[OL98 (IMO) を使用した PST 情報を復元するには、受信トレイ修復ツール

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 181523 - 対象製品


: これらの手順は、インターネット メールのみ] オプションで Outlook をインストールした場合にのみ適用します。 インストール種類を確認するには [ ヘルプ ] メニューの [ バージョン情報 </a0>] をクリックします。 インストールされている [インターネット メールのみ] がある場合表示「インターネット メールのみ」されます。

Microsoft Outlook と Microsoft Outlook Express の相違点の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
257824OL2000: Outlook と Outlook との間の相違点の高速します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

説明のヒントを受信トレイ修復ツールを使用して、破損した個人用フォルダー ファイルからフォルダーとアイテムを回復する (*.pst)。

詳細

受信トレイ修復ツール (Scanpst.exe を使って) は個人用フォルダー ファイル (*.pst ファイル) に関連する問題の修復に役立つツールです。

受信トレイ修復ツール付属の Microsoft Windows 95 では、Microsoft Outlook 98 および Microsoft Office 97 の CD-ROM に含まれる. セットアップで自動的にインストールされます。 インストールと、受信トレイ修復ツールの実行についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
181167[OL98 方法を検索し、受信トレイ修復ツールを実行します。

受信トレイ修復ツールを実行します。

  1. [スタート ] をクリックし、 検索 、または 検索 、オペレーティング システムによってをポイントします。
  2. [ ファイルまたはフォルダーの名前 ] ボックスに、 scanpst.exe を入力します。
  3. pst ファイルのパスとファイル名を入力するか、Windows ファイル システムを使ってファイルを見つける 参照 ををクリックします。
  4. 開始] をクリックします。

受信トレイ修復ツールの機能

個人用フォルダー ファイルで修復ツールを実行する場合は次。

  • 修復ツールは、分析、.pst ディレクトリ構造およびアイテム ヘッダー、すべてのフォルダーとアイテムを復元しようとしています。
  • 修復ツールは、.pst ファイルを回復する場合、ことを意味修復ツールの問題が見つかりました、でしたを固定します。
  • 修復ツールは、任意のファイルを.pst ファイルを試みます。 では.pst という の実行可能ファイルの名前を変更する場合、ツール、マウントの.pst ファイルに、変更されます。

復元された個人用フォルダ ファイル

受信トレイ修復ツールを実行した後には修復しようとすると、個人用フォルダー ファイルを含むプロファイルを使用 Outlook を起動します。 [ 表示 ] メニューの [ フォルダー一覧 フォルダー一覧ビューをオンに] をクリックします。 フォルダ一覧には、次の修復済みフォルダが表示されます:
回復した個人用フォルダー
予定表連絡先削除済みアイテムの受信トレイの仕訳帳メモ送信済みアイテムを [送信トレイ] のタスク
これらのフォルダーは、これは、再構築された.pst ファイルのため、通常は空でです。 フォルダーが表示"Lost and Found"と呼ばれる このフォルダには、受信トレイ修復ツールで復元されたフォルダおよびアイテムが含まれています。 存在しないアイテムは修復外です。

修復済みアイテムの回復

する必要がありますさまざまな項目として、Lost And Found フォルダーからフォルダーに移動新しい個人プロフィールにします。 最初に、プロフィールに新しい個人用フォルダー エントリを作成します。 次に、Lost And Found フォルダーから回復されたアイテムをすべて、新しい個人用フォルダー内の適切な場所にドラッグします。

アカウントに新しい個人用フォルダーを作成します。

  1. Outlook の [ ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ 個人用フォルダー ファイル (.pst)] をクリックします。
  2. 承諾または、新しい個人用フォルダーの名前を入力し、[ 作成 ] をクリックします。 [個人用フォルダーの作成] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。
新しい個人用フォルダーのエントリ、プロファイルが今すぐ必要です。 Lost And Found フォルダーから新しい個人用フォルダーに回復したアイテムをドラッグします。 すべてのアイテムの移動が完了したらは、復元個人用フォルダーをプロファイルから Lost And Found フォルダーなどを削除することがあります。

個人用フォルダー ファイルをバックアップからアイテムを回復します。

: 以下の手順が機能しないことをおそらくは、受信トレイ修復ツールを実行する前に、元の.pst ファイルを開けませんは。 元の.pst ファイルを開けない場合は、[が小さな以下の手順を壊れた.pst ファイルから追加アイテムを復元するがため可能性があります。

受信トレイ修復ツールを実行すると、元の.pst ファイルのバックアップを作成するオプションが選択します。 このオプションと呼ばれるハード_ディスクにファイルを作成 < ファイル名 >.bak 元のコピーである < ファイル名 >.pst ファイルを別の拡張子。 .bak ファイルは、元の.pst ファイルのディレクトリに存在します。

.bak ファイルを受信トレイ修復ツールでしたからアイテムを復元できます。 Newname .pst など、.pst 拡張子が付いた新しい名前をファイルを与えるの.bak ファイル コピーを作成します。

古い個人用フォルダーからの情報をインポートします。

  1. [ ファイル ] の [ インポートとエクスポート ] をクリックします。
  2. [ 別のプログラムまたはファイルからのインポート ] を選択し [次へ] をクリックします。
  3. 次へ] を [ 個人用フォルダー ファイル (.pst)] をクリックします。
  4. [ ファイルをインポート ] で Newname .pst ファイルを選択します。 [ オプション ] で 重複をインポートしない ] をクリックし、 次へ]
  5. [ 個人用フォルダーのインポート ] の下、パスとファイル名、または参照を入力し、インポートするフォルダーを [します。 [ 次へ </a0>] をクリックします。
  6. インポート フォルダー で同じフォルダーに、選択を [ 修復済みアイテムの回復 ] セクションで 4 つの手順から新しい個人用フォルダー ファイルを選択します。 [完了] をクリックします。
: Lost And Found で回復がどのようなバックアップ ファイルは、元の壊れたファイルありを戻せません何も他にもありますが保持します。 Newname .pst ファイルを Outlook にインポートできない場合は、Lost And Found いないいる任意の情報で敗北しました。

メールの配信場所に新しい個人用フォルダーを変更します。

  1. 新しい個人用フォルダー] を右クリックし、 個人用フォルダーのプロパティ を実行します。
  2. この個人用フォルダー ファイルへの配信の POP メール をクリックします。 [ OK] をクリックします。 [OK] が表示されたら、Office アシスタントをクリックします。
  3. 終了して Outlook を再起動します。 新しい個人用フォルダーにメールの配信は今すぐ可能性があります。
  4. Office アシスタントを確認ダイアログ ボックス [はい] をクリックします。
  5. 古い個人用フォルダー] を右クリックし、フォルダー一覧から削除する 個人用フォルダー"の切断 を実行します。


プロパティ

文書番号: 181523 - 最終更新日: 2001年9月9日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 98 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbmt KB181523 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:181523
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com