WD98: Macintosh 用 Word 98 でドキュメントを破損のトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 176050 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは識別や回復、Macintosh ドキュメントの Microsoft Word で損害を防ぐために使用できるトラブルシューティングの手順について説明します。

破損した文書ファイルによってプログラムが異常な動作をすることがあります。 このような現象は、プログラムがしように関する処理方法を次に、決定を行う、破損した文書内の不適切な情報に基づいてために発生します。

詳細

破損した文書による問題の識別

破損した文書では、多くの場合、一部のプログラムの設計 (たとえば無限の改ページ、不適切な文書のレイアウトと書式設定、処理、システムのハングまたはクラッシュを読み込むまたは、ファイルまたはその他異常な現象が発生、プログラムの通常の処理は考えられないする表示するときの実行中のエラー メッセージ、画面上の読み取り不可能な文字) のではない現象が発生します。 これらの動作は、文書の破損以外の要因により発生します。 その他の要因を除外するには次のトラブルシューティング手順に従います。
  • 他の文書で同様の動作を確認します。
  • 他のプログラムで同様の動作を確認します。
  • 対象のファイルを別のコンピューターに受け取り、現象が再現しようとしました。
  • 別のプリンタ ドライバを使用して、現象が再現されるかどうかを確認します。
  • 文書に添付されたテンプレートは、名前を変更し、現象が再現します。
  • 任意 (など) としての常駐型プログラム (TSR)、フォント マネージャー、およびスクリーン セーバー)、実行されているサードパーティ製プログラムを無効に、現象が再現を試みますオフ拡張子を持つもう一度コンピューターを起動します。
問題が以下の手順を実行後、1 つのドキュメントでのみ発生する場合は文書が破損して可能性があります。

破損した文書を修正します。

破損した文書を修正しようとする使用できるいくつかの手法があります。 現象が発生する方法は、性質と損害の重大度および動作の種類によって異なります。 多くの場合、これらの方法によって文書を開くことができますが、破損したすべての文書を復元できるわけではありません。 文書のバックアップ コピーを保持はその修復に最適な方法です。

ファイルを別の形式に変換します。

ファイルを別の形式に変換して、それをネイティブ形式に変換します。

これは、最も簡単で最も完全なドキュメントの回復方法なので、常にやって先。 リッチ テキスト形式 (RTF) ファイル形式でファイルを保存。 この形式では、Macintosh ドキュメントの Microsoft Word で書式を保持します。 RTF 形式でファイルを保存した後は再び Word で文書を開く、RTF 形式から変換します。 このメソッドが成功した場合は、ファイルの破損が変換中に削除されます。

ファイルを RTF として保存するには、次の手順に従ってください:
  1. [ ファイル ] の [ 名前を付けて保存 </a0>] をクリックします。
  2. [ ファイルの種類として保存 の一覧、 リッチ テキスト形式 を選択します。
解決されない損害 RTF ファイル形式でファイルを保存した後場合、次のファイル形式でファイルの保存試してください。
  • 他のワード プロセッシング形式
  • [テキストのみ
: ドキュメントの破損問題を修正テキストのみの形式でファイルを頻繁に保存は、すべての文書の書式 Word 98 Macintosh Edition グラフィックスとフィールドのコードを含む失われます。 この方法では書式を再設定する必要があるため、他のファイル形式で問題を解決できなかった場合にのみ、この方法を使用してください。

に関する情報が失われる Visual Basic アプリケーション コードが他のファイル形式に変換する Word 98 アーティクルでのをクリック資料以下、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
184153WD98: VBA のコードを別のドキュメント形式に変換が失われる

Word で自動バックアップ機能を使用します。

自動バックアップ機能は、Word は Word 応答を停止するときに開いていた文書から文字列を自動的に修復を試みます。 再起動すると Word が応答を停止 (ハング) した後、ダイアログ ボックスは、次のメッセージに表示されます。
FILE NAME を開くときにファイルの破損がしました。 このドキュメントの一部は修復は可能性があります。 今すぐ回復を試行しますか。
: この回復文書には、ドキュメントと損害の量のサイズに応じて時間がかかります。

後に、ドキュメントが回復された、すぐに使用、[ 名前を付けて保存 ] コマンド、[ ファイル ] メニューの [を保存、ドキュメントを新しいファイル名で。 これによりを元の文書は他回復の試行。 この自動回復方法は、すべての書式設定、グラフィックス、およびオブジェクトのドキュメントから削除します。 以下に、他の方法、複数、元の書式という、破損した文書からの回復できます。

自動バックアップ機能の詳細については、「「Word や失われたドキュメント回復損失が許可しない」Word のヘルプでしてください。

下書きモードで、破損した Word 文書を開く

下書きモードでの破損した Word 文書を開きます。 あります (れない、ため破損した文書の種類) が文書を開く正常に下書きモードでは他のビューで開かないときにします。 ファイルを開いた後は回復したり、ファイルを修復することができます。

Word での下書きモードに切り替えたり、次の手順に従います。
  1. [ 表示 ] メニューの [ 標準 を] をクリックします。
  2. [ ツール ] メニューの [ 設定 ] をクリックします。
  3. [ 表示 ] タブをクリックします。
  4. [ 下書きフォント ] チェック ボックスをクリックします。

最後の段落記号以外のすべてを新しい文書にコピーします。

Word では、最後の段落記号、特にセクションおよびスタイルの書式で書式設定のさまざまなを関連付けます。 このため、最後の段落記号を除くすべての内容を新しい文書にコピーすると、破損部分が元の文書に残る可能性があります。 この場合、新しい文書でセクションまたはスタイルの書式を再設定します。

: 最後以外のすべてを選択できますを COMMAND + End、し、[COMMAND + Shift キーを押しながら Home キーを押して、段落記号。

文書の壊れていない部分を新しい文書にコピーする

ありますファイルの破損の場所を文書内で判断できます。 ここでは、破損した部分を除くすべてを新しいファイルにコピーして、以下の手順で、ドキュメントを再構築を。
  1. 文書の破損していない部分をコピーし、(いないすることが段落記号がいくつか不適切な情報を保持するためにこの選択範囲の最後の段落記号を選択を) 新しいファイルに貼り付けます。
  2. テキスト専用の形式で、破損した文書のコピーを保存します。
  3. テキスト ファイルを開きます。
  4. このファイルからテキストをコピーし、文書の破損していない部分を含むファイルに貼り付けます。
  5. 手順 4 で貼り付けたドキュメントのセクションを再フォーマットして、復元された文書保存します。

白紙の文書のファイルを挿入します。

最後の段落記号を除くすべてのテキストをコピーするファイルを開けない場合は、ファイルを修正したファイルに新しい最終段落記号が者) を新しい文書に挿入することができます。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 標準テンプレートに基づく文書を新規作成します。
  2. [ 挿入 </a0>] メニューの [ ファイル ] をクリックします。 破損した文書を選択し、 [OK] をクリックします。

ペースト リンク コマンドを使用してリンク経由で文書を開く

このメソッドはリンクを作成する「ダミーの」ドキュメントを使用し、「ダミーの」ドキュメントと、破損した文書間のリンクを切り替えます。

次を破損した文書を開くため、[リンク貼り付け操作に使用する手順に従います。
  1. Word では、すべての開いている文書を閉じるし文書を開くと新しい空白。
  2. テスト します。
  3. 単語 テスト を選択します。 [ 編集 </a0>] メニューの [ コピー ] をクリックします。
  4. ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をクリックし、新しい白紙の文書を開きます。
  5. [ 編集 ] の [ 形式を選択して貼り付け </a0>] をクリックします。 [ 形式を選択して貼り付け ] ダイアログ] ボックスの [ リンク貼り付け にします。 [ ボックス で [ リッチ テキスト形式 (RTF) ] をクリックを [OK] をクリックします。
  6. [ 編集 ] の [ リンク ] をクリックします。
  7. [ リンク ] ダイアログ] の [ リンク元の変更 にします。 ファイルを開く ] ダイアログ ボックスで検索して回復しドキュメントを選択します。 [ ファイルを開く ] をクリックし、 [OK] を実行します。
  8. ドキュメントを開くときで、[ ファイル ] メニューの [ 名前を付けて保存 ] をクリックします。 文書の新しい名前を入力し、 保存 します。
  9. ドキュメントを開きには、 編集 にメニュー リンクの設定 ] をクリックします。
  10. [ リンク ] ダイアログ] リンクの解除 を選択します。 ダイアログ表示される、ボックス [はい] のリンクを解除します。

: 終了または変更する前に文書を保存するリンクが壊れていますとする必要があります。

「ファイルからテキストを回復する」を使用してファイルを開く

最後の手段としてこの特別なコンバーターを使用して手動で破損した文書を開いたりできます。 このコンバーターを使用してすべての書式設定、グラフィックス、および埋め込みオブジェクト ファイルから削除します。 読み取り可能なテキスト (ASCII 文字) を除くファイルからすべてストリップ (横します。 Word 文書のファイルが編成し、保存方法] のため、テキスト分離または重複します。 最も簡単なファイルでもとがあります再フォーマットを多数必要。 サイズの小さいファイルを開いてコピーと 2 番目のドキュメントを新しい回復不要なテキストのではるかがあるため、回復ドキュメントから、新しい文書に文字列を貼り付けることが望ましいは多くの場合。

コンバーターを使用して、すべてのファイルからテキストを復元] 文書を開くには、次の手順に従います。
  1. [ ファイル ] の [ 開く ] をクリックします。
  2. [ リスト ファイルの種類 ボックスの一覧から、する 修復コンバーターからすべてファイル。
  3. 破損したファイルを含むフォルダーを探し、ファイルを選択します。
  4. ファイルを開く をクリックします。

    : 回復プロセスは、ドキュメントと損害の種類のサイズに応じて時間がかかります。 回復が完了するとすぐ [ ファイル ] メニューの [ 開く ] をクリックし、 Word 文書 ] または [ リーダブル ファイル に戻す リスト ファイルの種類 を変更します。

    ヒント : この時点で、新しい名前で回復されたファイルを保存します。 これは、元の文書を誤って上書きするようにはされ、により、元の文書は他回復の試行を利用できます。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
87856[WD97]: のトラブルシューティング Windows の Word でドキュメントを破損しました。

プロパティ

文書番号: 176050 - 最終更新日: 2014年2月1日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 98 for Macintosh
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbfaq kbmt KB176050 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:176050
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com