更新されたバージョンの Microsoft Jet 3.5 をダウンロード

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 172733 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP172733
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

警告この service pack を正常に適用するには、Microsoft Jet のバージョン 3.51.0623 またはそれ以降のバージョンが、コンピューターにインストールされている必要があります。これより以前のバージョンの Jet がコンピューターに、Microsoft Office 97年の Service Release 2 (sr-2) をコンピューターをアップグレードする必要があります。

コンピューターを更新するには、適切なバージョンの Jet データベース製品を発生可能性がありますやデータの破損があります。


メモ Jet35sp3.exe (Microsoft Jet 3.5 Service Pack 3) Jet35sp2.exe (Microsoft Jet 3.5 サービス パック 2)、(http://office.microsoft.com/)、Web 上のツールで、Microsoft Office 97 sr-2 のページで参照されるが置き換えられます。Service Pack 2、Service Pack 3 の両方が年 2000年に準拠していません。ただし、Service Pack 3 には Service Pack 2 では利用できないその他のセキュリティ更新プログラムも含まれています。Service Pack 2 または Service Pack 3 をまだインストールしていない場合は、Service Pack 3 をインストールする必要があります。

Jet35sp3.exe ファイルには、Microsoft Access 97、Microsoft Office 97年の Professional Edition、Microsoft Visual Basic のバージョン 5.0 または Jet 3.5 を組み込むこと、およびその他の製品に含まれているいくつかの .dll ファイルの更新が含まれています x。Microsoft Jet データベース エンジン 3.51 に 1 つのプロセスの最適化と修復を結合した、改善された最適化ユーティリティを提供します。また、最適化処理中に、問題が発生し、レプリケーション先データベースのテーブルが作成される場合は、Jet データベース エンジンの更新バージョン エラーを生成します。

メモ Jetcomp.exe、Jet35sp3.exe 付属) は、1998 年 9 月 1 日に更新されました。Jetcomp.exe は、セキュリティで保護されたデータベースと、データベース パスワードが設定されているデータベースで使用できます。Jet35sp3.exe は、Jet の 3.52 などです (MSjt4jlt.dll) になりました。Jet の OLE DB プロバイダーまたは Jet OLE DB プロバイダーを使用して Jet データと ADO と jet 3.52 などですがのみ機能します。詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
190463 MDAC、DA SDK、ODBC、OLE DB、ADO、RDS、ADO MD とは何ですか。
メモ Jetcomp.exe はスタンドアロンのユーティリティを Microsoft Jet データベースで作成されたデータベースを最適化することができますエンジンします。このユーティリティは、破損したデータベースを回復するために Microsoft Jet データベース エンジン 3.51 で組み合わせて使用可能性があります。マイクロソフトのアクセスの最適化ユーティリティまたはCompactDatabaseメソッドを使用して、Microsoft Jet データベース エンジン 3.51 を使用することは、Jetcomp.exe でしたこれらのユーティリティのいくつかのデータベースを復元することがあります。これは、ユーティリティ、 CompactDatabaseメソッドしようと開くし、データベースを最適化する前に閉じるためです。場所これらのユーティリティは、データベースを再度開くできない特定の状況で圧縮はできない進むには、データベースのリカバリを防止します。Jetcomp.exe しようとしませんを開き、最適化する前に、データベースを閉じるし、Access のコンパクトなユーティリティと、 CompactDatabaseメソッドがない可能性のあるいくつかのデータベースを復元することがあります。

JetComp.exe のユーザー インターフェイスは英語版のみは、マイクロソフト製品サポート サービスではサポートされていません。ただし、JetComp.exe を使用して、Microsoft Jet データベース エンジンでサポートされている任意の言語でデータベースの最適化をできます。Jetcomp.exe は自由に配布可能なユーティリティでは、次の製品インストールのいずれかが必要しますが、あります。
  • Microsoft Office 97
  • Microsoft Access 97
  • Microsoft Visual Basic 5.0
  • Microsoft Office の開発者のエディション 97 実行 timeapplication Microsoft Access97 のランタイム バージョンを含む
  • Microsoft Visual Basic 5.0 のランタイム アプリケーションであり Microsoft Jet データベース エンジン 3.5
次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
Jet35sp3.exe
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

メモ Jet35sp3.exe は 1999 年 10 月 11 日に更新します。以前この更新プログラムがインストールされているし、記載されて見つけより厳しいセキュリティ制御を使用するには、インストールされている Mstext35.reg ファイルを実行します。Mstext35.reg ファイルを実行するには、システム上のファイルを見つけてダブルクリックします。

現在のリリース Jet 3.5 SP3 にはには、次のファイルが含まれています。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ
Advpack.dll4.71.1015.074,960
Jetcomp.exe1.0.715.039,424
Msexcl35.dll3.51.3227.2252,688
Msjet35.dll3.51.3328.01,050,896
Msjt4jlt.dll3.52.3328.01,238,288
Msltus35.dll3.51.3227.2168,720
Mspdox35.dll3.51.3007.0250,128
Msrepl35.dll3.51.3225.0415,504
Msrpfs35.dll3.51.2826.044,304
Mstext35.dll3.51.3330.0166,672
W95inf16.dll4.71.704.02,272
W95inf32.dll4.71.16.04,608

Jet35SP3.doc ファイルも含まれます。このファイルには、改善された最適化ユーティリティに関する追加情報と更新プログラムのインストール手順について説明します。

Jet 3.5 の現在のサービス パック レベルを確認する方法

コンピューターに現在インストールされている Jet 3.5 サービス パック レベルを決定するには、次の手順を使用します。
メモ Microsoft Windows にはバージョンが複数あるため、コンピューターによって次の手順が異なる場合があります。その場合は、製品のマニュアルを参照して次の手順を完了してください。
  1. [スタート] メニューの [検索] をクリックします。
  2. 検索結果] ウィンドウの [検索コンパニオン] の下のすべてのファイルとフォルダーをクリックします。
  3. ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、次のように入力します。 msjet35.dll、し、[検索] をクリックします。
  4. 、ファイルの一覧で、windows \system32 (または windows \system) フォルダー内にある msjet35.dll ファイルを右クリックし、[プロパティ] をクリックしてください
  5. バージョン情報] タブをクリックし、次の表を使用して、現在の Jet 4.0 サービス パック レベルを決定します。
元に戻す全体を表示する
Msjet35.dll のバージョンJet 3.5 サービス パックのレベル
3.51.2723.0Service Pack 2 (SP2)
3.51.3203.0Service Pack 3 (SP3)
3.51.3328.0Service Pack 3 (SP3) セキュリティが強化されました。

Jet 3.5 更新プログラムをインストールする方法

Jet35SP3.exe は、自己解凍アーカイブですが、DLL ファイルを windows \system フォルダーに展開します。Jet 3.5 更新プログラムを完全にインストールするには以下の手順を実行します。
  1. Access または office 97 サービス リリース 2 であることを確認します。サービス リリース 2 のアクセスがあるかどうか、または office 97 を確認するのに次の手順を実行します。
    1. Access 97 を起動し、データベースを開くダイアログ ボックスが表示されたら、[キャンセル] をクリックします。
    2. [ヘルプ] メニューで、バージョン情報をクリックします。

      サービス リリースのバージョン、著作権情報、製品名のすぐ下に表示されます。この行はsr-1が完全に不足している、この資料の「現象」に記載されている Web 上ツールから Service Release 2 の更新プログラムを取得する必要があります。
  2. ハード ディスク上の任意のフォルダーに Jet35SP3.exe をダウンロードします。
  3. Windows エクスプ ローラーで、 Jet35SP3.exeをダブルクリックします。
変更を有効にするためにコンピューターを再起動する必要があります。

詳細

初回リリースの Jet 3.5 SP3 には、次のファイルに含まれています。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ
Msjet35.dll3.51.3203.01,050,384
Msrepl35.dll3.51.3007.1415,504
Msjt4jlt.dll3.52.3203.01,238,800
Msexcl35.dll3.51.2723.2250,640
Mspdox35.dll3.51.3007.0250,128
Msrpfs35.dll3.51.2826.044,304
Mstext35.dll3.51.3203.0166,672
Jetcomp.exe1.0.1526.039,424
Jet35SP3.doc ファイルも含まれます。このファイルには、改善された最適化ユーティリティに関する追加情報と更新プログラムのインストール手順について説明します。

Microsoft Jet の更新されたバージョンで解決される既存の問題については、以下の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
239105 テキストの IISAM ではシステム ファイルに行を追加します。
239104 Jet Expression アプリケーション関数の Visual Basic を安全でないとクエリを実行できます。
239106 エラー メッセージ実行クエリ条件に疑問符 () のみがある場合
235960 リンク テーブルのエラーを「ORDER BY 句が無効です.」

170779 複数フィールドの主キーの一貫性のない動作

160893 エラーが発生する可能性があります SQL Server のリンク テーブルのクエリ

158933 エラー メッセージ:「<Database name="">はこのテーブル内のインデックスではありません"</Database>

178650 クエリを実行するときにデュアル プロセッサを持つコンピューターがハングします。

191916 [Acc97]: ない共通点 2000 年後にレプリカの同期

191743 [Acc97]:「2004年: メモリ不足です"クエリを実行するとエラーが発生

191883 ACC: データ変更が適切なレコードに保存します。

221478 [Acc97]: QBE グリッドとプロパティ シートの日付値として保存の文字列

225353 [Acc97]: エラーがグラフ シートを含む、既存の Excel ファイルを access のテーブルまたはクエリをエクスポートします。

225422 [Acc97]: 外部結合 ODBC テーブルとローカル テーブルの間違ったレコードが返されます

225351 Sr-2 更新プログラムを適用した後に読み取り専用のソースでリンク テーブルを開く [acc97]:「ファイル既に使用中」のエラー

227259 [Acc97]:「あいまいな列名選択リストに」、外部結合にリンク ORACLE テーブルに

227413 [Acc97]:「ODBC 呼び出しに失敗しました」エラーがリンクされた DB2 テーブルのフィールドで並べ替え

プロパティ

文書番号: 172733 - 最終更新日: 2013年9月29日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Access 97 Standard Edition
キーワード:?
kbexpertiseadvanced kbinfo kbdownload kbhowto kbmt KB172733 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:172733
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com