[NT] マイクロソフト DNS からの WINS ルックアップの動作方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 173161 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP173161
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft DNS (ドメイン ネーム サービス) サーバーは、WINS (Windows Internet NameService) サーバーと連携して動作する機能を備えています。この資料では、この機能と DNS サーバーが、WINS サーバーにクエリーを転送した場合に実行されるプロセスについて説明します。

DNS の詳細については、Microsoft anonymous ftp で提供されている、以下の資料をご参照ください。

File Name : Dnswp.exe
URL : ftp://ftp.microsoft.com/bussys/winnt/winnt-docs/papers/
TITLE : "DNS and Microsoft Windows NT 4.0"

詳細

2 つの新しいリソース レコードが、DNS と WINS の相互運用性のために Windows NT DNS 実装の一部として定義されています。以下の 2 つが新しいレコードです。
  • WINS Lookup
  • WINS-R Lookup (WINS Reverse Lookup)

WINS Lookup

新規のレコードの 1 つは WINS Lookup レコードと呼ばれ、ゾーン ルート ドメインの一部にのみなることができます。DNS ゾーン ファイルの静的なエントリで解決できないクエリーは、WINS Lookup レコードで定義された WINS サーバーに転送されます。この機能は、DHCP/WINS が可能なクライアントに IP 経由で接続する必要がある UNIX クライアントにとって、特に役立ちます。

実行されるプロセスは、以下のとおりです。
  1. クライアントが、DNS サーバーに FQDN (完全修飾ドメイン名) クエリーを送信します。
  2. DNS サーバーはローカルに名前を解決できないため、ホスト名からドメイン名を切り捨て、設定された WINS サーバーにクエリーを転送します。DNS サーバーは、送信元ポート UDP 53 (DNS) と宛先ポート UDP 137 (NetBIOS ネーム サービス) を使用します。また DNS サーバーは、WINS サーバーに送信する名前を暗号化します。

    詳細については、米国 Microsoft Corporation から提供されている、以下の関連文書をご参照ください。

    ARTICLE-ID : 160828
    TITLE : Network Monitor Parses DNS WINS Lookup queries as DNS Packets
  3. WINS サーバーは、解決された IP アドレス、および送信元ポート UDP 137 と宛先ポート UDP 53 を DNS サーバーに応答します。
  4. DNS サーバーは、クライアントの元のクエリーに対して IP アドレスを転送します。
    メモ: プロトコル アナライザを使い慣れているネットワーク管理者は、この記事の
          最後に添付されているパケットのサンプルで、前述の手順で交換される実際
          のネットワーク データを参照できます。
    

WINS-R Lookup

また、逆引き参照ゾーンに追加できる WINS-R または WINS Reverse Lookup エントリもあります。WINS には逆引き参照機能がないため、このレコードは、ホストに対して NetBIOS ノード アダプタ ステータス参照または NS クエリーを実行するよう、DNS に指示します。

詳細については、米国 Microsoft Corporation から提供されている、以下の関連文書をご参照ください。

ARTICLE-ID : 154553
TITLE : Windows NT 4.0 DNS WINS Reverse Lookups Do Not Use WINS

メモ: WINS Lookup および WINS-R Lookup リソース レコードは、Microsoft DNS
      Server 固有です。ゾーン転送で、非 Windows NT DNS Server にリソース
      レコードを送信するのを防ぐ必要があります。そのためには、以下の方法の 
      1 つを実行します。
  • 以下の手順を実行して、ゾーン ファイルの Wins レコードに Local フラグを追加します。
    1. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

      net stop dns
    2. テキスト エディタを使用して、ゾーン ファイルを開きます。たとえば、ゾーンが Domain.com の場合、ゾーン ファイル名は Domain.com.dns になります。
    3. WINS レコードを検索し、LOCAL を挿入して WINS レコードを以下のようにします。
                @   0   IN   WINS   LOCAL   a.b.c.d
      
      ここでの a.b.c.d は、WINS Server の IP アドレスです。
    4. ファイルを保存して、エディタを終了します。
    5. コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

      net start dns
    または
  • 以下の手順を実行して、[設定はローカル サーバーだけに適用する] オプションをオンにします。
    1. [スタート] ボタンをクリックして [プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントして [DNS マネージャ] をクリックします。
    2. [DNS サーバー] をダブルクリックし、WINS レコードを含むゾーン名をマウスの右ボタンでクリックして、[プロパティ] をクリックします。
    3. [ゾーンのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[WINS の参照] タブをクリックして、[設定はローカル サーバーだけに適用する] オプションをクリックして、オンにします。

ネットワーク モニタ トレース情報

ネットワーク モニタは、Microsoft SMS (Systems Management Server) で使用できるプロトコル アナライザです。以下の 4 つのデータのフレームは、上記で説明した 4 つの手順に対応しており、Microsoft DNS サーバーが WINS サーバーにクエリーを転送した場合のプロセスを詳しく説明しています。

フレーム 1:
  1  7.128 WIN95B  -->  DNS SERVER  DNS 0x1:Std Qry for thebunker.gotcha.com.
  of type Host Addr on class INET addr. WIN95B  -->
  157.54.51.20   IP

  DNS: 0x1:Std Qry for thebunker.gotcha.com. of type Host Addr on class INET
  addr.
      DNS: Query Identifier = 1 (0x1)
      DNS: DNS Flags = Query, OpCode - Std Qry, RD Bits Set, RCode - No error
          DNS: 0............... = Query
          DNS: .0000........... = Standard Query
          DNS: .....0.......... = Server not authority for domain
          DNS: ......0......... = Message complete
          DNS: .......1........ = Recursive query desired
          DNS: ........0....... = No recursive queries
          DNS: .........000.... = Reserved
          DNS: ............0000 = No error
      DNS: Question Entry Count = 1 (0x1)
      DNS: Answer Entry Count = 0 (0x0)
      DNS: Name Server Count = 0 (0x0)
      DNS: Additional Records Count = 0 (0x0)
      DNS: Question Section: thebunker.gotcha.com. of type Host Addr on class
  INET addr.
          DNS: Question Name: thebunker.gotcha.com.
          DNS: Question Type = Host Address
          DNS: Question Class = Internet address class
フレーム 2:
  2    7.129 DNS SERVER -->  WINS SERVER DNS 0x8008:Std Qry for
  FEEIEFECFFEOELEFFCCACACACACACAAA. of type Unknown Type on class INET
  addr. 157.54.51.20 --> 157.54.51.30 IP

  UDP: Src Port: DNS, (53); Dst Port: NETBIOS Name Service (137); Length = 58
  (0x3A)
  UDP: Source Port = DNS
  UDP: Destination Port = NETBIOS Name Service
  UDP: Total length = 58 (0x3A) bytes
  UDP: UDP Checksum = 0x70AB
  UDP: Data: Number of data bytes remaining = 50 (0x0032)
  DNS: 0x8008:Std Qry for FEEIEFECFFEOELEFFCCACACACACACAAA. of type Unknown
  Type on class INET addr.
      DNS: Query Identifier = 32776 (0x8008)
      DNS: DNS Flags = Query, OpCode - Std Qry, RD Bits Set, RCode - No error
          DNS: 0............... = Query
          DNS: .0000........... = Standard Query
          DNS: .....0.......... = Server not authority for domain
          DNS: ......0......... = Message complete
          DNS: .......1........ = Recursive query desired
          DNS: ........0....... = No recursive queries
          DNS: .........000.... = Reserved
          DNS: ............0000 = No error
      DNS: Question Entry Count = 1 (0x1)
      DNS: Answer Entry Count = 0 (0x0)
      DNS: Name Server Count = 0 (0x0)
      DNS: Additional Records Count = 0 (0x0)
      DNS: Question Section: FEEIEFECFFEOELEFFCCACACACACACAAA. of type
  Unknown Type on class INET addr.
          DNS: Question Name: FEEIEFECFFEOELEFFCCACACACACACAAA.
          DNS: Question Type = 0x0020
          DNS: Question Class = Internet address class
フレーム 3:
  3    7.133 WINS SERVER -->  DNS SERVER DNS 0x8008:Std Qry Resp. for
  FEEIEFECFFEOELEFFCCACACACACACAAA. of type Unknown Type on class
  INET addr. 157.54.51.30 -->  157.54.51.20 IP

  UDP: Src Port: NETBIOS Name Service, (137); Dst Port: DNS (53); Length = 70
  (0x46)
      UDP: Source Port = NETBIOS Name Service
      UDP: Destination Port = DNS
      UDP: Total length = 70 (0x46) bytes
      UDP: UDP Checksum = 0xBBB7
      UDP: Data: Number of data bytes remaining = 62 (0x003E)
  DNS: 0x8008:Std Qry Resp. for FEEIEFECFFEOELEFFCCACACACACACAAA. of type
  Unknown Type on class INET addr.
      DNS: Query Identifier = 32776 (0x8008)
      DNS: DNS Flags = Response, OpCode - Std Qry, AA RD RA Bits Set, RCode -
  No error
          DNS: 1............... = Response
          DNS: .0000........... = Standard Query
          DNS: .....1.......... = Server authority for domain
          DNS: ......0......... = Message complete
          DNS: .......1........ = Recursive query desired
          DNS: ........1....... = Recursive queries supported by server
          DNS: .........000.... = Reserved
          DNS: ............0000 = No error
      DNS: Question Entry Count = 0 (0x0)
      DNS: Answer Entry Count = 1 (0x1)
      DNS: Name Server Count = 0 (0x0)
      DNS: Additional Records Count = 0 (0x0)
      DNS: Answer section: FEEIEFECFFEOELEFFCCACACACACACAAA. of type Unknown
  Type on class INET addr.
          DNS: Resource Name: FEEIEFECFFEOELEFFCCACACACACACAAA.
          DNS: Resource Type = 0x0020
          DNS: Resource Class = Internet address class
          DNS: Time To Live = 0 (0x0)
          DNS: Resource Data Length = 6 (0x6)
          DNS: Additional Resource Data = 60 00 9D 36 33 1E
フレーム 4:
  4   7.0134 WIN95B  -->  DNS SERVER  DNS 0x1:Std Qry Resp. for
  thebunker.gotcha.com. of type Host Addr on class INET addr.
  157.54.51.20 -->  WIN95B  IP

  DNS: 0x1:Std Qry Resp. for thebunker.gotcha.com. of type Host Addr on class
  INET addr.
      DNS: Query Identifier = 1 (0x1)
      DNS: DNS Flags = Response, OpCode - Std Qry, AA RD RA Bits Set, RCode -
  No error
          DNS: 1............... = Response
          DNS: .0000........... = Standard Query
          DNS: .....1.......... = Server authority for domain
          DNS: ......0......... = Message complete
          DNS: .......1........ = Recursive query desired
          DNS: ........1....... = Recursive queries supported by server
          DNS: .........000.... = Reserved
          DNS: ............0000 = No error
      DNS: Question Entry Count = 1 (0x1)
      DNS: Answer Entry Count = 1 (0x1)
      DNS: Name Server Count = 0 (0x0)
      DNS: Additional Records Count = 0 (0x0)
      DNS: Question Section: thebunker.gotcha.com. of type Host Addr on class
  INET addr.
          DNS: Question Name: thebunker.gotcha.com.
          DNS: Question Type = Host Address
          DNS: Question Class = Internet address class
      DNS: Answer section: thebunker.gotcha.com. of type Host Addr on class
  INET addr.
          DNS: Resource Name: thebunker.gotcha.com.
          DNS: Resource Type = Host Address
          DNS: Resource Class = Internet address class
          DNS: Time To Live = 600 (0x258)
          DNS: Resource Data Length = 4 (0x4)
          DNS: IP address = 157.54.51.30

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 173161 (最終更新日 1998-06-05) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 173161 - 最終更新日: 2003年5月13日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbinfo kbnetwork ntnetserv ntsrv KB173161
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com