Windows Server フェールオーバー クラスターを更新する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 174799 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Windows Server フェールオーバー クラスター上のサービス パックまたは修正プログラムをインストールする方法について説明します。サーバー クラスターに、service pack または修正プログラムを適用するは、Windows Server 2003、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 service pack または修正プログラムを適用すると同じです。ただし、特別な考慮が必要にクライアント インストールを実行するときに、高レベルのアクセスがあることを確認します。

詳細

Windows のサービス パックまたは修正プログラムで Windows Server フェールオーバー クラスターをインストールするには実行している Windows Server のバージョンに応じて、次の手順に従います。常に、同じサービス パックまたは修正プログラムを各クラスター ノードにインストールします。それ以外の場合、特定のサービス パックのバージョンの指示によって指示された場合を除き、以下の手順を実行します。

Windows Server 2003

  1. エラーの場合、システム ログを確認し、システムが正しく機能しているかどうかを確認します。
  2. システムの現在のバックアップと更新済みのシステム修復ディスクがあることを確認します。ファイルの破損、停電、または互換性がないがある場合は、service pack または修正プログラムをインストールする前に、システムの状態に復元する必要があります。
  3. クラスター アドミニストレーターを起動、ノード A] を右クリックし、[ノードの一時停止] をクリックします。
  4. ノード Aを展開し、[アクティブなグループ] をクリックします。
  5. ナビゲーション ウィンドウで、グループを右クリックし、すべてのグループをノード B に移動するには、グループの移動] をクリックしてください
  6. ノード A に service pack をインストールし、コンピューターを再起動します。
  7. システム ログでエラーを確認します。エラーを検索する場合は、このプロセスを続行する前にそれらをトラブルシューティングする必要があります。
  8. クラスター アドミニストレーターで、ノード A] を右クリックし、[ノードの再開] をクリックします。
  9. クラスター アドミニストレーターでは、ノード Bを右クリックし、[ノードの一時停止] をクリックします。
  10. ノード Bを右クリックし、[すべてのグループをノード A に移動するには、ノード B が所有しているすべてのグループのグループの移動] をクリックしてください
  11. ノード B に service pack をインストールし、コンピューターを再起動します。
  12. システム ログでエラーを確認します。エラーを検索する場合は、このプロセスを続行する前にそれらをトラブルシューティングする必要があります。
  13. クラスター アドミニストレーターでは、ノード Bを右クリックし、[ノードの再開] をクリックします。
  14. 各グループを右クリックし、グループの移動] をクリックし、グループの優先所有者に戻る。

Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2

フェールオーバー クラスター マネージャーを使用して、サービス パックまたは修正プログラムをインストールする方法

この手順を完了する、または同等のクラスター化された各サーバーのローカル Administrators グループのメンバーシップが必要です。
  1. エラーの場合、システム ログを確認し、システムが正しく機能しているかどうかを確認します。
  2. 各システムの現在のバックアップと更新済みのシステム修復ディスクがあることを確認します。ファイルの破損、停電、または互換性がないがある場合は、service pack または修正プログラムをインストールする前に、システムの状態に復元する必要があります。
  3. フェールオーバー クラスター マネージャー スナップインでノード A] を右クリックし、[一時停止] をクリックします。
  4. ノード A で、サービスとアプリケーション] を展開し、[サービスまたはアプリケーション] をクリックします。
  5. アクション(右側) に、[このサービスまたはアプリケーションを別のノードに移動] をクリックし、ノードします。

    メモ サービスまたはアプリケーションが移動すると、詳細ペインで、(中央のウィンドウ) に状態が表示されます。
  6. 手順 4 および 5 各サービスおよびクラスターで構成されているアプリケーション。このサービスまたはアプリケーションを別のノードに移動すると、次のオプションから、2 つ以上のノードを持つクラスターで最高を選択できます。優先所有者一覧のサービスまたはアプリケーションを移動するように構成されていない場合は、このオプションは影響しません。(この場合は、ノードが選択されますランダムです。)優先所有者一覧を設定する場合は、最適なオプションは、サービスまたはアプリケーションの最初の利用可能なノードを一覧に移動します。
  7. ノード A で、service pack または修正プログラムをインストールし、コンピューターを再起動します。
  8. システム ログでエラーを確認します。すべてのエラーを検索する場合は、このプロセスを続行する前にトラブルシューティングします。
  9. フェールオーバー クラスター マネージャー スナップインでノード A] を右クリックし、[再開] をクリックします。
  10. フェールオーバー クラスター マネージャー スナップインでノード Bを右クリックし、[一時停止] をクリックします。
  11. アクション(右側) に、[このサービスまたはアプリケーションを別のノードに移動] をクリックし、ノードします。

    メモ サービスまたはアプリケーションが移動すると、詳細ペインで、(中央のウィンドウ) に状態が表示されます。
  12. 手順 10 と 11 の各サービスと、クラスターで構成されているアプリケーション。
  13. ノード B で、service pack または修正プログラムをインストールし、コンピューターを再起動します。
  14. システム ログでエラーを確認します。すべてのエラーを検索する場合は、このプロセスを続行する前にトラブルシューティングします。
  15. フェールオーバー クラスター マネージャーでは、ノード Bを右クリックし、[再開] をクリックします。
  16. 各グループを右クリックし、グループの移動] をクリックし、グループの優先所有者に戻る。
詳細については、次の Windows Server の web サイトを参照してください。

Windows Server 2008 R2

Windows PowerShell コマンドレットを使用して、サービス パックまたは修正プログラムをインストールする方法

この手順を完了する、または同等のクラスター化された各サーバーのローカル Administrators グループのメンバーシップが必要です。
  1. エラーの場合、システム ログを確認し、システムが正しく機能しているかどうかを確認します。
  2. 各システムの現在のバックアップと更新済みのシステム修復ディスクがあることを確認します。ファイルの破損、停電、または互換性がないがある場合は、service pack または修正プログラムをインストールする前に、システムの状態に復元する必要があります。
  3. Windows Server 2008 R2 のを自動的にインストールされている役割または機能のすべての Windows PowerShell モジュールをインポートするには、[管理ツール] の [ Windows PowerShell モジュールのリンクを使用します。
  4. フェールオーバー クラスターの PowerShell の管理を開始するのに管理ツールのショートカットを使用します。またはを右クリックし、[管理者として実行を選択すると、コンピューター上の Windows PowerShell を起動します。
  5. 次のコマンドを実行してフェールオーバー クラスター モジュールをロードします。
    インポート モジュール FailoverClusters
  6. 次のコマンドを実行してフェールオーバー クラスターのノード A 上の (一時停止) の活動を中断します。
    サスペンド ClusterNode nodeA
  7. クラスター化されたサービスまたはアプリケーション (リソース グループ) 間を移動 1 つのノードで、次のコマンドを実行します。
    移動 ClusterGroup <clustered service="">・ ノードを nodeB</clustered>


    ヒント優先所有者の最善の利用可能なノードにノードのすべてのグループを移動する次のコマンドを使用することもできます。
    Get ClusterNode NodeA |取得 ClusterGroup。移動クラスター グループ
  8. ノード A に service pack をインストールし、コンピューターを再起動します。
  9. システム ログでエラーを確認します。すべてのエラーを検索する場合は、このプロセスを続行する前にトラブルシューティングします。
  10. ステップ 5 で、次のコマンドを実行することによって中断するノード上での活動を再開します。
    再開 ClusterNode nodeA
  11. その他のフェールオーバー クラスター ノード上で次のコマンドを実行している (一時停止) の活動を中断します。
    サスペンド ClusterNode nodeB
  12. クラスター化されたサービスまたはアプリケーション (リソース グループ) 間を移動 1 つのノードで、次のコマンドを実行します。
    移動 ClusterGroup <clustered service="">・ ノードを nodeB</clustered>


    メモ もう一度に最適な可能性のあるノードの優先所有者のノードのすべてのグループを移動する、次のコマンド使用できます。
    Get ClusterNode NodeB |取得 ClusterGroup。移動クラスター グループ
  13. ノード B に service pack をインストールし、コンピューターを再起動します。
  14. システム ログでエラーを確認します。すべてのエラーを検索する場合は、このプロセスを続行する前にトラブルシューティングします。
  15. ノード B、次のコマンドを実行して、手順 10 で保留されたアクティビティを再開します。
    再開 ClusterNode nodeB
  16. 次のコマンドを実行して、クラスター化されたサービスまたはアプリケーション (リソース グループ) は、デフォルトの所有者に戻るを移動します。
    移動 ClusterGroupCusteredService>-ノードノード名>
詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
フェールオーバー クラスターで Windows PowerShell のコマンドレット

サーバー マネージャーのコマンドの概要


重要Windows Server 2012 のサービス パックとホットフィックスをインストールするには、別のプロセスが必要です。詳細については、次の web サイトを参照してください。
Windows Server 2012 での計画的なメンテナンスのためのノードをドレイン

プロパティ

文書番号: 174799 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2
キーワード:?
kbproductlink kbhowto kbsetup kbmt KB174799 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:174799
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com