DUMPBIN ユーティリティの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 177429 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

32 ビット バージョンの Microsoft Visual C++ で提供される DUMPBIN ユーティリティを LINK と LIB、EXEHDR ユーティリティの権限を結合します。 これらのツールの機能を組み合わせた機能形式とシンボル情報を提供する提供実行可能ファイル、ライブラリ、DLL ファイル。

ここではいくつかのオプションと DUMPBIN ユーティリティによって生成される出力の概要を説明します。 DUMPBIN ツールの詳細については、製品マニュアルを参照してください。

詳細

DUMPBIN コマンド ライン オプションは、下にある一覧表示されます。 各オプションでは、出力の一部も表示されます。

すべての/ コードの混合モード以外のすべての利用可能な情報を表示します。 逆アセンブルを表示するのにには、/DISASM オプションを使用します。 /RAWDATA を行うことができます: ファイルの生のバイナリの詳細を省略するオプション、/ALL と"なし"です。
すべてのオプションは、その他のすべてのオプションの組み合わせだけで、例が必要ないとします。
と ARCHIVEMEMBERS ライブラリでは、メンバー オブジェクトについての最小限に抑える情報を表示します。
出力ファイルのサイズは、ライブラリ内のオブジェクトのモジュールの数によって異なります。 次は、Scrnsave.lib ファイルからの出力の一部です:
Archive member name at 582: /0        ..\..\common\retail\scrnsave.obj
2FF359CC time/date Thu Jun 29 18:56:28 1995
         uid
         gid
  100666 mode
    214A size
correct header end
					
と DISASM コードのセクションで、文字の使用、ファイルに存在する場合の逆アセンブルを表示します。
次に、Lib.exe ファイルから逆アセンブリ コードの一部:
00401000: 8B 44 24 08        mov         eax,dword ptr [esp+8]
00401004: 68 00 20 40 00     push        402000h
00401009: 8B 4C 24 08        mov         ecx,dword ptr [esp+8]
0040100D: 50                 push        eax
0040100E: 51                 push        ecx
0040100F: E8 0C 00 00 00     call        00401020
00401014: 33 C0              xor         eax,eax
00401016: C3                 ret
00401017: CC                 int         3
					
エクスポート/ 実行可能ファイルまたは DLL からエクスポートされたすべての定義を表示します。
MFC40.DLL は、次のエクスポート情報を生成します。

セクション MFC40.DLL
          0 characteristics
   30733286 time date stamp Wed Oct 04 18:19:02 1995
       0.00 version
          1 ordinal base
       5782 number of functions
          4 number of names

ordinal hint   name

      2    0   DllCanUnloadNow  (00096182)
      1    1   DllGetClassObject  (0009611E)
      3    2   DllRegisterServer  (000961DB)
      4    3   DllUnregisterServer  (00096242)
					
/どの フレーム ポインターの最適化 (FPO) レコード表示されます。
フレーム ポインターの最適化のレコードのいくつか例と共に提供、Nafxis.lib、MFC ライブラリのいずれか:
FPO Data (1)
                                       Use Has  Frame
 Address  Proc Size   Locals   Prolog  BP  SEH  Type   Params
00000000          9        0        0   N   N    fpo        0

FPO Data (1)
                                       Use Has  Frame
 Address  Proc Size   Locals   Prolog  BP  SEH  Type   Params
00000000         11        0        0   N   N    fpo        C

FPO Data (1)
                                       Use Has  Frame
 Address  Proc Size   Locals   Prolog  BP  SEH  Type   Params
00000000          3        0        0   N   N    fpo        0
					
とヘッダー ファイルのヘッダーおよびヘッダーの各セクションを表示します。 ライブラリで使用される各メンバー オブジェクトのヘッダー表示されます。
リソース コンパイラ、Rc.exe からこの情報が表示されます:
FILE HEADER VALUES
     14C machine (i386)
       6 number of sections
306F7A22 time date stamp Sun Oct 01 22:35:30 1995
       0 file pointer to symbol table
     1D1 number of symbols
      E0 size of optional header
     302 characteristics
            Executable
            32 bit word machine
            Debug information stripped

OPTIONAL HEADER VALUES
     10B magic #
    2.60 linker version
    1E00 size of code
    1E00 size of initialized data
       0 size of uninitialized data
    1144 address of entry point
    1000 base of code
    3000 base of data
         ----- new -----
 2BB0000 image base
    1000 section alignment
     200 file alignment
       3 subsystem (Windows CUI)
    4.00 operating system version
    4.00 image version
    3.50 subsystem version
    8000 size of image
     400 size of headers
    62C8 checksum
  100000 size of stack reserve
    1000 size of stack commit
  100000 size of heap reserve
    1000 size of heap commit
       0 [       0] address [size] of Export Directory
    5000 [      3C] address [size] of Import Directory
    6000 [     394] address [size] of Resource Directory
       0 [       0] address [size] of Exception Directory
       0 [       0] address [size] of Security Directory
    7000 [     21C] address [size] of Base Relocation Directory
    3030 [      38] address [size] of Debug Directory
       0 [       0] address [size] of Description Directory
       0 [       0] address [size] of Special Directory
       0 [       0] address [size] of Thread Storage Directory
       0 [       0] address [size] of Load Configuration Directory
     268 [      44] address [size] of Bound Import Directory
    50A0 [      64] address [size] of Import Address Table Directory
       0 [       0] address [size] of Reserved Directory
       0 [       0] address [size] of Reserved Directory
       0 [       0] address [size] of Reserved Directory

SECTION HEADER #1
   .text name
    1D24 virtual size
    1000 virtual address
    1E00 size of raw data
     400 file pointer to raw data
       0 file pointer to relocation table
    3C20 file pointer to line numbers
       0 number of relocations
     37E number of line numbers
60000020 flags
         Code
         (no align specified)
         Execute Read
					
インポート/ 実行可能ファイルまたは DLL にインポートされるすべての定義を表示します。
ここに表示される出力は/EXPORTS 出力に似ています。
と LINENUMBERS COFF 行番号を表示します。 C7 互換プログラム データベース (/Zi)] でコンパイルした場合、オブジェクト ファイルに行番号が存在 (または Z7)、行番号のみ (/Zd) を切り替える。 デバッグ情報の生成がリンクされた場合 COFF 行番号含まれている、実行可能ファイルまたは DLL (/DEBUG) と COFF 形式 (または DEBUGTYPE:COFF) のオプション。
AppWizard を使用して生成されたアプリケーションは、次のような情報データを行を表示する:
LINENUMBERS #1
   1E90   13     1ECD   13     1EF7   13     1F16   13     1F31   15
   1F46   15     1F61   24     1F9A   27     1FD0   2A     2001   2B
					
と LINKERMEMBER [: {1|2}] ライブラリで定義されたパブリック シンボル表示されます。 、、オフセットと共にのオブジェクトの順序で記号を表示 1 引数を指定します。 オフセットとオブジェクトのインデックス番号を表示する 2 引数を指定し、記号ごとオブジェクト インデックスと共に、アルファベット順で一覧を表示します。 両方の出力を表示するには、数値の引数なし/LINKERMEMBER を指定します。
Winmmm.lib を Windows マルチメディア ライブラリを使用してを DUMPBIN 出力の次のサンプルの取得します。
Archive member name at 8: / 
2FB537E1 time/date Sat May 13 15:51:13 1995
         uid
         gid
       0 mode
    2864 size
correct header end

    391 public symbols

     556C _CloseDriver@12
     58A0 _DefDriverProc@20
     5BDC _DriverCallback@28
     5F1C _DrvGetModuleHandle@4
     626A _GetDriverModuleHandle@4
     65C4 _NotifyCallbackData@20
     6914 _OpenDriver@12
     6C44 _PlaySound@12
     6F70 _PlaySoundA@12
     72A0 _PlaySoundW@12
					
/OUT: ファイル名 出力ファイル名を指定します。 既定では、DUMPBIN 情報を標準出力に表示します。

と RAWDATA [: {BYTES|SHORTS|LONGS|NONE} [, 番号] ファイル内の各セクションの生の内容が表示されます。 次に示すように、引数は、表示の書式を制御します。
Argument    Result

BYTES      The default. Contents are displayed in hexadecimal bytes,
           and also as ASCII characters if they have a printed
           representation.
SHORTS     Contents are displayed as hexadecimal words.
LONGS      Contents are displayed as hexadecimal longwords.
NONE       Raw data is suppressed. This argument is useful to control
           the output of /ALL.
number     Displayed lines are set to a width that holds <number> values
           per line.
					
このオプションで生成された情報は非常に大きい場合、この、LONGS を使用してアプリケーションのフォーマット、AppWizard からの出力の小規模なサンプル:
RAW DATA #1
00000000  53EC8B55 00A15756 | E9004058 00000000      U[ASCII 239]_SVW[ASCII
237].|X@._...._
00000010  C95B5E5F EC8B55C3 | 5304EC83 4D895756      _^[++U[ASCII
239]_|[ASCII 226]_.SVW[ASCII 235]M_
00000020  3058B8FC 00E90040 | 5F000000 C3C95B5E      n+X0@._.|..._^[++_
					
/リロケーション オブジェクトまたはイメージ内の任意の再配置を表示します。
以下は、再配置出力のごく一部得 AppWizard アプリケーション:
BASE RELOCATIONS #6

    1000 virtual address,       B0 SizeOfBlock
       7 HIGHLOW
      22 HIGHLOW
      36 HIGHLOW
      67 HIGHLOW
      89 HIGHLOW
					
/セクション: セクション 指定されたセクション上の情報への出力を制限します。

/サマリー 合計サイズを含むセクションの情報を最小限に抑える表示します。 このオプションは他のオプションを指定しない場合、既定値です。
Microsoft (R) COFF Binary File Dumper Version 3.00.5270
Copyright (C) Microsoft Corp 1992-1995. All rights reserved.

Dump of file tracer.exe

File Type: EXECUTABLE IMAGE

     Summary

        1000 .data
        1000 .idata
        1000 .rdata
        1000 .reloc
        1000 .rsrc
        1000 .text
					
記号/ COFF シンボル テーブルを表示します。 シンボル テーブルは、すべてのオブジェクト ファイルに存在します。 COFF シンボル テーブルはのデバッグ情報の生成と COFF 形式オプション [デバッグ情報] の下のデバッグのカテゴリ、リンカー (またはコマンドラインで、/DEBUG と/DEBUGTYPE:COFF のオプション) を持つリンクされている場合にのみ、イメージ ファイルに表示されます。
AppWizard アプリケーションは次の使用例の取得に使用された:
COFF SYMBOL TABLE
000 000065D0 SECT5  notype       Static       | .rsrc$02
001 00000011 DEBUG  notype       Filename     | .file
 C:\code\test\testView.cpp
004 000041A0 SECT3  notype       Static       | $SG23289
005 00004018 SECT3  notype       Static       | _$S189$S23301
006 00004168 SECT3  notype       Static       | _THIS_FILE$S23282
007 00001E90 SECT1  notype       Static       | .text
 Section length  2DE, #relocs   27, #linenums   22
009 00001EE2 SECT1  notype ()    Static       | _$E188
00A 00001EF7 SECT1  notype ()    Static       | _$E187
 tag index 0000002E size 0000001F lines 000012DF next function 00000033
00C 000042AC SECT3  notype       Static       | __init_CTestView$S23291
00D 00003998 SECT2  notype       Static       | $T23440
00E 00003978 SECT2  notype       Static       | $T23438
00F 000039C0 SECT2  notype       Static       | $T23447
010 000039A0 SECT2  notype       Static       | $T23446
011 00000021 DEBUG  notype       Filename     | .file
					

プロパティ

文書番号: 177429 - 最終更新日: 2005年9月1日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual C++ 2.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++ 2.1
  • Microsoft Visual C++ 2.2
  • Microsoft Visual C++ 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Visual C++ 4.1 Subscription
  • Microsoft Visual C++ 4.2 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual C++ 4.2 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual C++ 5.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual C++ 6.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual C++ 4.2 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++ 5.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++ 4.2 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++ 6.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++, 32-bit Learning Edition 6.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB177429 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:177429
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com