互換性のあるプリンタ ドライバを選択する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 177512
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

プリンタ ドライバに関する問題のトラブルシューティングを行う場合は、別のプリンタ ドライバで印刷してみます。別のドライバを使用した場合に問題が発生しないことが確認されたら、元のプリンタ ドライバの更新または再インストールが必要である可能性があります。この資料では、互換性のあるプリンタ ドライバを選択するときに使用する一般的なガイドラインについて説明します。

詳細

印刷ジョブとプリンタに関する知識があると、印刷処理を理解するのに役立ちます。印刷ジョブには画面に表示される文書情報よりも詳細な情報が含まれており、プリンタのみが解釈できる埋め込みコマンドの形式でソース コードが含まれています。

プリンタは、印刷ジョブに含まれるソース コードを解釈して印刷出力を作成する電子コンピューティング デバイスです。プリンタは、独自の入出力チャネル (パラレルまたはシリアル、ネットワーク アダプタ、紙やフィルム、布地への出力など) を使用します。プリンタに搭載されているプロセッサは、専用のマイクロチップであることも、Apple LaserWriter デバイスの Motorola 680x0 シリーズのチップのような汎用チップであることもあります。

プリンタは独自の RAM (Random Access Memory) に受信データを格納します。また、プリンタはプログラミング言語のインタープリタ (PostScript、PCL、HP-GL/2 のインタープリタなど) を備えています。コンピュータで使用するプログラムは、テキスト、フォント、グラフィックなどのデータ オブジェクトを組み合わせ、プリンタ ドライバを使用してプリンタで解釈されるプリンタ プログラムを作成します。その結果がプリンタからの印刷出力です。

トラブルシューティングの手順として互換性のあるドライバを選択する

すべてのプリンタは、Postscript、PCL、Qume Sprint 11 などの言語を使用してファイルを印刷します。使用する互換性のあるプリンタ ドライバを特定するには、最初にプリンタが認識する言語を確認します。互換性のあるプリンタ ドライバを選択する際には、以下のガイドラインを使用してください。

: 互換性のあるプリンタ ドライバを使用した印刷は、トラブルシューティングの手順として、または一時的な回避策としてのみ使用してください。マイクロソフト以外から配布されているドライバの詳細については、プリンタの製造元にお問い合わせください。

インクジェット プリンタのガイドライン

インクジェット プリンタには次の 4 種類があります。
  • Epson 互換

  • Hewlett-Packard (HP) DeskJet 互換

  • PostScript

  • Windows Printing System
インクジェット プリンタの最高解像度が 360 dpi または 720 dpi である場合、そのプリンタは Epson 互換プリンタであると考えられます。最高解像度が 300 dpi または 600 dpi である場合、そのプリンタは HP DeskJet 互換 (PCL)、PostScript、または Windows Printing System のプリンタである可能性があります。

互換性のあるドライバを選択する

互換性のあるインクジェット プリンタのドライバを選択するには、次の表を参照してください。
   インクジェット プリンタ   最適なエミュレーション              その他のエミュレーション
   --------------------------------------------------------------------

   Cannon Bubble Jet    IBM Proprinter 24              Epson LQ
   モノクロ

   Cannon BJ カラー        Epson LQ-860; 通常は             Epson LQ-2550
                         ディップ スイッチの設定を変更
                            する必要があります。

   Cannon BJ 610         Windows Printing System        なし

   Citizen ProJet        HP DeskJet 500                 HP DeskJet 500+

   Epson Stylus          Epson LQ; 適切なドライバを         なし
                            選択するには後述の 24 ピンの
                            Epson の項目を使用します。

   HP DeskJet            DeskJet ドライバでのみ              なし
                            使用することができます。
                            新しいモデルについてはモノクロの 
                            DeskJet 500 ドライバを
                            インストールしてください。
				
   IBM/Lexmark           PostScript プリンタ;            QMS Colorscript
   Color 4079            Apple LaserWriter II* を試してください。

   IBM/Lexmark           HP DeskJet 550                 なし
   ExecJet II 4076

   IBM/Lexmark           Windows Printing System        なし
   WinWriter

   Star Micronics        Epson LQ                       なし

   Tektronix             PostScript プリンタ;             なし
   Phaser 140            Apple LaserWriter II などの下位の
                            Apple LaserWriter* を試してください。

   DECwriter 100i        Olivetti JP350                  HP DeskJet 500
                       (Microsoft Windows 95 のみ)

   DECwriter 110i、      Olivetti JP360                   HP DeskJet 500
   および 120i           (Microsoft Windows 95 のみ)

   DECwriter 500i、      Olivetti JP450                   HP DeskJet 500
   520ic および 550ic    (Microsoft Windows 95 のみ)
				

* Apple LaserWriter ドライバを使用してビットマップ グラフィックを印刷すると、グラフィックはグレースケールで印刷されます。

: 元のドライバの代わりに互換性のあるドライバを使用する場合、最適な結果 (解像度または機能) が得られない可能性があります。

ドット マトリックス プリンタのガイドライン

ほとんどすべてのドット マトリックス プリンタは、Epson または IBM (International Business Machines) のプリンタをエミュレートします。この規則の例外として、Toshiba、Texas Instruments、および Okidata と C.Itoh の一部のプリンタがあります。Panasonic、Star Micronics、および Citizen のすべてのドット マトリックス プリンタは Epson のエミュレーション モードがデフォルトですが、プリンタの設定を変更すれば IBM のプリンタをエミュレートすることもできます。通常は、最初に Epson プリンタ ドライバを試し、その後必要であれば IBM ドライバを試します。

プリンタが 9 ピン プリンタか 24 ピン プリンタかを確認します。ドライバがインストールされている場合、使用可能なグラフィックの解像度を表示してこれを確認することができます。9 ピン プリンタは、120 x 72 刻みの解像度設定を使用します。24 ピン プリンタは、120 x 180 または 180 x 180 刻みの解像度設定を使用します。その後、プリンタがカラー印刷できるかどうか、および幅の広い紙送り機構 (14 7/8 インチ幅までの用紙が使用できる) を使用するかどうかを判定します。次の表を参照して、使用するドライバを確認してください。
   # ピン   紙送り機構  カラー   推奨される Epson                推奨される IBM
   ------------------------------------------------------------------------

   9       狭い       なし      FX-80、FX-850、                 Generic IBM Graphics、
                                 Epson 互換                       IBM Proprinter
                             9 ピン

   9       広い       なし      FX-100、FX-1050               Generic IBM Graphics
                                                          Wide、IBM Proprinter XL

   9       狭い       あり     JX-80                          該当なし

   9       広い       あり     該当なし。JX-80 を使用してください。 該当なし

   24      狭い       なし      LQ-800、LQ-850、                 IBM Proprinter 24、
                                Epson 互換                        IBM Proprinter 24E
                            24 ピン

   24      広い       なし      LQ-2500、LQ-1050、               IBM Proprinter 24 XL
                            Epson 互換
                                24 ピン

   24      狭い       あり     LQ-860                         該当なし

   24      広い       あり     LQ-2550、LQ-1060               該当なし
				

レーザー プリンタのガイドライン

入手可能なほとんどすべてのレーザー プリンタが PCL または PostScript ベースのプリンタであり、多くは両方使用できます。一部 Windows Printing System のプリンタもあります。プリンタのドライバがインストールされている場合、[バージョン情報] ボックスをチェックして PostScript プリンタか Windows Printing System プリンタかを確認します。プリンタが PostScript プリンタの場合は、Apple LaserWriter ドライバを使用してみます。プリンタが Windows Printing System プリンタの場合は、別のドライバを使用できない可能性があります。プリンタがどちらの種類でもない場合、最も互換性のあるドライバは LaserJet II (または、そのプリンタが最近製造されたものであることが確実な場合は LaserJet III) です。次のプリンタは PCL 互換ではありません。PostScript オプションが使用できない場合は、別のドライバでこれらのプリンタを使用することはできません。
  • Canon LBP-8 (名前の最後に "x" が付いていないモデルすべて)

  • Canon LBP-4 (名前の最後に "x" が付いていないモデルすべて)

  • IBM 4019/4029 (デフォルトで PCL ではありませんが、フロント パネルの設定を変更できる場合があります)
カラーの PostScript プリンタでは、QMS Colorscript ドライバを試してください。ファイルのバージョン情報をチェックして Postscrp.drv がマイクロソフト バージョンであることを確認します。Windows Printing System プリンタは、通常、専用に作成されたドライバのみを使用します。

その他のガイドライン

その他のプリンタ、特にハイエンドのカラー プリンタは、通常 PostScript 互換または Windows Printing System 互換のプリンタです。この場合も、インストールされているドライバの [バージョン情報] ボックスをチェックして PostScript プリンタか Windows Printing System プリンタかを確認してください。

関連情報

印刷に関する問題のトラブルシューティングに関連する情報については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。
128345 [HOWTO] Windows 95、Windows 98、および Windows Millennium Edition の印刷に関する問題のトラブルシューティング

137863 Windows におけるプロッタの問題のトラブルシューティング

138714 Windows 95 および Windows 98 で Windows Printing System を使用する

123485 LaserJet 4 におけるオーバーフロー/オーバーランのエラーのトラブルシューティング

163551 Windows で発生する印刷に関する問題のトラブルシューティング

260142 Windows 2000 の印刷に関する問題のトラブルシューティング方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 177512 (最終更新日 2004-09-13) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 177512 - 最終更新日: 2011年9月13日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbprinters KB177512
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com