情報: から、ActiveX コントロール内でのオブジェクト モデルへのアクセス

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 172763
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

インターネットでは、ActiveX コントロールを記述する場合は、多くの場合必要があります。HTML ページのオブジェクト モデルにアクセスするには。オブジェクト モデルへのアクセスを許可します。HTML ページ内のさまざまな要素にします。

オブジェクト モデルと Visual C からへのアクセスこの資料について説明します。Visual Basic は、Internet Explorer (IE) 3.x および 4.0 の両方について説明します。

詳細

オブジェクト モデル

オブジェクト モデルに関するマニュアルは、ActiveX ソフトウェアであります。開発キット (SDK) と、インターネット クライアント SDK の Internet Explorer 3.xおよび 4.0 では、それぞれ。オブジェクト モデルは次のように説明されています。
   window
      - location
      - frames
      - ...
      - document
         - links
         - forms
            - elements
				
Window オブジェクトは、この階層の最上位レベルです。ウィンドウが、次に、独自のプロパティ セットを持つドキュメント プロパティです。ください詳細については、適切な SDK を参照してください。

なぜコントロールのオブジェクト モデルにアクセスするのには必要ですか。

コントロール アクセス (したり場合によっては変更) ページについてそれに埋め込まれていること。これを行うには、コントロールのオブジェクト モデルにアクセスする必要があります。たとえば、コントロールのすべてのページ上の要素を列挙できます。で、DHTML コントロールはあらゆる HTML 要素にアクセスできる、ページします。

オブジェクト モデルにアクセスします。

オブジェクト モデルは、オートメーションと COM インターフェイスを使用して実装されます。1 回コントロールが、オブジェクト モデルの最上位にアクセスすることです。オートメーションまたは COM インターフェイスを使用して、オブジェクト モデルをドリル ・ ダウンできます。これ資料には、両方の手順について説明します。
  1. オブジェクト モデルの最上位のレベルを取得しています。
  2. オブジェクト モデルにドリル ・ ダウンします。

オブジェクト モデル (ビジュアル C++) の最上位を取得します。

IWebBrowserApp (Internet Explorer 3.x および 4.x) を使用します。

IWebBrowserApp は、Web ブラウザー コントロールによって公開されるインターフェイスです。ドキュメント プロパティ (または get_document メソッドの vtable を使用する場合は・ インタ フェース) がアクティブのオートメーション オブジェクトにアクセスすることができますドキュメント。ドキュメントが HTML ドキュメントは、オートメーション オブジェクトの場合スクリプト プロパティは、window オブジェクトのスクリプト オブジェクトがモデル。コントロールのオブジェクト モデルにアクセスするのには、次のようにする必要がありますので、完了。

  • IWebBrowserApp が含まれている HTML ページからを取得します。
  • IWebBrowserApp のドキュメント プロパティを取得します。
  • ドキュメントのスクリプト プロパティを取得します。
最上位レベル (window オブジェクト) オブジェクト モデルでは、これを格納します。[オートメーションをドリル ダウンさらにしてください。

IWebBrowserApp を取得します。

IWebBrowserApp、2 段階のプロセスです。
  1. IServiceProvider を取得するには、IOleClientSite のポインターを使用します。ATL にコントロールは、このポインターは、m_spClientSite にアクセスして入手できます。コントロールのメンバーです。MFC コントロールでは、このポインターを取得できます。COleControl::GetClientSite() を呼び出すことによって。コントロールにアクセスできる、IOleClientSite インターフェイスのコンテナーです。そのポインターの QI を使用します。IServiceProvider をします。
    pClientSite->QueryInterface(IID_IServiceProvider,
                              (void **)&pISP);
    						
  2. IWebBrowserApp を取得するのには、IServiceProvider を使用します。使用して、IServiceProvider は、IWebBrowserApp を取得するには、QueryService を実行できます。
          pISP->QueryService(SID_SWebBrowserApp, IID_IWebBrowserApp,
                            (void **)&pIWebBrowserApp));
    						
プログラミングは Internet Explorer 4 以降は、また、できます。このコンテナーの IWebBrowser2 インターフェイスへのポインターを取得します。コード:
   pISP->QueryService(IID_IWebBrowserApp, IID_IWebBrowser2,
     (void **)&pIWebBrowser2));
				
必要はありませんで、QueryService QueryInterface から違いますCOM のアイデンティティのルールを実行します。したがって、オブジェクトが表示されていない場合IWebBrowserApp、実装を含んでいるオブジェクトを委任することができ、QueryService を IWebBrowserApp にします。

IWebBrowserApp のドキュメント プロパティを取得します。

IWebBrowserApp はデュアル インターフェイスです。ドキュメントのプロパティを持つとはget_Document メソッド。どちらもアクティブの IDispatch を取得する使用ことができます。ドキュメント。IDispatch を取得すると、スクリプトのプロパティを指定できます、取得します。

ドキュメントのスクリプト プロパティを取得します。

上記を取得、IDispatch を使用すると、スクリプト プロパティを使用を取得します。自動化できます。これは、上位レベル スクリプト オブジェクト モデルでは、学習やwindow オブジェクト。

オブジェクト モデル (ビジュアル C++) の最上位を取得します。

(Internet Explorer 4.0 のみ)

Internet Explorer 4.0 より簡単のオブジェクト モデルにアクセスすることができます。これです。1 回のプロセス:
  1. IHTMLDocument2 を IClientSite から取得します。

IHTMLDocument2 IOleClientSite を取得します。

すべてのコントロールは、コンテナーの IClientSite にアクセスできます。QI-ingIHTMLDocument2 クライアント サイトからスクリプト オブジェクト モデルを説明しています。
   IOleContainer* pContainer = NULL;
   IHTMLDocument2* pDoc = NULL;

   pClientSite->GetContainer( &pContainer );
   if ( pContainer != NULL )
      pContainer->QueryInterface( &IID_IHTMLDocument2, &pDoc );
				
上の呼び出しからの戻り値を確認してください。コントロールが埋め込まれて場合内の HTML ページ、または、コンテナー、Internet Explorer 4.0、されていない場合上の呼び出しは失敗します。

IHTMLDocument2 を取得します。 document オブジェクト内のスクリプト オブジェクトことができます。モデル。オートメーション インターフェイスまたは vtable インターフェイスのいずれかを使用することができますし、オブジェクト モデルをドリル ・ ダウンします。

最上位のオブジェクト ・ モデル (VISUAL BASIC の場合) を取得します。

オートメーションにアクセスするのには、ユーザー コントロールの parent プロパティを使用できます。オブジェクトです。Parent プロパティは、Visual Basic ドキュメントからInternet Explorer がスクリプト返しますオブジェクトが返されます、IOmWindow オブジェクト。

Visual Basic のドキュメントに記載の例は次のとおりです。
Parent.Script.get_document.bgColor = "Blue"
				
Parent プロパティをオートメーション オブジェクトを取得します。[スクリプト プロパティあなたのスクリプト オブジェクト モデルのウィンドウ オブジェクトを示します。続いて、さまざまなプロパティやメソッドだけでも、他のと同じようにアクセスできます。オートメーション オブジェクト。

上記のコード行を次のようにする必要があります。
Parent.Script.document.bgColor = "Blue"
				
Get_document を使用して Internet Explorer 3.x で正しいにもかかわらず、それはInternet Explorer 4.0 の機能しません。適切なメソッドを使用することがドキュメントのプロパティです。Internet Explorer 3.x および 4.0 の両方に有効です。

オブジェクト モデルをドリル

ドリル ダウン、オブジェクト モデル プロパティを呼び出すと、簡単ですし、オートメーションを使用する方法があります。Internet Explorer 3.x では、のみの自動化を使用します。Internet Explorer 4.0 は、vtable インターフェイスを使用できます。詳細については情報は、driller サンプルでは、インターネット クライアント SDK 参照してください。

プロパティ

文書番号: 172763 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbinfo kbfaq kbmt KB172763 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:172763
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com