オートメーションを使用して、組み込みのドキュメント プロパティを取得する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 179494
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で Microsoft Foundation のバージョン 4.2 を使用する方法を説明します。Microsoft Visual C 5.0 がインストールされているクラス (MFC) ライブラリと検索し、Microsoft Word ドキュメントの組み込みの文書プロパティを印刷するには、6.0。組み込みのドキュメント プロパティを含むドキュメントのタイトルサブジェクト、作成者、キーワード、コメント、テンプレート、日付、ページ数、単語、文字、およびその他のプロパティ。

詳細

コードをここでのメッセージ ハンドラー関数にコピーできます、MFC の .cpp ファイルで定義されているイベントです。ただし、コードの目的をすることIDispatch インターフェイスおよびメンバーを使用するプロセスを示しています。MSWord タイプ ライブラリで定義されている関数。主な利点読み取りし、そのための例のコードを理解することから、この例では、変更したり、検索を自動化する一からコードを記述し、組み込みのドキュメント プロパティの一覧を印刷します。

プロジェクトの作成手順

  1. Microsoft Word で、Test.doc という名前の新しいドキュメントを作成し、C ドライブのルート ディレクトリに保存します。
  2. 手順 1 〜 12 では、次の Microsoft Knowledge Base資料では、IDispatch インターフェイスを使用するサンプル プロジェクトを作成するのにはMSWord8.olb のタイプ ライブラリで定義されたメンバー関数。
    178749 MFC およびタイプ ライブラリを使用してオートメーション プロジェクトを作成するには、方法
  3. AutoProjectDlg.cpp の先頭に、次の行を追加します。
          #include "MSWord8.h" // msword9.h for Word 2000, msword.h for Word 2002
    					
  4. 次のコードを追加する CAutoProjectDlg::OnRun() のAutoProjectDlg.cpp ファイルです。

    サンプル コード

          _Application objWordApp;
          _Document objDoc;
          LPDISPATCH lpDisp;
          Range objRange;
    
          // Common OLE variants that are easy to use for calling arguments.
          COleVariant covTrue((short)TRUE),
                      covFalse((short)FALSE),
                      covOptional((long)DISP_E_PARAMNOTFOUND, VT_ERROR);
    
          objWordApp.CreateDispatch("Word.Application");
          objWordApp.SetVisible(TRUE);
    
          Documents docs(objWordApp.GetDocuments());
    
          lpDisp = docs.Open(COleVariant("C:\\Test.doc",VT_BSTR),
                                              covFalse,    // Confirm.
                                                           // Conversion.
                                              covFalse,    // ReadOnly.
                                              covFalse,    // AddToRecentFiles.
                                              covOptional, // NULL,
                                                           // PasswordDocument.
                                              covOptional, // PasswordTemplate.
                                              covFalse,    // Revert.
                                              covOptional, // Write-
                                                           // PasswordDocument.
                                              covOptional, // Write-
                                                           // PasswordTemplate.
    
                                              covOptional  // Format. //Last parameter for Word 97
                                                 covOptional, // Encoding // Word 2000/2002 from here on
                                                 covTrue,     // Visible
                                                 covOptional, // OpenConflictDocument
                                                 covOptional, // OpenAndRepair
                                                 (long)0,     // DocumentDirection 
                                                              //wdDocumentDirection LeftToRight
                                                 covOptional  // NoEncodingDialog
                                              );
    
           objDoc.AttachDispatch(lpDisp);
           lpDisp = objDoc.GetContent();
           objRange.AttachDispatch(lpDisp);
    
           // Move the insertion point to the beginning of the document.
           objRange.Collapse(COleVariant((long)1));  //0 = wdCollapseEnd.
           objRange.InsertAfter("Here are the BuiltInDocumentProperties!!");
           objRange.InsertParagraphAfter(); // Write them one-by-one in a loop.
           lpDisp = objDoc.GetBuiltInDocumentProperties();
    
           COleDispatchDriver rootDisp[64];  // Temporary object array.
           int curRootIndex = 0;             // Index into rootDisp[] array.
           DISPID dispID;                    // Temporary dispid for use in
                                             // OleDispatchDriver::
                                             // InvokeHelper().
           DISPID dispID2;                   // Dispid for 'Value'.
           unsigned short *ucPtr;            // Temporary name holder for
                                             // IDispatch::GetIDsOfNames().
           VARIANT vtResult;                 // Holds results from
                                             // OleDispatchDriver::
                                             // InvokeHelper().
           VARIANT vtResult2;                // Holds result for 'Type'.
           BYTE *parmStr;                    // Holds parameter descriptions
                                             // for COleDispatchDriver::
                                             // InvokeHelper().
           rootDisp[0].AttachDispatch(lpDisp);  // LPDISPATCH returned from
                                             // GetBuiltInDocumentProperties.
           VARIANT i;                        // integer;
           VARIANT count;                    // integer;
           char buf[512];                    // General purpose message buffer.
           char buf2[512];
    
           ucPtr = L"Count";                 // Collections have a Count
                                             // member.
    
           try
           {
    
            rootDisp[curRootIndex].m_lpDispatch->GetIDsOfNames(
                                                    IID_NULL,
                                                    &ucPtr,
                                                    1,
                                                    LOCALE_USER_DEFAULT,
                                                    &dispID);
    
    
            rootDisp[curRootIndex].InvokeHelper(dispID,
                                               DISPATCH_METHOD |
                                               DISPATCH_PROPERTYGET,
                                               VT_VARIANT,
                                               (void *)&vtResult,
                                               NULL);
    
            count = vtResult;  // Require a separate variable for loop limiter.
            // For i = 1 to count,
            // get the Item, Name & Value members of the collection.
            i.vt = VT_I4;
            for(i.lVal=1; i.lVal<=count.lVal; i.lVal++)
            {
             ucPtr = L"Item";  // Collection has an Item member.
             rootDisp[curRootIndex].m_lpDispatch->GetIDsOfNames(
                                                    IID_NULL,
                                                    &ucPtr,
                                                    1,
                                                    LOCALE_USER_DEFAULT,
    
                                                    &dispID);
    
    
             parmStr = (BYTE *)( VTS_VARIANT );
             rootDisp[curRootIndex].InvokeHelper(dispID,
                                                DISPATCH_METHOD |
                                                DISPATCH_PROPERTYGET,
                                                VT_VARIANT,
                                                (void *)&vtResult,
                                                parmStr,
                                                &COleVariant(i));
    
             // Move to the next element of the array.
             // Get the Name member for the Item.
             rootDisp[++curRootIndex].AttachDispatch(vtResult.pdispVal);
             ucPtr = L"Name";  // Collection has a Name member
             rootDisp[curRootIndex].m_lpDispatch->GetIDsOfNames(
                                                    IID_NULL,
                                                    &ucPtr,
                                                    1,
                                                    LOCALE_USER_DEFAULT,
                                                    &dispID);
    
             rootDisp[curRootIndex].InvokeHelper(dispID,
                                                DISPATCH_METHOD |
                                                DISPATCH_PROPERTYGET,
                                                VT_VARIANT,
                                                (void *)&vtResult,
                                                NULL);
    
              ucPtr = L"Value";  // Collection has a Value member.
              rootDisp[curRootIndex].m_lpDispatch->GetIDsOfNames(
                                                IID_NULL,
                                                &ucPtr,
                                                1,
                                                LOCALE_USER_DEFAULT,
                                                &dispID2);
    
              rootDisp[curRootIndex].InvokeHelper(dispID2,
                                                DISPATCH_METHOD |
                                                DISPATCH_PROPERTYGET,
                                                VT_VARIANT,
                                                (void *)&vtResult2,
                                                NULL);
           Continue: // Come back here from Catch(COleDispatchException).
    
             rootDisp[curRootIndex--].ReleaseDispatch();
    
             // Initialize buf2 with representation of the value.
    
             switch(vtResult2.vt) // Type of property.
             {
              case VT_BSTR:
                sprintf(buf2, "%s", (CString)vtResult2.bstrVal);
                break;
              case VT_DATE:
              {
                COleDateTime codt(vtResult2.date);
                sprintf(buf2, "Time = %d:%02d, Date = %d/%d/%d",
                  codt.GetHour(), codt.GetMinute(),
                  codt.GetMonth(), codt.GetDay(), codt.GetYear()
                   );
              }
                break;
              case VT_I4:
                sprintf(buf2, "%ld", vtResult2.lVal);
                break;
              default:
                sprintf(buf2, "not VT_BSTR, VT_DATE, or VT_I4");
             }  // End of Switch.
    
             sprintf(buf, "Item(%d).Name = %s, .Type = %d, .Value = %s\n",
                    i.lVal, CString(vtResult.bstrVal), vtResult2.vt, buf2);
    
             objRange.Collapse(COleVariant((long)0));  // Move insertion point
                                                       // to end of the range.
             objRange.InsertAfter(CString(buf));  // Insert after the insertion
                                                  // point.
    
            }  ////////////////// End of For loop. /////////////////////// 
    
            objRange.InsertParagraphAfter(); // Spacing.
            objRange.InsertAfter("");
            objRange.InsertParagraphAfter(); // Spacing.
    
            // Release IDispatch pointers on local objects.
            if(vtResult.vt == VT_DISPATCH) vtResult.pdispVal->Release();
            if(count.vt == VT_DISPATCH) count.pdispVal->Release();
            rootDisp[0].ReleaseDispatch();
    
            AfxMessageBox("All done, waiting...");
            objDoc.SetSaved(TRUE);  // Hides the "Save your changes..." dialog.
            AfxMessageBox("Word will close now. Goodbye");
    
            objWordApp.Quit(covFalse, covFalse, covFalse);
    
           }  // End try.
    
           catch(COleException *e)
           {
            sprintf(buf, "COleException. SCODE: %08lx.", (long)e->m_sc);
            ::MessageBox(NULL, buf, "COleException", MB_SETFOREGROUND | MB_OK);
           }
    
           catch(COleDispatchException *e)
           {
             if(vtResult2.vt ==VT_ERROR)
             {
               AfxMessageBox("Discarding vtResult2.VT_ERROR");
    
             }
             vtResult2.vt = VT_BSTR;
             vtResult2.bstrVal = L"Value not available";
             goto Continue;
           }
    
           catch(...)
           {
            MessageBox( "General Exception caught.", "Catch-All",
            MB_SETFOREGROUND | MB_OK);
           }
    
           //////////////////// For information only. ///////////////////// 
           //          Do not uncomment the following code snippet.          // 
           //  You can copy it and use it in lieu of the previous code when  // 
           //             you need to see just one property.                 // 
           /***************** Code to get a single property. *****************
           // Works for one property.
           COleDispatchDriver myDocumentProperties(lpDisp);
           COleVariant result;
           // Get myDocumentProperties.Item(1).
           // Item(n) where n = property index
           // value in properties collection.
           UCHAR *parmStr = (BYTE *)( VTS_VARIANT );
           myDocumentProperties.InvokeHelper(0, DISPATCH_METHOD |
                                             DISPATCH_PROPERTYGET,
                                             VT_VARIANT,
                                             (void *)&result,
                                             parmStr,
                                             &COleVariant((long)1));
    
           COleDispatchDriver myDocumentProperty(result.pdispVal);
    
           // Get Name of this document property.
    
           myDocumentProperty.InvokeHelper(3, DISPATCH_METHOD |
                                              DISPATCH_PROPERTYGET,
                                              VT_VARIANT,
                                              (void *)&result,
                                              NULL);
    
           AfxMessageBox(CString("Item(1).Name =") + CString(result.bstrVal));
    
           // Release this document property.
           myDocumentProperty.ReleaseDispatch();
    
           // Release the document properties collection.
           myDocumentProperties.ReleaseDispatch();
    
           //*************** End of code for single property. ****************/ 
    
    					
  5. 示すために CAutoProjectDlg::OnRun() でコードを変更する必要があります。Test.doc 文書の正しいパス。ドキュメントを参照します。次の行にします。
          lpDisp = docs.Open(COleVariant("C:\\Test.doc",VT_BSTR),
    					

関連情報

Office のオートメーション アプリケーションの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
222101 検索し、Office オブジェクト モデル ドキュメントの使用方法

プロパティ

文書番号: 179494 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbinterop kbautomation kbfaq kbmt KB179494 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:179494
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com