Microsoft Project で期待どおりタスクをスケジュールしません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 175457 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ここでは理由がされませんタスク Microsoft Project で期待どおりの説明し、動作を修正するためのヒントを提供します。

詳細

いないタスクさまざまな理由が期待どおり。 正確な原因を特定、自分で、次の質問します。

メモ この資料ではシナリオのいずれかをテスト、する前に、ファイルのバックアップ コピーを作成するかを加えて保存することがありますが、ファイルにください。
  1. オプションの計算が、[手動] に設定がでしょうか。

    手動で計算を指定する場合は、F9 キーを押した場合にのみ自動的には、ファイル計算されます。 計算方法 [自動スケジューリング競合を解決する] に設定します。 計算方法を設定するには、次の手順に従います。
    1. [ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックします。
    2. [ 計算方法 ] タブをクリックします。
    3. [ 計算方法 ] で [ 自動 または 手動] をクリックします。
  2. スケジュール メッセージを表示オプションがオフになっているでしょうか。

    メッセージのスケジュールを表示するオプションがオフの場合はスケジュールの競合がプロジェクト ファイルへの変更が処理されます。 設定メッセージの表示オプションにされている場合、競合を参照してれ修正することができます。 スケジュール メッセージの表示オプションのまたはオフに、次の手順に従います。
    1. [ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックします。
    2. [ スケジュール ] タブをクリックします。
    3. [を選択または [ メッセージのスケジュールを表示する ] チェック ボックスをオフにします。
    4. [ 全般 ] タブをクリックします。
    5. PlanningWizard 、[すべてチェック ボックスをオンします。
    メモ スケジュールに関するメッセージが点灯したら、キーボードの F9 キーを押します。 プロジェクトを正しく計算されます前に、発生したすべてのスケジュール メッセージ必要が解決あります。
  3. プロジェクトの開始日またはプロジェクトの終了日からスケジュールするのでしょうか。

    プロジェクトの開始日からスケジュールをする際に、タスクが、できるだけ早く開始されます。 プロジェクトの終了日からスケジュールをする際に、タスクができるだけ遅く開始されます。 ファイル内でどの日付が設定を確認するには、 プロジェクト メニューの [ プロジェクト情報 ] をクリックします。
  4. プロジェクトの開始日とは

    いて、メッセージのスケジュールを表示する] オプションをオンになって、プロジェクトの開始日の前に発生するタスクを入力して、警告メッセージを受け取ります。 プロジェクトの開始日の前に開始するタスクをスケジュールする場合は、タスクの日付を入力手動でします。 プロジェクトの開始日を確認、 プロジェクト メニューの [ プロジェクト情報 ] をクリックします。
  5. でした、達成率、タスク入力しますか。

    タスクは既に開始、タスクを達成した、場合に、開始日を自動的に変更できません。 タスクが自動的にスケジュール設定場所を決定するには、タスク達成率は 0 を設定します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. タスクを選択します。
    2. [ プロジェクト ] メニューの [ タスク情報 ] をクリックします。
    3. [ 全般 ] タブをクリックします。
    4. [ 達成率 ] ボックスに、 0 を入力します。
    5. [ OK] をクリックします。
  6. 実績開始日、タスクに割り当てたでしたか。

    実績開始日をタスクに割り当てるでき、達成率を入力しません。 タスクがないスケジュールされる自動的に NA. に、実績開始日を設定するされない限り、 実績開始日を設定するには、テーブルに実際の開始フィールドを挿入します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. テーブル内の任意の列のタイトルを現在選択します。
    2. [ 挿入 ] の [ 列の挿入 ] をクリックします。
    3. 実績開始日] フィールド名 ] のクリックしてください [ OK]: をクリック
  7. 制約以外できるだけ早く (ASAP) をタスクに割り当てるでしたか。

    制約可能性制約と日付セットの種類にに従ってスケジュールするタスクがあります。 Microsoft Project では、プロジェクトの終了日からスケジュールするプロジェクトで、[できるだけ早く] というタスクとして、制約を付けて実行可能な (遅く) のあるタスクがスケジューリングされます。 制約タイプを確認、次の手順に従います。
    1. タスクの ID 番号をダブルクリックします。
    2. [ 詳細設定 ] タブをクリックします。
  8. 先行タスクまたは後続のリレーションシップはありますか。

    リレーションシップの種類、タスクをスケジュールできることができます時期が決めるされます。 自動的に、 タスクは指定日常に優先の制約 の設定タスク関係リンク優先します。 このオプションを設定するには、次の手順を実行します:
    1. [ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックします。
    2. [ スケジュール ] タブをクリックします。
    3. クリックして 、タスクは常の指定制約日優先 する] チェック ボックスを選択します。
    4. [ OK] をクリックします。
  9. 自動リソースの平準化を使ってしていますか。

    自動リソースの平準化がリソースの競合を避けるためにタスクに遅延を追加します。 これは、結果、タスクにプッシュされる開始日。 手動でオプションを選択する場合の遅延は追加されませんタスクに自動的にします。 タスクに追加の遅延を削除し、リソースを手動平準化を設定する、次の操作を行います。
    • 遅延を削除] するには、 平準化の解除 をクリックします。
    • リソースのマニュアルを平準化を設定するには、 ツール メニュー リソースの平準化 </a0>] をクリックし、 手動
  10. [タスクの延期期間] フィールド値ですがありますか。

    場合、タスクの延期期間] フィールドに 0 より大きい値が含まれていないスケジュールできますタスク以前のバージョン。 オフにする、延期期間] フィールドには、手順 9 を参照してください。
  11. タスクのサブタスクですか。

    サマリー タスク (任意のレベル) では、先行タスクまたは制約がある、サブタスクが以前のサマリ タスク スケジュールできません。 サマリー タスクを先行タスクの制約を確認する次の手順に従います。
    1. タスクを選択します。
    2. [ プロジェクト ] メニューの [ タスク情報 ] をクリックします。
  12. タスクに割り当てられたリソースはありますか。

    リソース カレンダーはリソース ドリブン タスクしますが、ない期間固定タスクのスケジュールに影響します。 Microsoft Project でリソース カレンダーはすべて次の 3 つのタスクの種類 (期間固定、作業時間固定、および単位数固定) に影響します。 かどうかは、実際には、リソースが反映、スケジュールを表示するリソースを削除します。 タスクのスケジュールどおりの場合、リソースが削除されます後、は、リソースの予定表を確認します。 リソース カレンダーを確認、次の手順に従います。

    [ ツール ] メニューの [ 稼働時間の変更 ] をクリックし、ドロップダウン リストから、リソース名を [します。
  13. 非稼働時間帯にタスクをスケジュールしようとしましたか。

    1 日が非稼働のマークを付けた場合はその日に開始タスクようスケジュールすることはできません。 プロジェクト カレンダーを確認、 ツール メニューの [ 稼働時間の変更 ] をクリックします。
  14. サマリー タスクに割り当てられた先行または後続のリレーションシップはありますか。

    サマリー タスクに割り当てられたリレーションシップの先行タスクと Successor に加えてリンクされているサマリー タスク、サマリー タスクのサブ タスクに影響をことができます。

    リレーションシップの種類、タスクをスケジュールできることができます時期が決めるされます。 自動的に、 タスクは指定日常に優先の制約 の設定タスク関係リンク優先します。 以前のバージョンの Microsoft Project には、このオプションはありません。 このオプションを設定するには、次の手順を実行します:
    1. [ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックします。
    2. [ スケジュール ] タブをクリックします。
    3. クリックして 、タスクは常の指定制約日優先 する] チェック ボックスを選択します。
    4. [ OK] をクリックします。
これらすべてのテストを実行したら、でも、スケジュールの問題がある場合は、新しいタスクを作成しようまたは問題、タスクを削除し、[再作成をましょう。

問題があるが、[コマンド、ファイルが壊れているにあります。 Microsoft Project 4. 1 または以前のバージョンでは、ファイルを作成し、このバージョンの Microsoft Project をコンピューターにインストールされているがまだある、ファイルを開いて、MPX 形式で保存します。 次に、Microsoft Project 2000 または後でファイルを開きます。

MPX ファイル形式の追加については、Mpxfile.wri ファイルを参照してください。 Mpxfile.wri ファイルは、\Winproj ディレクトリにある通常。

4. 1 またはそれ以前の Microsoft Project がない場合は、ファイルを MPX 形式で保存できません。 このファイル形式は、(保存) をサポートしませんが Microsoft Project 2000 で利用できるまたは後で新しい機能です。 したがって、MPX 形式で Microsoft Project 2000 またはそれ以降のファイルを保存する場合が失われます機能の一部、ファイルを変換するとします。

プロパティ

文書番号: 175457 - 最終更新日: 2007年5月7日 - リビジョン: 6.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Project Professional 2007
  • Microsoft Office Project Standard 2007
  • Microsoft Office Project Professional, 2003
  • Microsoft Office Project Standard 2003
  • Microsoft Project Standard Version 2002
  • Microsoft Project 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbtasks kbmt KB175457 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:175457
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com