[FILE] Msvbvm50.exe による Visual Basic 5.0 ランタイム ファイルのインストール

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 180071 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Msvbvm50.exe は、Visual Basic 5.0 で作成されたすべてのアプリケーションの実行に必要な Microsoft Visual Basic ランタイム ファイルの最新版をインストールする自己解凍形式のファイルです。

詳細

下記のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
Msvbvm50.exe
マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Msvbvm50.exe を実行すると、Visual Basic 5.0 Service Pack 2 および Service Pack 3 に付属する以下のファイルがインストールされます。
ファイル            バージョン
   --------------------------
Msvbvm50.dll    05.00.8244
Oleaut32.dll    2.20.4118
Olepro32.dll    5.0.4118
Stdole2.tlb     2.20.4118
Asycfilt.dll    2.20.4118
Comcat.dll      4.71
				
以上のファイルは、Visual Basic 5.0 で作成されたすべてのコンポーネントやアプリケーションの実行に必要です。

Msvbvm50.exe が必要であるかどうか

Msvbvm50.exe は、Visual Basic アプリケーションを配布するためのセットアップ ウィザードに取って代わるものではありません。たとえば、アプリケーションに ActiveX コントロールや DLL などのコンポーネントが含まれている場合、アプリケーションの配布には、アプリケーション セットアップ ウィザードまたはサードパーティのセットアップ パッケージを使用する必要があります。ただし、配布する Visual Basic アプリケーションが Msvbvm50.exe に含まれているファイルにのみ依存している場合、エンド ユーザーに実行可能 (.exe) ファイルと Msvbvm50.exe を提供することでアプリケーションを配布できます。

アプリケーションの配布に追加ファイルが必要であるかどうかを確認するために、セットアップ ウィザードを使用してセットアップ ファイルのセットをテスト用に作成することができます。作成された Setup.lst ファイルの [Files] セクションに .exe ファイルのみがある場合、エンド ユーザーは Msvbvm50.exe を実行してコア ランタイム ファイルをインストールした後、アプリケーションを実行できます。ただし、[Files] セクションに複数のファイルが含まれている場合は、配布にセットアップ ウィザードまたはサードパーティ製のセットアップ パッケージを使用することを検討してください。

単純な実行可能ファイルの配布に加えて、Msvbvm50.exe は以下の目的に使用できます。
  • インターネットからダウンロードする Visual Basic アプリケーションのサイズを小さくできます。Msvbvm50.exe を事前に実行しておくことで、アプリケーションのダウンロード時間を短縮できます。
  • Visual Basic または Visual Basic アプリケーションのインストールに失敗したときのトラブルシューティングに使用できます。

    コア ファイルのいずれかに関するエラー メッセージが表示されセットアップに失敗した場合、またはセットアップ中にコンポーネントの登録に失敗した場合は、対象のコンピューター上のコア ファイルと互換性がない可能性があります。Msvbvm50.exe 内のファイルのバージョンが対象のコンピューター上のファイルのバージョンより新しい場合、セットアップを実行する前に Msvbvm50.exe を実行することによって問題が解決することがあります。

関連情報

Msvbvm50.exe を実行すると解決される問題の具体的な例については、以下のサポート技術情報を参照してください。
185992 : PRB: アプリケーションの起動時に "ランタイム DLL のバージョンが正しくない" というメッセージが表示される
Microsoft Internet Explorer のユーザーは、Visual Basic 5.0 で構築されたアプリケーションで頻繁に必要になる、追加の ActiveX コントロールと DLL をダウンロードできます。詳細については、以下のサポート技術情報を参照してください。
172991 : [INFO] Visual Basic 5.0 を使用して配布される CAB ファイル
Visual Basic 6.0 ランタイム ファイルが含まれる自己解凍形式のファイルの詳細については、以下のサポート技術情報を参照してください。
192461 [FILE] VBRUN60.EXE による Visual Basic 6.0 ランタイム ファイルのインストール (リンク先は英語の場合があります)
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 180071 - 最終更新日: 2013年7月30日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Basic Control Creation Edition
  • Microsoft Visual Basic 5.0 Learning Edition
  • Microsoft Visual Basic 5.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual Basic 5.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbproductlink kbappsetup kbfile kbinfo kbtophit kbwizard KB180071
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com