキーボードの状態。

Visual Basic 5.0 では、CAPSLOCK、NUMLOCK、アドインの状態を変更できます、スクロール ロックは、SendKeys コマンドまたはコマンドの Windows API を使用します。は、ステータス バー コントロールを使用して、上記のキーの状態を表示できます。は、StatusBar コントロールは、Windows コモン コントロールをあります、ComCtl32.OCX。

MSOutl32.OCX

アウトライン コントロールは、リスト ボックスの特殊なのです。項目リスト内の階層的に表示します。これを示すに便利です。ディレクトリとファイル ・ システム内のファイルです。

Visual Basic 5.0 では、TreeView コントロールは同様の機能を提供します。Windows コモン コントロールに TreeView コントロールがあります、ComCtl32.OCX はディレクトリとファイル システムの組み込みを表示します。DriveListBox]、[DirListBox]、および [FileListBox を使用可能性があります。

MSRDC32。OCX

リモート ODBC データ ソースに格納されているデータへのアクセスを提供します。リモコンデータ コントロールの行に、結果セット内を移動できます。表示し、データ連結コントロールを操作します。

Visual Basic 5.0 では、このコントロール MSRDC20 に置き換えられました。.OCX ファイル。

Spin32.OCX

スピン ボタンを別のコントロールで使用できるスピン コントロールです。インクリメントとデクリメントの番号にします。それをスクロールすることもでき、規定の範囲値または項目のリストを。

Visual Basic 5.0 では、Windows 共通であるアップダウン コントロールを使用します。コントロール-2、ComCt232.OCX。

ThreeD32.OCX

ThreeD32.OCX のいくつかの 3 d バージョンを提供する、3 D のコマンド ボタンと 3 D などの組み込みのコントロールを Visual Basicチェック ボックスをオンします。

このコントロールによって提供される機能のほとんどが組み込まれて各 Visual Basic 5.0 の組み込みのコントロールにします。

注: 上記の"生産中止"コントロールでサポートされていません。Visual Basic 5.0 のアプリケーションです。しかしとの下位互換性複数ファイルの Visual Basic 5.0 インストール cd-rom で利用できます。次の場所:
Tools\Controls

詳細な手順については、以前のバージョンのコントロールをインストールします。ある readme ファイルを提供します。TXT ファイルと同じフォルダーにします。

関連情報

Tools\Controls フォルダー内のカスタム コントロール リファレンス ヘルプ ファイルの検出Visual Basic 5.0 のインストール CD-ROM。

Visual Basic の Tools\Controls フォルダーにある ReadMe.Txt ファイル5.0 のインストール CD-ROM。

Visual Basic 類・ Line\Visual での基本的な Help\Controls Reference\ActiveX制御します。

プロパティ

文書番号: 172193 - 最終更新日: 2011年7月5日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbinfo kb32bitonly kbmt KB172193 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:172193
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com