Outlook Express で、インターネット ショートカットをクリックしても、Web ブラウザが起動されない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 177054 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP177054
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Outlook Express の電子メール メッセージ内にあるインターネット ショートカットをダブルクリックしても、Web ブラウザが起動せず、その Web ページに接続できない場合があります。

原因

この問題は、次のいずれかの条件に当てはまる場合に発生することがあります。
  • 現在のデフォルトの (通常使用する) インターネット ブラウザが Microsoft Internet Explorer ではなく、以前のデフォルトのブラウザが既に削除されています。
  • インターネット ショートカットに関連付けられているプログラム名に、短いファイル名 (標準的な 8.3 形式の命名規則) が使用されています。

解決方法

この問題を解決するには、次のうち、原因に適した方法を実行します。

Internet Explorer を通常使用するブラウザに設定する

Internet Explorer を通常使用するブラウザに設定するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [インターネット] または [インターネット オプション] のアイコンをダブルクリックして、[プログラム] タブをクリックします。
  3. [Internet Explorer の起動時に、通常使用するブラウザを確認する] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[適用] をクリックし、[OK] をクリックします。
  4. Internet Explorer を開き、以下のメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    Internet Explorer は、既定のブラウザとして設定されていません。既定のブラウザとして設定しますか?
これで、電子メール メッセージ内のリンクをクリックすると、Internet Explorer が起動します。

Outlook Express 5 のみ

: このセクション説明は Microsoft Windows 2000 には適用されません。 Outlook Express 5 では、Microsoft Internet Explorer 5 の修復ユーティリティを使用することでも、この問題を解決できます。Internet Explorer 5 の修復ユーティリティを実行するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  2. 現在インストールされているプログラムの一覧で、[Internet Explorer 5 とインターネット ツール] をダブルクリックします。
  3. [Internet Explorer を修復する] をクリックします。
  4. 修復が完了したら、コンピュータを再起動します。

ファイルの関連付けを修正する

2 番目の問題を解決するには、ファイルの関連付けを修正する必要があります。修正するには、インターネット ショートカットに関連付けられているプログラムの名前を、使用している Web ブラウザの長いファイル名に変更します。使用しているオペレーティング システムに該当する手順を実行します。

Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition、Windows NT

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントし、[エクスプローラ] または [Windows NT エクスプローラ] をクリックします。
  2. [表示] をクリックし、[フォルダ オプション] をクリックし、[ファイル タイプ] (または [ファイルの種類]) タブをクリックします。
  3. [登録されているファイル タイプ] (または [登録されているファイルの種類]) ボックスの一覧の [URL: ファイル転送プロトコル (FTP)] をクリックし、[編集] をクリックます。
  4. [アクション] ボックスの一覧の [open] をクリックし、[編集] をクリックします。
  5. [アクションの編集 URL:ファイル転送プロトコル (FTP)] ボックスに、使用している Web ブラウザのパスが、短いファイル名で表示されます。完全なファイル名で、使用する Web ブラウザのパスを入力します。たとえば、次のようなパスが [アクションの編集 URL:ファイル転送プロトコル (FTP)] ボックスに表示されたとします。
    c:\progra~1\intern~1\iexplore.exe
    パスを次のように変更します。
    "c:\program files\internet explorer\iexplore.exe" (二重引用符も含めます)
  6. [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
  7. 登録されている以下のファイル タイプに対して、手順 3. 〜 6. を繰り返します。
    • URL:Gopher プロトコル
    • URL:HyperText 転送プロトコル (HTTP)
    • URL:HyperText 保護機能付き転送プロトコル (HTTP)
  8. [閉じる] をクリックします。
: この手順を実行すると、Internet Explorer の起動時に次のメッセージが表示されることがあります。
Internet Explorer は、通常使用するブラウザとして設定されていません。通常使用するブラウザとして設定しますか?
[インターネット オプション] で、[Internet Explorer の起動時に、通常使用するブラウザを確認する] チェック ボックスがオフになっていることを確認してください。オンになっている場合は、問題が再度発生する場合があります。

[はい] をクリックすると、問題が再度発生する場合があります。

Windows 2000

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントします。次に、[アクセサリ] をポイントし、[エクスプローラ] をクリックします。
  2. [ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックし、[ファイル タイプ] タブをクリックします。
  3. [登録されているファイル タイプ] ボックスの一覧の [URL: ファイル転送プロトコル (FTP)] をクリックし、[詳細設定] をクリックします。
  4. [アクション] ボックスの一覧の [open] をクリックし、[編集] をクリックします。
  5. [アクションの編集 URL:ファイル転送プロトコル (FTP)] ボックスに、使用している Web ブラウザのパスが、短いファイル名で表示されるか、誤ったパスが表示されます。完全なファイル名で、使用している Web ブラウザのパスを入力します。たとえば、次のようなパスが [アクションの編集 URL:ファイル転送プロトコル (FTP)] ボックスに表示されたとします。
    c:\progra~1\intern~1\iexplore.exe
    パスを次のように変更します。
    "c:\program files\internet explorer\iexplore.exe" (二重引用符も含めます)
  6. [OK] を 2 回クリックします。
  7. 登録されている以下のファイル タイプに対して、手順 3. 〜 6. を繰り返します。
    • URL:Gopher プロトコル
    • URL:HyperText 転送プロトコル (HTTP)
    • URL:HyperText 保護機能付き転送プロトコル (HTTP)
    • URL:インターネット ショートカット
  8. [閉じる] をクリックします。
: この手順を実行すると、Internet Explorer の起動時に次のメッセージが表示されることがあります。
Internet Explorer は、通常使用するブラウザとして設定されていません。通常使用するブラウザとして設定しますか?
[インターネット オプション] で、[Internet Explorer の起動時に、通常使用するブラウザを確認する] チェック ボックスがオフになっていることを確認してください。チェック ボックスがオンになっている場合は、問題が再度発生する可能性があります。

[はい] をクリックすると、問題が再度発生する場合があります。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 177054 (最終更新日 2004-06-24) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 177054 - 最終更新日: 2004年9月22日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook Express 5.5
  • Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 2
  • Microsoft Outlook Express 5.0
  • Microsoft Outlook Express 4.01
  • Microsoft Outlook Express 4.0
  • Microsoft Outlook Express 5.5
  • Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 5.0
  • Microsoft Outlook Express 5.5
  • Microsoft Outlook Express 5.01
  • Microsoft Outlook Express 5.0
  • Microsoft Outlook Express 4.01
  • Microsoft Outlook Express 4.0
キーワード:?
kbenv kbprb KB177054
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com