複数のアダプターと同じネットワーク上に動作する必要があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 175767 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP175767
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

プロトコルのサブネットと同一の物理ネットワーク上の複数のネットワーク アダプターが Windows ベースのコンピューターを構成した場合、予期しない結果が発生する可能性があります。この資料では正常な動作のこの種の非標準の構成について説明します。

詳細

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • Windows がインストールされた、稼働中のコンピューターがあります。
  • 2 つのネットワーク アダプターは、同一の物理ネットワークまたはハブに接続されています。
  • ネットワーク プロトコルとして TCP/IP がインストールされています。
  • 同じサブネット上にあるアダプターのアドレスは、192.168.0.1 と 192.168.0.2 です。
  • ネットワーク上のクライアント アドレス 192.168.0.119 を使用します。
このシナリオで、同一の物理ネットワークおよびプロトコル サブネット上にある 2 つのアダプターが負荷分散を行うことを想定する場合があります。ただし、定義は 1 つだけのアダプター ネットワーク上を同時にイーサネットのネットワーク トポロジに通信可能性があります。したがって、両方のアダプターが同時に送信することはできません、ネットワーク上の別のデバイスを送信している場合は、待機する必要があります。さらに、両方が同じネットワーク上でリッスンしているため各アダプターがブロードキャスト メッセージを処理しなければなりません。この構成には、プロトコルに関連する問題を除いて、かなりのオーバーヘッドが必要です。この構成は、冗長化されたネットワーク アダプター、同じのネットワークを提供する適切な方法を提供していません。

192.168.0.119 アドレスを持つクライアントに TCP/IP プロトコルを使用して、パケットを送信するサーバーがあることを前提としています。このアドレスがローカル サブネット上にあります。このため、ゲートウェイのクライアントに到達するためはありません。プロトコル スタックはローカル ルーティング テーブルで見つかる最初のルートを使用します。通常、これは、インストールされた最初のアダプターです。この場合は、そのアダプターは 192.168.0.1 です。送信が失敗した場合は、後で再試行を同一のアダプターは、ルーティング テーブルにあるエントリを使用できます。

もし192.168.0.1 のネットワークのケーブルとアダプターに障害が発生しても、必ずしもルーティング テーブルからのルートの削除が生じるわけではありません。そのため、2 つ目のアダプターは使用できません。

考慮すべきもう 1 つは、いくつかネットワーク アプリケーション システムに特定のアダプターにバインドすることです。具体的に 2 つ目のアダプターをバインドするのには、ネットワーク アプリケーションをされた場合は、アプリケーションで、最初のアダプターのクライアントから受信したアプリケーションに関連するトラフィックを無視する可能性があります。ネットワーク上の NetBIOS 名の登録が発生する可能性があります。または、アプリケーションがバインドされているアダプターに障害が発生した場合は、別のアダプターを使用していない場合、アプリケーションが失敗します。

通常、アプリケーションが特に要求しない限り、この種類の構成が便利です。いくつかの製造元は、単一点障害を防ぐには、フォールト トレラント ネットワーク アダプターを確認します。これらのアダプターは同じサーバーに含まれるが、同時に使用する 1 つだけのアダプターを有効にするのには、2 つのアダプターを有効にします。プライマリ アダプターに障害が発生した場合は、ドライバーの最初のカードを非アクティブにし、2 番目のアドレスに同じ構成を使用して、ように。結果は非常にシームレスな遷移が代替アダプターです。これは、単一のネットワーク アダプターに対しては、単一障害点としての保護をお勧めします。

Windows Server のフェールオーバー クラスタ リング

Windows Server フェールオーバー クラスタ リングと追加のアダプターを同じネットワーク上に使用しないし、TCP/IP プロトコルの既存の機能に依存しています。アダプターの障害がある場合は、ソフトウェアが自動的に、他のアダプターの IP アドレス リソースのアドレスを登録するのにはしません。単一のネットワーク アダプターは、単一障害点としてを避けたい場合は、別の論理サブネット上にあるネットワーク アダプターを構成します。または、NIC チーミングを使用して (この資料の前半で説明したように) 1 つの論理アダプターに複数の物理アダプターを結合します。

以前の情報がブロードキャスト ルートに適用されます。最大の数値の IP アドレス、サブネット、サブネットへのルートを使用します。たとえば、2 つのアダプターで IP アドレス 192.168.0.1 および 192.168.0.2 などを想定しており、192.168.0.1 を最初にインストールされたことを前提としています。このような場合、以下のルートが作成されます。
   192.168.0.0   255.255.255.0  192.168.0.1    192.168.0.1
   192.168.0.0   255.255.255.0  192.168.0.2    192.168.0.2
   192.255.255.255   255.255.255.255  192.168.0.1  192.168.0.1
   255.255.255.255   255.255.255.255  192.168.0.1  192.168.0.1
				

プロパティ

文書番号: 175767 - 最終更新日: 2013年7月1日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
キーワード:?
kbinfo kbnetwork kbmt KB175767 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:175767
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com