Isinteg ユーティリティの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 182081
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP182081
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Isinteg は、オフラインを介して検索するためのユーティリティです。インフォメーション ストアの整合性の欠如。また、問題を修復Isinteg を検出します。コマンド プロンプトで Isinteg を実行しています。

Isinteg の場合コマンド プロンプトでを実行、次のスイッチを利用できます。これは、利用状況の表示 (-か切り替え)。
isinteg [-pri] [・ pub] [-修正] [・ l [logfilename]
   Switch           Result
   ------           ------

   -?               Usage is displayed.
   -pri             Check private information store (default).
   -pub             Check public information store.
   -fix             Repair information store.
   -l [logfilename] Store log information in logfilename.
                    Default is isinteg.pri or isinteg.pub.
   -patch           Offline backup restore patch.
				
メモ Isinteg は、Microsoft Exchange 2000 Server を使用しないように -パッチ スイッチです。Isinteg は、 -パッチ プロシージャが実行される自動的にすると、メッセージ データベース(MDB) を起動します。

Exchange 2000 にも、次の追加のスイッチがあります。
   Switch           Result
   ------           ------

   -s               Server name.
				
Exchange 2000 で自分がデータベースを指定する必要があります。(たとえば、Isinteg を実行しています。 isinteg-s Server1 の allfoldertests テスト). 詳細については、交換2000 バージョンのこのコマンドを表示するのには、次の資料番号をクリックして、資料は、マイクロソフト サポート技術。
301460Exchange Isinteg.exe ツール用のコマンド ライン パラメーター

ヘッダー

スイッチかどうかに関係なく、次のヘッダーが表示されます。かどうかが表示されます。
Microsoft (r) Exchange Server 情報ストア整合性ユーティリティVersion 4.0著作権 (c) Microsoft Corporation 1996。すべての権利予約します。

ログ ファイル

ログ ファイルはログ ファイルを指定することができます。出力します。

既定値:
  • プライベート。データベースのパスの秘密の DB\Isinteg.pri
  • 公開します。データベースのパスのパブリック DB\Isinteg.pub

実行しています。

Isinteg を実行すると、Exchange Server 2003、Isinteg を実行しているコンピューターでMSExchangeIS サービスが開始されているかどうかを確認する最初のチェックします。場合は、MSExchangeIS サービスが開始されていません、次のメッセージが表示されますとIsinteg を停止します。
エラー: データベースの状態を取得できません。サーバーです。その理由は、間違ったサーバー可能性があります名またはネットワークの問題。Isinteg を今すぐ終了します。

MSExchangeIS サービスが開始されている場合とターゲット データベースがマウントされている、次のメッセージが表示されます。Isinteg が停止します。
無効な選択では、このデータベースをチェックすることはできません (オンラインで)。もう一度考えてみましょうか、このデータベースを後で再試行してください。
Isinteg を実行している場合は、 ・修正 スイッチは、これらのカウント更新するのには、true 値の決定Isinteg では。「ID という名前または名前付きプロパティ」のクリーンアップは、別のチェックをされて実行されます。このチェックは、未使用の名前付きプロパティを削除します。

次に、テーブルは、Isinteg によって検査されます。
  • ACL の一覧
  • ACL のメンバー
  • 添付ファイル
  • クロス リファレンス
  • フォルダーの削除
  • 受信者が削除済み
  • DeliveredTo
  • フォルダー
  • グローバル
  • メールボックス
  • メッセージ
  • その他
  • 不在時の履歴
  • ユーザーごとの読み取り
  • PropsIn の内容
  • ReplidMap
  • 特別なフォルダー
  • 時間指定イベント
Microsoft Exchange Server 5.5 Service Pack 4 では、Isinteg を使用可能なスイッチは次のとおりです。
  • Microsoft Exchange インフォメーション ストア整合性チェッカーv5.5.2653.22 の使用:
    isinteg-pri| ・ pub [-修正] [-詳細] [の詳細] [-l logfilename]-テストtestname [、testname]...]
    • -pri プライベート ストア
    • -ページのパブリック ストア
    • -チェックを修正して (既定値 - チェックのみ) を修正します。
    • -詳細な詳細モード (既定値 - の詳細モード)
    • -詳細 verbosely 報告
    • -l ファイル名のログ ファイル名 (既定値-.\isinteg.pri|pub)
    • ・ t refdblocation (既定の場所をストア)
    • ・ testname、テスト] フォルダーのメッセージ aclitem メールボックス (primorefld のみ) delfld acllist rcvfld(pri only) timedev 行数を添付します。oofhist (pri の場合のみ) グローバル ・ searchq ・ dlvrto ・ namedprop (-詳細モードのみ) peruserartidx(pub only) 検索 newsfeed(pub only) dumpsterprops fldprops
    Ref カウント テスト: msgref msgsoftref attachref acllistrefaclitemref newsfeedref (pub のみ) fldrcv (pri のみ) fldsub dumpsterref
    テストのグループ化: allfoldertests allacltests
    特別なテスト:deleteextracolumns isinteg-修正プログラム (インフォメーション ストアを修復したら、オフラインリストア) isinteg-pri| ・ pub-ダンプ [-l logfilename] (詳細ダンプのストアデータ)
詳細については、Isinteg を使用する方法ユーティリティは、Exchange Server 5.5 CD 上にある Isinteg.doc ファイルを参照してください。\SERVER\SUPPORT\UTILS フォルダー。

詳細

Isinteg を使用詳細についてはExchange Server 2007 には、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb125144.aspx

プロパティ

文書番号: 182081 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB182081 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:182081
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com