メッセージ キューによって使用される TCP ポート、UDP ポートおよび RPC ポート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 178517 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP178517
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft メッセージ キューの操作には、次のポートが使用されます。
  • TCP:1801
  • RPC: 135、2101*、2103*、2105*
  • UDP: 3527、1801
次に、メッセージ キュー 3.0 で新しく追加されたポートについて説明します。

メッセージ キューでは、以前のバージョンの製品で使用されていたのと同じポートが使用されますが、TCP ポート 389 も使用されます。Active Directory に対して直接実行される MQIS クエリ用に TCP ポート 389 を開いておく必要があります。また、メッセージ キュー 3.0 では HTTP メッセージングが導入されているため、メッセージ キューの仮想ディレクトリ用に指定されたポートも開いておく必要があります。

この情報は、以下の項目の解釈に役立ちます。
  • Netstat -a コマンドの出力
  • ネットワーク トレース
  • ファイアウォールの構成

詳細

キュー マネージャ間におけるメッセージ キューのメッセージ トラフィックおよび内部セッション管理トラフィックは、予約済みの TCP ポート 1801 で Winsock を介して配信されます。

メッセージ キュー独立型クライアントは、予約済みの UDP ポート 1801 でサーバー検出用ブロードキャストをマルチキャストします。

メッセージ キュー サーバーは、TCP ポート 2101* で RPC ベースの MQIS および Active Directory の検索を待機します。メッセージ キュー 3.0 の独立型クライアントおよびメッセージ キュー サーバーは、TCP ポート 389 で LDAP を使用して、Active Directory に直接 MQIS 要求を行います。

メッセージ キュー独立型クライアントとサーバーは、固定の TCP ポート 2103* および 2105* でパブリック キューおよびプライベート キューの RPC ベースのリモート読み取りを待機します。また、依存型クライアントは、これら 2 つのポートを使用して、送受信を行うサーバーと通信します。

RPC 層によって割り当てられる動的 RPC ポートは、メッセージ キュー サーバーが固定ポートを特定するために、独立型クライアントまたは RPC サーバーとハンドシェイクするためのものです。これは、通常はポート 135 です。

メッセージ キューの内部的な "ping" 機構は、予約済みの UDP ポート 3527 で機能します。

メッセージ キュー 3.0 で HTTP メッセージングを使用する場合、キュー マネージャ間におけるメッセージ キューのメッセージ トラフィックおよび内部セッション管理トラフィックは、予約済みの TCP ポート 1801 で Winsock を介して配信されます。

* 最初に選択した RPC ポートがメッセージ キューの初期化時に使用中であれば、これらのポート番号は 11 増加します。接続する QM は、ポート 135 に問い合わせて、2xxx 番のポートを検索します。

プロパティ

文書番号: 178517 - 最終更新日: 2007年10月26日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Message Queue Server 1.0
  • Microsoft Message Queuing 2.0
  • Microsoft Message Queuing 3.0
キーワード:?
kbinfo kbtshoot kbfaq kbproductlink KB178517
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com