Internet Explorer の実行中のインスタンスに接続する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 176792 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Internet Explorer version 4.0 を実行中のインスタンスまたは後で、SHDocVw.ShellWindows コレクションを使用して接続することが可能です。

詳細

一般に、アプリケーションを実行中のインスタンスに接続します。実行中のオブジェクト テーブルを使用して、別のアプリケーションです。Internet Explorer4.0 自体を実行中のオブジェクト テーブルには登録されません、別の方法です。必要ありません。

ShellWindows コレクションは、インターネット上で記載されています。クライアント SDK の次のように:「ShellWindows オブジェクト コレクションを表す、windows シェルに属するを開きます。実際には、このコレクションが含まれています。Internet Explorer に属するとそれ windows が参照する、Windows エクスプ ローラーなどのシェルです。

次の Visual Basic コードShellWindows コレクションへの参照を取得します。コレクションです。列挙し、LocationName オブジェクトごとに、一覧に追加します。場合は、オブジェクトに関連付けられたドキュメントが HTMLDocument (Web ページ) の型にはページのタイトルに別のリスト ボックスに追加されます。

実行するのには次のコードは、"Microsoft Internet への参照を追加する必要があります。(Shdocvw.dll) のコントロール"および「Microsoft HTML オブジェクト ライブラリ」(Mshtml.dll) へ、Visual Basic プロジェクトの場合:
Dim SWs As New SHDocVw.ShellWindows
Dim IE As SHDocVw.InternetExplorer

Private Sub Form_Load()
   Dim Doc
   List1.Clear
   List2.Clear

   Text1.Text = SWs.count

   For Each IE In SWs
      List1.AddItem IE.LocationName

      Set Doc = IE.Document
      If TypeOf Doc Is HTMLDocument Then
         'if this is an HTML page, display the title
         'may or may not be the same as LocationName
         List2.AddItem Doc.Title
      End If
   Next
End Sub
				

C++ では、ほぼ同じ方法での接続を実現できます。Visual C++ ネイティブ Com サポートここで、簡潔にするために使用されます。

Shdocvw.dll と Mshtml.dll への参照をプロジェクトに追加します。
#import <mshtml.dll> // Internet Explorer 4.0x
#import <mshtml.tlb> // Internet Explorer 5
#import <shdocvw.dll>
				
IShellWindows ポインターのビュー クラスのインスタンスを宣言します。
SHDocVw::IShellWindowsPtr m_spSHWinds;
				
ビューのコンス トラクターでは、ShellWindows オブジェクトのインスタンスを作成します。
m_spSHWinds.CreateInstance(__uuidof(SHDocVw::ShellWindows));
				
ビューの OnInitialUpdate 関数で、ShellWindows オブジェクトを使用します。
void CConnectIEView::OnInitialUpdate()
{
   CFormView::OnInitialUpdate();

   ASSERT(m_spSHWinds != NULL);

   CString strCount;
   long nCount = m_spSHWinds->GetCount();

   strCount.Format("%i", nCount);
   m_strWinCount = strCount;

   UpdateData(FALSE);

   IDispatchPtr spDisp;
   for (long i = 0; i < nCount; i++)
   {
      _variant_t va(i, VT_I4);
      spDisp = m_spSHWinds->Item(va);

      SHDocVw::IWebBrowser2Ptr spBrowser(spDisp);
      if (spBrowser != NULL)
      {
         m_ctlListLoc.AddString(spBrowser->GetLocationName());

         MSHTML::IHTMLDocument2Ptr spDoc(spBrowser->GetDocument());
         if (spDoc != NULL)
         {
             m_ctlListTitle.AddString(spDoc->Gettitle());
         }
      }
   }
}
				

実行中のインスタンスに接続するには、以前の方法、Internet Explorer シェル統合がインストールされていない場合、または場合は動作しませんInternet Explorer 4.0 では「新しいプロセスで参照」を選択します。

Ifこれらの要因を制御することはできません、可能性があります 1 つの考えられる方法です動作します。Internet Explorer 4.0 を登録するブラウザー ヘルパー オブジェクトを記述します。ランニング オブジェクト テーブル (ROT) では。多くの実装が考えられますここでどのアプリケーションがインターネットのインスタンスを決定するに応じてください。エクスプ ローラーの接続先となります。これは、考えられる解決策の 1 つです: ブラウザーヘルパー オブジェクトは、エクスプ ローラーのインスタンスのオブジェクト モデルにアクセスできること、それを起動する、これがブラウザーのインスタンスかどうかをすることランニング オブジェクト テーブルに登録する必要があります。

インターフェイスは、消費者が興味のあるを ROT に登録することができます、RegisterActiveObject 関数は、消費者は、ダミーの CLSID認識します。複数のインスタンスが許可する他のソリューションをエクスプ ローラーが ROT に登録するブラウザー ヘルパーになります。オブジェクトは GUID とそれぞれに固有のデータを基にアイテム モニカーを作成します。Internet Explorer のインスタンスです。モニカーが ROT に登録します。IRunningObjectTable::Register の方法です。もう一度、消費者がする必要知っているこのモニカーをどのように認識します。

関連情報

詳細については、MSDN Online Web を参照してください。ワーク ショップでは:
MSDN ライブラリ
インターネット クライアント SDK。インターネットのツールを検索し、Windows シェル API ・ テクノロジー

詳細については、してください。次の資料、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
179230 ファイル: IEHelper-ブラウザー ヘルパー オブジェクトを使用してアタッチする IE4
詳細については、次の資料を参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/Bb250436.aspx
(c) Microsoft Corporation 1997 年すべての権利予約します。ロバート デューク、マイクロソフト コーポレーションによって出資

プロパティ

文書番号: 176792 - 最終更新日: 2013年7月20日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Client SDK 4.01
キーワード:?
kbcode kbhowto kbmt KB176792 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:176792
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com