発生のメカニズムの Visual C で #import の例外を交換する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 175784
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
メモ Microsoft Visual の C++。NET 2002 および Microsoft Visual の C++ です。NET 2003、Microsoft によって提供される両方のマネージ コード モデルをサポートします。NET Framework とアンマネージ ネイティブ Windows コード モデル。この資料の情報は、アンマネージ Visual C コードにのみ適用します。 Microsoft Visual C 2005 のマネージ コード モデルの両方をサポートしています。マイクロソフトによって提供されます。NET Framework とアンマネージ ネイティブ Windows コードモデル。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

#Import を使用して、クライアント アプリケーションを作成するために導入されています。例外のラッパーと、_com_error 例外クラスを処理します。オブジェクトのメソッドは、失敗の HRESULT を検出します。正当な理由がある可能性があります。このメカニズムを独自の実装を置き換えます。

詳細

#Import を使用していないが発生するは、次の 2 つの方法があります。エラー HRESULT の例外です。1 つ目は、raw_interfaces_only を使用する方法です。#import ステートメントの句。ただし、このような利点を否定します。#import を提供するラッパー クラス。

2 番目の方法持つ _com_raise_error は、独自の実装を提供することである、次のプロトタイプと既定の実装。
void __stdcall _com_raise_error(HRESULT hr, IErrorInfo* perrinfo = 0)
   throw(_com_error);

   void __stdcall
   _com_raise_error(HRESULT hr, IErrorInfo* perrinfo ) throw(_com_error)
   {
       throw _com_error(hr, perrinfo);
   } 
				
この関数は宣言しますが、COMDEF に実装されていません。H ファイルです。If独自の実装を提供します。OBJ、リンカーは対照的に使用します。それから COMSUPP ににします。LIB します。_com_raise_error には独自のオブジェクトが存在します。COMSUPP では。LIB のだけで簡単に、コードで置き換えることができますように。

下#import の例外発生関数の実装の例を示します。
注: 現在、コンパイラは関数例外指定を無視します。警告が生成されます。
警告の C4290: C++例外の仕様は無視されます。
C++ のホワイト ペーパーにある場合による関数の宣言は、例外の仕様、すべての宣言が、関数の定義を含む必要がありますがある、同じ型 id のセットを持つ例外仕様。
void __stdcall
   _com_raise_error(HRESULT hr, IErrorInfo* perrinfo ) throw(_com_error)
       {
           //this message box is for demonstration purpose only
          AfxMessageBox( "_com_raise_error (HRESULT, IErrorInfo*)" );
           //your own error handling code or just an abort
       }
#import "C:\Program Files\Common Files\System\ado\msado15.dll" no_namespace rename("EOF", "adoEOF" )

       _bstr_t     bstrEmpty(L"");
       _ConnectionPtr  Conn1 = NULL;
       Conn1.CreateInstance( __uuidof( Connection ) );
       Conn1->Open( bstrEmpty, bstrEmpty, bstrEmpty,0 ); 
					
このコードは、ADO connection オブジェクトを開くしようとしています。任意の有効な接続情報を提供することがなく。交換して_com_raise_error、発生、_com_error を防止します。

この関数を交換しただけであるため、ただしでもする必要があります。例外をトラップします。次のコード例を検討してください。
#import "C:\Program Files\Common Files\System\ado\msado15.dll" no_namespace rename("EOF", "adoEOF" )
    _ConnectionPtr  Conn1 = NULL;
    // Conn1.CreateInstance( __uuidof( Connection ) );
    Conn1->Open( bstrEmpty, bstrEmpty, bstrEmpty ,0); 
				
この例では、Conn1 し、有効なオブジェクトへのインターフェイス ポインターではありません。この存在しないオブジェクトは、_com_raise_erro の呼び出しで NULL です。ただし、オーバー ロードされた] を演算子-> メソッドが返す null インターフェイスでコンパイラは、結果として、Open() メソッドを呼び出すしよう、Win32 の例外です。Conn1 が最初の呼び出しに NULL のテスト Open() をしますこの例外を回避します。

プロパティ

文書番号: 175784 - 最終更新日: 2014年3月1日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbinfo kbdatabase kbmt KB175784 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:175784
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com