クラスタ ノードで使用する共有 SCSI バスに、ホット スワップをサポートしていない SCSI ハード ディスクを追加する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 175278 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP175278
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、クラスタ ノードで使用する共有 SCSI (Small Computer System Interface) バス上に、ホット スワップ機能をサポートしていない SCSI ハード ディスクを追加する方法について説明します。使用しているコンピュータで、SCSI ハード ディスクのホット スワップがサポートされていない場合は、この資料に記載されているガイドラインを参考にしてください。

詳細

ホット スワップがサポートされていないコンピュータを使用している場合、SCSI ディスクを追加または交換するには、クラスタ ノードをすべてシャットダウンし、コンピュータの電源を切る必要があります。クラスタ ノードを完全にシャットダウンする必要があるのは、共有 SCSI バスに新しいディスクを追加するときに、SCSI バスを取り外す必要があるためです。クラスタの動作中にバスを取り外すと、データを失ったり、ドライブ関連のエラーが発生したりすることがあります。この作業を行うときには、接続されているハードウェアの電源をすべて切っておくことを推奨します。

既存のクラスタに SCSI ハード ディスクを追加するには、使用している Microsoft Windows のバージョンに応じた手順を使用します。
  1. クラスタ サービス、および Cluster Disk デバイス (Windows NT 4.0 Server の場合) または Cluster Disk Drive デバイス (Windows 2000 Server の場合) または Clusdisk デバイス (Windows Server 2003 の場合) のスタートアップの種類を "無効" に設定します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. Windows NT 4.0 Server の場合は、以下の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
      2. [デバイス] をダブルクリックします。
      3. [デバイス] ボックスの一覧で、[Cluster Disk] をクリックし、[スタートアップ] をクリックします。
      4. [無効] をクリックし、[OK] をクリックします。
      5. [閉じる] をクリックして、[デバイス] ウィンドウを閉じます。
      6. コントロール パネルの [サービス] をダブルクリックします。
      7. [サービス] ボックスの一覧で [Cluster Server] をクリックし、[スタートアップ] をクリックします。
      8. [スタートアップの種類] の下の [無効] をクリックし、[OK] をクリックします。
      9. [閉じる] をクリックして [サービス] ウィンドウを閉じ、[コントロール パネル] ウィンドウを閉じます。
    2. Windows 2000 Server または Windows Server 2003 の場合は、以下の手順を実行します。
      1. [マイ コンピュータ] を右クリックし、[管理] をクリックします。
      2. ウィンドウの左側で、[デバイス マネージャ] をクリックします。
      3. [表示] メニューの [非表示のデバイスの表示] をクリックします。
      4. ウィンドウの右側で、[プラグ アンド プレイではないドライバ] を展開し、[Clusdisk] (または [Cluster Disk Driver]) をダブルクリックします。
      5. [ドライバ] タブをクリックし、[種類] ボックスの一覧で [無効] をクリックし、[OK] をクリックします。
      6. ウィンドウの左側で、[サービスとアプリケーション] を展開し、[サービス] をクリックします。
      7. ウィンドウの右側で、[Cluster Server] をダブルクリックします。
      8. [スタートアップの種類] ボックスの一覧で [無効] をクリックし、[OK] をクリックします。
      9. [コンピュータの管理] ウィンドウを閉じます。
  2. クラスタ ノードをすべてシャットダウンし、コンピュータの電源をすべて切ります。
  3. 共有 SCSI バス上のすべての SCSI デバイスの電源を切ります。
  4. 共有 SCSI バスへのハード ディスクの追加または置き換えを行います。

    : 共有バス上のすべてのデバイスに一意の SCSI ID を割り当てる必要があります。SCSI ホスト アダプタにも SCSI ID を割り当てます (通常 6 または 7)。また、SCSI バスの終端にターミネータがあることを確認します。

    SCSI デバイスの接続および SCSI の終端処理の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    101352 Windows NT における SCSI デバイスの適切な接続
    92765 SCSI デバイスの終端処理
  5. クラスタのノード 1 の電源を入れ、通常どおり Windows を起動します。
  6. クラスタのノード 2 の電源を入れます。ただし、このノードでは Windows を起動しません。Windows が読み込まれないようにするには、次の手順を実行します。
    1. Windows NT 4.0 Server の場合は、OS Loader のメニューが表示されたら、Space キーを押します。これにより、起動処理が停止し、Windows NT が読み込まれません。
    2. Windows 2000 Server の場合は、コンピュータが起動し、画面の下部に "Windows 2000 の問題解決と拡張起動オプションについては、F8 キーを押してください" というメッセージが表示されたら、F8 キーを押します。これにより、コンピュータの処理が停止します。
    3. Windows Server 2003 の場合は、POST (Power On Self Test) が完了したら、F8 キーを押します。
  7. ノード 1 で、新しいドライブのパーティションの設定およびフォーマットを行い、共有 SCSI バス上の新しいディスクにドライブ文字を割り当てます。
    1. Windows NT 4.0 Server の場合は、以下の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] の順にポイントし、[ディスク アドミニストレータ] をクリックします。
      2. 新しいドライブの空白部分を右クリックし、[作成] をクリックしてパーティションを作成します。
      3. パーティションのサイズを MB で入力し、[OK] をクリックします。
      4. 新しいパーティションを右クリックし、[今すぐ変更を反映] をクリックし、[はい] をクリックして変更を保存し、[OK] をクリックします。
      5. 新しいパーティションを右クリックし、[フォーマット] をクリックします。[ファイル システム] の下の [NTFS] をクリックし、[開始] をクリックし、[OK] を 2 回クリックし、[閉じる] をクリックします。
      6. パーティションを右クリックし、[ドライブ文字の割り当て] をクリックし、設定するドライブ文字をクリックします。[OK] をクリックし、[はい] をクリックしてパーティションにドライブ文字を割り当てます。 サーバー クラスタにおけるドライブ文字の割り当てに関する推奨事項の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
        318534 サーバー クラスタにおけるドライブ文字の割り当てに関する推奨事項
      7. [ツール] メニューの [プロパティ] をクリックし、[ボリュームラベル] ボックスにボリューム ラベルとしてドライブ文字と同じ文字を入力し、[OK] をクリックします。

        たとえば、パーティションのドライブ文字が E の場合は、ボリューム ラベルとして E を入力します。
      8. 新しいドライブおよびパーティションごとに、手順 1. 〜 7. を実行します。
    2. Windows 2000 Server または Windows Server 2003 の場合は、以下の手順を実行します。
      1. [マイ コンピュータ] を右クリックし、[管理] をクリックします。
      2. [記憶域] を展開し、[ディスクの管理] をクリックします。

        : 新しいドライブに接続すると、ディスクのアップグレードと署名ウィザードが自動的に起動します。[次へ] をクリックし、ウィザードの手順を実行します。ウィザードにより、ディスクがダイナミック ディスクとして設定されます。ディスクをベーシック ディスクに設定し直すには、[ディスク n] を右クリックし (n は対象のディスクを示す番号です)、[ベーシック ディスクに戻す] をクリックします。手順 3. でハード ディスクのパーティションを設定する前に、ディスクの種類が [ベーシック] になっていることを確認します。

        クラスタ サーバー環境におけるダイナミック ディスクとベーシック ディスクの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
        237853 サーバー クラスタ ディスク リソースにダイナミック ディスク構成を使用できない
      3. 新しいドライブの未割り当て領域を右クリックし、[パーティションの作成] をクリックします。
      4. パーティションの作成ウィザードで、[次へ] をクリックし、作成するパーティションの種類をクリックし、[次へ] をクリックし、パーティションのサイズを MB で指定し、[次へ] をクリックします。
      5. パーティションに割り当てるドライブ文字をクリックし、[次へ] をクリックします。
      6. [パーティションのフォーマット] で、[フォーマット] の下にある [使用するファイル システム] ボックスの一覧で [NTFS] をクリックします。
      7. [ボリューム ラベル] ボックスに、ボリューム ラベルとしてドライブ文字と同じ文字を入力し、[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

        たとえば、パーティションのドライブ文字が E の場合は、ボリューム ラベルとして E を入力します。
      8. 新しいドライブおよびパーティションごとに、手順 1. 〜 7. を実行します。
  8. クラスタ サービスおよび Cluster Disk デバイス (または Cluster Disk Driver や Clusdisk デバイス) のスタートアップの設定を元に戻します。元に戻すには、使用しているオペレーティング システムに応じて、手順 1a. または手順 1b. を実行します。ただし、手順のうち、以下の部分は変更します。
    1. Windows NT 4.0 Server の場合は、[デバイス] ウィンドウで [Cluster Disk] の [スタートアップの種類] を [システム] に変更します。Windows 2000 Server または Windows Server 2003 の場合は、[コンピュータの管理] ウィンドウで、[Clusdisk] (または [Cluster Disk Device]) のスタートアップの [種類] を [システム] に変更します。
    2. [サービス] ウィンドウで、[Cluster Server] の [スタートアップの種類] を [自動] に変更します。
  9. ノード 1 を再起動します。ただし、以下の手順を実行して、Windows が起動しないようにします。
    1. Windows NT 4.0 Server の場合は、OS Loader のメニューが表示されたら、Space キーを押します。これにより、起動処理が停止し、Windows NT が読み込まれません。
    2. Windows 2000 Server の場合は、コンピュータが起動し、画面の下部に "Windows 2000 の問題解決と拡張起動オプションについては、F8 キーを押してください" というメッセージが表示されたら、F8 キーを押します。これにより、コンピュータの処理が停止します。
    3. Windows Server 2003 の場合は、POST (Power On Self Test) が完了したら、F8 キーを押します。
  10. ノード 2 でオペレーティング システムを起動します。起動するには、以下のうち、使用しているオペレーティング システムに適した手順を実行します。
    • Windows NT 4.0 Server の場合は、Space キーを押します。
    • Windows 2000 Server の場合は、方向キーを使用して [通常起動する] を選択し、Enter キーを押します。
    • Windows Server 2003 の場合は、方向キーを使用して [Windows を通常起動する] を選択し、Enter キーを押します。方向キーを使用してオペレーティング システムを選択し、Enter キーを押します。
  11. ノード 2 で、使用しているオペレーティング システムに応じて、ディスク アドミニストレータまたはコンピュータの管理ツールを使用して、共有 SCSI バス上の新しいディスクにドライブ文字を割り当てます。共有 SCSI バス上のディスクにドライブ文字を割り当てるときには、手順 7. でノード 1 で割り当てた文字と同じ文字を割り当てます。
  12. クラスタ サービス、および Cluster Disk デバイス (または Clusdisk デバイス) のスタートアップの設定を元に戻します。元に戻すには、使用しているオペレーティング システムに応じて、手順 1a. または手順 1b. を実行します。ただし、手順のうち、以下の部分は変更します。
    1. Windows NT 4.0 Server の場合は、[デバイス] ウィンドウで [Cluster Disk] の [スタートアップの種類] を [システム] に変更します。Windows 2000 Server または Windows Server 2003 の場合は、[コンピュータの管理] ウィンドウで、[Clusdisk] (または [Cluster Disk Device]) のスタートアップの [種類] を [システム] に変更します。
    2. [サービス] ウィンドウで、[Cluster Server] の [スタートアップの種類] を [自動] に変更します。
  13. ノード 2 を再起動して、オペレーティング システムを完全に起動します。
  14. クラスタ アドミニストレータ ツールを使用して、新しいディスクごとに物理ディスク リソースを作成し、作成したディスクをオンラインにします。
  15. エラーが発生する場合は、SCSI ケーブル、ターミネータ、SCSI ID の割り当てをチェックして、適切に構成されているかどうかを確認します。クラスタのディスクおよびドライブの接続に関する問題の関連情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/windows2000/ja/advanced/help/sag_mscs5tshoot_11.htm?id=717
  16. エラーが発生しない場合は、ノード 1 のオペレーティング システムを起動します。起動するには、以下のうち、使用しているオペレーティング システムに適した手順を実行します。
    • Windows NT 4.0 Server の場合は、Space キーを押します。
    • Windows 2000 Server の場合は、方向キーを使用して [通常起動する] を選択し、Enter キーを押します。
    • Windows Server 2003 の場合は、方向キーを使用して [Windows を通常起動する] を選択し、Enter キーを押します。方向キーを使用してオペレーティング システムを選択し、Enter キーを押します。
  17. ノードがオンラインになり、クラスタ アドミニストレータでもオンラインになったことが確認できたら、グループをノードに移動できるかどうかをテストします。テストするには、グループを右クリックし、[移動] をクリックします。グループおよびグループのリソースがすべて別のノードに移動します。どのノードも正常にオンラインに変更されることを確認します。

関連情報

Microsoft Cluster Service および SCSI ハード ディスクの追加方法の関連情報については、『Microsoft Cluster Server Administrator's Guide』の第 4 章を参照してください。この資料を参照するには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/resources/documentation/windowsnt/4/server/proddocs/en-us/clustsvr/mscsadm0.mspx
Windows 2000 Server にクラスタ サービスをインストールする方法の関連情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windows2000/techinfo/planning/server/clustersteps.asp
Windows 2000 または Windows Server 2003 のクラスタでディスクを置き換える方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
305793 Windows 2000 または Windows Server 2003 サーバー クラスタでディスクを置き換える方法

プロパティ

文書番号: 175278 - 最終更新日: 2005年11月29日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbwinservperf kbinfo kbsetup KB175278
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com