[XL2000] 破損した Excel 2000 ブックのデータを回復する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 179871 - 対象製品
Microsoft Office Excel 2003 については、次の資料を参照してください。 820741
Microsoft Excel 97 およびそれ以前のバージョンについては、次の資料を参照してください。 142117
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

破損したファイルのデータを回復するには、いくつかの方法があります。この資料では、それらの方法について説明します。また、それらの方法の詳細について記載されている「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を紹介します。

破損した Microsoft Excel ファイルのデータを回復する方法

  • HTML (ハイパーテキスト マークアップ言語) 形式でファイルを保存します。
  • 破損したファイルのリンクへの外部参照を使用します。
  • ファイルを開くことができる場合は、ファイルを SYLK 形式で保存します。
  • 編集前のファイルを開きます。
  • 破損したファイルにグラフがリンクされている場合、マクロを使用してデータを抽出します。
  • Excel File Recovery マクロを使用します。
  • Microsoft Word でファイルを開きます。
  • Microsoft Excel Viewer でファイルを開きます。

詳細

HTML (ハイパーテキスト マークアップ言語) 形式でファイルを保存する

破損した Microsoft Excel ファイルを開くことができる場合は、HTML 形式でファイルを保存し、いったん閉じてから再度開くと必要なデータを抽出できます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。[ファイルの種類] ボックスの一覧の [Web ページ (*.htm; *.html)] をクリックします。
  2. [上書き保存] の [ブック全体] をクリックし、[保存] ボタンをクリックします。
  3. ファイルを閉じます。
  4. ファイルを再度 Excel で開きます。
  5. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。[ファイルの種類] ボックスの一覧の [Microsoft Excel ブック (*.xls)] をクリックします。元のファイルが上書きされないように、ファイル名を変更して、データを抽出したファイルを保存します。
: HTML 形式で保存すると、いくつかの機能が失われる可能性があります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
202283 [XL2000]Web ページとして保存すると保持されないブック機能がある

外部参照を使用してデータを回復する

破損したファイルのデータを回復する最も一般的な方法は、ファイルにリンクする外部参照を使用して、ファイルから値を抽出することです。ファイル構造は完全である必要があります。データ構造が完全でないと、Microsoft Excel を使用してデータを読み取ることはできません。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
214253 [XL2000] 破損したファイル内のデータにリンクする方法

SYLK 形式でファイルを保存する

破損した Excel ファイルを開くことができる場合は、SYLK 形式でファイルを保存し、いったん閉じてから再度開くことでデータを抽出できます。

編集前のファイルを開いてデータを回復する

Microsoft Excel ワークシートの編集中、ファイルの変更内容を保存する前にファイルが破損してしまった場合、以下の手順を実行することにより、元のワークシートを回復できます。
  1. [ファイル] メニューの [開く] をクリックし、編集中のファイル名をクリックし、[開く] をクリックします。ダイアログ ボックスに "file name は既に開いています。2 重に開くと、これまでの変更内容は破棄されます。file name を開きますか?" というメッセージが表示されます。
  2. [OK] をクリックします。

    編集中のファイルが、最後に保存したときの状態に戻ります。

マクロを使用してグラフのデータを抽出する

Microsoft Excel 5.0 以降では、データが外部のワークシートまたはブックにある場合でも、グラフからデータを抽出することができます。グラフの作成元またはリンク元のファイルが使用できないか、何らかの原因で破損している場合、この動作が役に立ちます。

グラフの作成元のデータが失われていても、Visual Basic for Applications (VBA) マクロを使用して、グラフからデータを抽出できます。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
213814 [XL2000] グラフからデータを抽出するマクロ

Excel File Recovery マクロを使用してデータを回復する

Microsoft Excel でブックを開くことができる場合、Excel File Recovery マクロを使用して、新しいブックに Excel ワークシート、XLM マクロ シートおよびモジュール シートをコピーすることができます。このマクロではログ ファイルも作成されるため、マクロを使用して新しいワークシートにアイテムを移行するときに問題を起こしたアイテムを特定することができます。Excel File Recovery マクロの実行が失敗した場合は、ログ ファイルに記録されている最後のエントリを参照して問題を起こしたアイテムを特定し、そのアイテムを除いてブックを作成し直します。

このマクロの詳細情報およびダウンロード方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/office/ork/2000/journ/XL2KTLJ.asp

Microsoft Word またはワードパッドでファイルを開く

Microsoft Excel コンバータがインストールされていると、Word で Excel ブックを開くことができる場合があります。Word でファイルが開く場合は、データを回復できます。ただし、その場合、モジュール シート、ダイアログ シート、グラフ シート、マクロ シート、埋め込みグラフは回復できません。セルの数式も回復できませんが、現在セルに含まれている数式の結果は回復できます。

ワードパッドでも Excel ブックを開くことができます。ファイルを開くと、モジュールやクラス モジュールの Visual Basic コードを回復できる場合があります。コードを探すには、"Sub" や "Function" という語を検索します。

Microsoft Excel Viewer でファイルを開く

Microsoft Excel Viewer がインストールされていれば、Excel Viewer で Excel ブックを開き、セルをコピーし、新しいブックにセルを貼り付けることができる場合があります。ただし、モジュール シート、ダイアログ シート、グラフ シート、マクロ シートは回復できません。また、セルの数式も回復できません。現在セルに含まれている数式の計算結果のみを回復できます。

Microsoft Excel Viewer の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=4EB83149-91DA-4110-8595-4A960D3E1C7C

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 179871 (最終更新日 2004-06-14) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 179871 - 最終更新日: 2011年9月19日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbdownload kbhowto KB179871
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com