[OLEXP] メール フォルダーとニュース フォルダーのデフォルトの場所を変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 175037
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP175037
Microsoft Outlook Express と Microsoft Outlook 電子メール クライアントの間の違いの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
257824 Ol 2000: Outlook と Outlook との間の違いを表現します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでの既定の保存場所を変更する方法について説明します。Outlook Express メールとニュース フォルダー。

重要です: メール ストアの場所を割り当てられた、またはリムーバブル ドライブに変更する Microsoft ではサポートされていません。

ご自身の責任でこの情報を使用します。

構成や、Microsoft Windows 95 ではテストされていませんし、マイクロソフト製品サポート サービスではサポートされていませんを使用についての情報を掲載しています。

データのバックアップをバックアップするには、次の手順を実行する前に。この資料で説明されている手順が適切に動作しない場合は、システムを以前の状態に復元するために Windows を再インストールする必要があります。

詳細

既定では、Outlook Express のメールとニュース フォルダー、次の Windows のバージョンを次のフォルダーにあります。
  • Windows 95 または Windows 98
    Windows\Application Data\Microsoft\Outlook 高速
    場所Windows Windows 95 または Windows 98 がインストールされているフォルダーです。
  • Windows NT、Windows 95 や Windows 98 でユーザー プロファイルを有効に
    Windows\Profiles\ユーザー名\ApplicationData\Microsoft\Outlook 高速
    場所 Windows フォルダー内にあります。Windows がインストールされてと ユーザー名 ログオンするときに使用する名前です。Windows には。
これらのフォルダーの既定の保存場所を変更するのには該当するセクションの手順に従います。

メモMicrosoft インターネット メールとニュースをした場合コンピューターにご利用ください。Outlook Express を既定の保存場所のアップグレードOutlook Express のメールやニュースのフォルダーでプログラム Files\InternetExplorer \ インターネト メールとニュースを使用します。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

Windows 95 または Windows 98

変更すると、Outlook Express のメールやニュースの保存場所を変更するのには、ルートを格納します。 レジストリの値として使用するフォルダーの完全なパスを新しいストレージの場所です。この値は、次のレジストリ キーにあります。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Outlook 高速
メモストアのルート フォルダーに、メール フォルダーとニュース フォルダー内が含まれています[メールとニュースのデータのファイルが存在します。Outlook をインストールした場合インターネット メールとニュースをアップグレードすることがなく高速、ストアのルートは、Outlook Express のフォルダーです。メール フォルダーをルート ストアに含める場合は、パス、メールとニュースの新しいフォルダーは、既存のメール フォルダーに作成されます。その結果、Outlook Express\Mail 内のメッセージが表示されません。メール ストアのルート パスから削除されるまでのフォルダーです。ユーザーを使用すると、プロファイルを"Store Root"の値は、次のレジストリ キーにあります。
HKEY_USERS\ユーザー名\Software\Microsoft\Outlook express
場所 ユーザー名 Windows 95/98 へのログオンに使用する名前です。

Windows NT

変更すると、Outlook Express のメールやニュースの保存場所を変更するのには、「ルート ストア」の値として使用するフォルダーへの完全パスには、新しいストレージの場所です。この値は、次のレジストリ キーにあります。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Outlook 高速

Outlook Express 5

Outlook Express 5 では、ストアのルートの概念がそれをから変更されましたOutlook Express 4 およびそれ以前では。あるため、メールを分離しないとニュース フォルダー Outlook Express 5 ストアのルートにあるフォルダーを.dbx の拡張子を持つ、メッセージ ストアが含まれています。

いくつか Outlook Express 5 で、メッセージ ・ ストアのベータ版ではファイルを .ods 拡張機能を使用しました。

Store Root パスは、レジストリを変更すると、メッセージが移動しません。ストアのルートを別のフォルダーに変更された場合は、両方のバージョンで、メッセージ ファイル、フォルダーの既定のセットが作成されます。既定値フォルダー受信トレイ.dbx や送信済みアイテム.dbx の編集、名前が付けられます。必要な場合インターネット メールおよびニュース、Outlook Express 4、またはその他の Outlook の統合5 ファイルで現在使用されている既存のメッセージ ・ ストアにエクスプレスします。Outlook Express の 5 に指定することにより Outlook Express インポート ウィザードを使用します。インポートするファイル] メニューと、[メッセージ] をクリックします。

メッセージ ストアの場所を移動する場合は、Outlook をファイルします。高速 5 現在使用されている、Outlook Express 5 で以下の手順を実行します。

  1. で、 ツール メニューをクリックして オプション.
  2. クリックして、 メンテナンス タブをクリックし 保存フォルダー.
  3. クリックしてください。 変更を格納に使用するフォルダーを指定する、メッセージをクリックし [OK].
Outlook Express 5 のレジストリの場所です。
HKEY_CURRENT_USER\Identities\ {idnum} \Software\Microsoft\Outlook Express
Windows のアドレスの場所を変更する方法の詳細について予約し、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してください。ベース:
156828 Windows アドレス帳の場所を変更する方法
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 175037 - 最終更新日: 2011年7月5日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbenv kbmt KB175037 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:175037
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com